「重ためが好きなのですかないでください」って言うと【芋くさヘアー】になる理由

こんにちは!
相模原、座間エリア
くせ毛美容師 イシカワです!!

 

 

このブログで散々
髪の毛のすきすぎにより
変な頭に人をなってしまわれた方を
ご紹介させていただいいているのですが

髪の毛が多いから、重いからといった理由で
すきまくると毛先がペラペラの
意味わかんないヘアスタイル。。。
イヤ、もはやヘアスタイルと呼べるものではない
”何か”になってしまうわけです

 

 

【軽くしたいからすく】は大間違い?!正しい軽さの出し方とは?

 

要注意!!「量が多いのですいてください」は変な頭への片道切符?!

 

単純に
・髪の毛が早く乾くようにしたい
・触った感じの手触りを軽くしたい
といった機能性のみを頭に求めるなら
すきまくれば良いと思うのですが

ちゃんとしたヘアスタイルをしたいのであれば
必要以上にすくことは禁止です

 

というのも、上の記事。
またはそのリンク先はぜひ読んで欲しいのですが
やりたいスタイルが決まった時点で
すく量なんてのは決まってくるわけです

毛量というのは
あなたの頭で、このヘアスタイルを目指したら
このくらいになりました

という”結果”なわけで
間違っても好みや触った感じで
減らすものではないのです

そーやって減らすとだいたいこうなるので 苦笑

 

 

 

と言うことは逆も然り

「重ためが好きなのですかないでください」

ってオーダーをされる方も多いのですが
そんことを言っちゃうと
もっさりとした芋くさヘアーが完成します 苦笑

 

ケーススタディ

 

 

直毛で動きがないので
ふわっとしたパーマをかけたいようなのですが
あまりすきたくないとのこと

 

重ための雰囲気が好きだったり
以前にすきすぎて
まとまらなくなって苦い経験がある。。。

またはすくと痛む。
といった固定概念をお持ちなど

そーいったことで”あまりすきたくない”
って方は結構いらっしゃいます

 

が、しかし

やはりやりたいスタイルが決まった時点で
すく量は決まってくるわけですから

「量が多いからすいてください」同様に
「すかないでください」
あまり言うべきことではありません

ふわっとしたパーマスタイルしたいのであれば
そのスタイルに適した量は
削らないと無理なわけですから。。

 

もちろん元々の髪質や量も加味するので
結果的にすかない場合もありますが
お客様の場合は
髪の毛と髪の毛の間に空間作んないと
パーマしても動きも出なけりゃ
ヘアスタイルになりません。。。

もし要望通りすかないで
お客様のやりたいパーマスタイルを作った場合
かなりの確率で
ただのもっさり芋くさ頭になります 苦笑

 

まぁ、すきすぎて芋の根っこみたいな
ペラペラジリジリ頭よりかは修正可能なので
まだましではありますが
変な頭であることに違いはありません。。。

 

ってことで、ご理解いただき
適度に空間作って(すいて)
パーマさせていただきました

 

 

 

バーッて乾かして
セット剤もみこめば大丈夫なので
扱いやすいと思います

全くすかずにして
このスタイルは無理ですからね

 

ちなみの重ためのスタイルというのは
あまり段差の入っていないヘアスタイルのことで
量がもっさりあるヘアスタイルのことではありませんからね

 

髪の毛の量は好みで減らすもんじゃなくて
やりたいヘアスタイルにより決まる

ってのは覚えておいてください

 

変な頭にならないために


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です