パーマの良くある勘違い!パーマしたら髪の毛とかしちゃダメ?!

こんにちは!
相模原、座間エリア
くせ毛美容師 イシカワです!!

 

 

インターネットって便利なものですよね

何かに困っても
検索すればすぐ知りたい情報が出てきますし
使わない人なんていないと思うし
こんなブログ読んでる人もどっぷりネットに浸かってる方だろうし
今や生活に欠かせないものになっています

 

しかしその反面、誰でも情報を発信できますから
”ガセ”も多いわけです

数ヶ月前の
ティッシャやトイレットペーパーなどの紙類が
買い占めにより市場からなくなったのも
ガセ情報からによるものだったのは記憶に新しいですよね

 

パーマに関しても
いろんな情報にあふれていますから
どんな情報が正しいのか
見極める最低限の知識は必要ですから

正しい知識を養ってもらうために
こんなブログを毎日書いているわけなので
今日もパーマの勘違いを正していただこうと思います

 

まじでパーマのこと勘違いされてる方多いですからね

てかパーマに限らず
髪の毛の知識だいたいの方が間違ってます 苦笑

 

 

 

「パーマしたらとかさないほうがいい」

 

今日はコレがテーマです

 

前提として、パーマをかけて
というかどんな髪型でもスタイリングした後にクシやブラシでとかしたら
その髪型は崩れるのは当然の話ですから
(スタイリング剤使わないサラサラストレートヘアー以外)

”お風呂上りや朝のセット前”のことの話です

 

とかしちゃダメは間違い?!

 

結論から言いますと

「パーマかけたらとかさないほうがいい」
コレは美容師から聞いたことあるかもしれないし
それこそ「パーマの扱い方」みたいなサイトでよく見かけるワードですが

 

 

 

ものすごい勘違いです 笑

とんでもないガセ情報です

 

パーマをかけた髪の毛をとかしたら
パーマが取れやすいってことなんだと思いますが

 

とれるわけないです
なぜとれるのか理解不能です 苦笑

 

「パーマかけたら髪の毛はとかしちゃいけない」

そんなこと言っちゃう美容師は
おそらくイケナイお薬をきめてるので
一刻もはやく麻薬取締法違反で捕まってください 笑

 

パーマってのは髪の毛の内部の”化学反応”
でかかっているわけで
クシが接する表面をとかすくらいでなぜとれることがあろうか?

 

ずーっと引っ張ってるわけでも
引っ張りながら乾かすわけでもないだろうし。。。

 

無理にガシガシとかしてダメージを負って
パーマのもちが悪くなるってのはあり得ますが
その場合も原因はダメージですから

とかすことがパーマがとれる直接的な原因にはなり得ません

 

万が一”とかしたらとれた”と感じるのであれば
残念ですけどそれは勘違いか
そもそもかかってなかった場合がほとんどです

 

 

僕の場合はむしろ、とかすことを推奨していますし
それが原因でとれたと感じる方は全くいらっしゃいません

 

だってどー考えたって
お風呂上がりにしろ、朝のスタイリングにしろ

髪の毛絡まったまま乾かすより
1度丁寧にとかしてから、乾かしたほうが
ツヤも出やすいし
きれいにセットできますからね

 

夜乾かす時も
朝濡らしてセットするときも

1度やさしくくしやブラシでとかして
絡まりをといてください

 

 

粗めのくしかブラシであくまで優しくです
髪の毛濡れているときは傷みやすいです

 

 

1度やさしくとかして髪の絡まりを解いてから
ドライヤー、またはセット剤
ってのがパーマの基本のセット法です

 

とかしたくらいで
パーマがとれたりしないですから

むしろキレイなパーマスタイル作るには必要な作業
絡まったままスタイリングしてもうまくいかないですよ

 

 

パーマしたら髪の毛とかすな

または

パーマかけたら24時間シャンプーしてはいけない
トリートメント成分○○%の薬剤でかけるので痛みません
痛んだ髪でもこのパーマ技術ならキレイなスタイルが作れます

他にも幾つでもあるのですが

これらを言っちゃう美容師は
違法薬物中毒者か
ネットが主流の時代にやり取りは全て便箋
または、今時ウォークマンで音楽聞いちゃってるくらい
古臭くて恥ずかしい美容師なので
言うことを聞かない方が身のためです 苦笑

 

 

 

パーマの良くある勘違い!コスメカールは髪に優しいはデマ?!

パーマの良くある勘違い!パーマするとセットが楽は嘘?!

パーマの良くある勘違い!パーマのもちは【髪質と髪の扱い方】で決まる?!

パーマの良くある勘違い!きつくかければもちがいいは嘘?!


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です