シャンプーで髪質が変わったり痛んだりする本当の理由?!【だいたい勘違い】

こんにちは!
相模原、座間エリア
くせ毛美容師 イシカワです!!

 

 

〇〇シャンプー使ったら

・髪が痛んだ
・クセ毛になった

などの、とあるシャンプーを使ったことによる
”弊害”に嘆く人も少なくないのかと思うのですが
個人的に思うことを遠慮なく言うと

シャンプーのせいにしないでください 笑

 

もちろんシャンプーの合う合わないって
あると思うので、おそらくそのシャンプーは
あなたには合わないものだったかと思いますが

ぶっちゃけシャンプーの種類で
髪が痛む。髪質変わる。(クセ毛になる)
ってなかなかありえないのかと思うわけです

 

思う。というか事実なのですが
例えば”シャンプーで痛んだ”と感じた場合

それは、あなたにとって
そのシャンプーの使用感が良くなかっただけの話で
別に髪の毛が痛んだわけではないのですよ

 

いや、ギシギシになっちゃったよ!
とのことかと思いますが
それはダメージしたのではなく
そのシャンプーの使用感がそうなだけ

または何か違う原因で痛んでギシギシしているのを
シャンプーのせいにしていることが非常に多いです

 

もちろん、ちょー厳密に言ったら
髪の毛って濡れるだけでダメージするので
シャンプーも洗剤ですから
ダメージの原因になることもなくはないのですが

そんなもんは、いわゆるカラーやパーマなどの
薬剤による化学的ダメージや
ブラッシングなどによる摩擦による
日々のダメージなどに比べたら
1ナノにも満たないものなわけ

 

てか、使用感はどうあれ
販売が許されている時点で
安全性は担保されているわけですから

シャンプーの種類により
手で触ってわかるほどにダメージする
ってのは、やはり考えにくい。。。

(美容師は市販のシャンプーは痛むという
教育というか洗脳を受けるわけだけど 笑
そして自店のシャンプー売りつける w

 

そして
”シャンプーでクセ毛になった”

ということを聞くこともあるのですが
これも基本的にあり得ることではありません

 

なぜならシャンプーで
髪質は変わらないですからね

 

シャンプーで髪質変えることができるなら
僕だってこんなウネウネクリクリの髪の毛から
おさらばしてみたいし 苦笑

てかシャンプーにそんな機能あるなら
こんなにも髪の毛で悩んでいる人多くないでしょう w

 

残念ですがシャンプーで変わるのは
先ほどから言っている”使用感”だけですから
感じる効果は手触りやまとまりの向上程度です

 

なので、シャンプーで髪質自体が
変わるわけありませんから
クセ毛がストレートになったり

ましてや、ストレートだった髪の毛が
シャンプーのせいでクセ毛になるわけないのですよ

 

もしクセ毛になってしまったのであれば
”年齢による髪質の変化”といったところ

例えば、思春期の頃に
髪質が変わることはよくあることなので
その時に使っていたシャンプーで
クセ毛になったと勘違いする方も多いのですが

原因はシャンプーではなく思春期による
ホルモンバランスの変化です 苦笑

 

”坊主にしたら髪質変わる”と言った
都市伝説もありますが、それも同じこと

髪質が変わる時期に坊主にしたら
クセになった場合の原因は
坊主にしたからではなく

髪質が変わる時期に坊主にしたから
そう感じるだけでありますよ

 

ということで
シャンプーの種類で髪の毛が痛んだり
髪質が変わることはありえませんから

シャンプー変えたところで
あなたが抱えているその悩みが解決することは
あまりないかと思いますので
まずは正しい解決策を考えましょう

ダメージが気になるのであれば
その本当の原因を考え
(シャンプーの種類ってことはほぼない)

髪質に悩んでいるのなら
根本的に髪質は変えられないということを受け入れて
その髪質に合ったスタイルを模索しましょう

 

ちなみにシャンプーを変えることが意味がない
ってことが言いたいわけではなく
(合うものを使えば髪が良くなったと感じるので)
あまり期待するといいことないよってことです

 

【超シンプル!?】絶対不変の正しいシャンプーの選び方


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。