ヘアマスクとトリートメントの違いとは?ヘアマスクで集中ケアをする本当理由を大暴露!!

こんにちは!
小田急相模原駅 徒歩2分
座間市の美容室
LUCK(ラック)相模原
くせ毛パーマ美容師 イシカワです!!

 

 

お客様にたまに聞かれることで
ヘアマスクとトリートメントは何が違うの?
どっちがいいの?
というものがあるのですが

 

どちらも髪の毛の手触りを良くするもの

という意味で同じものなので
大した違いなんてない
気に入ったの使ってください ってのが僕の見解なのですが

 

ネットで調べてみると
「この世からティッシュがなくなる」のごとく
デマのような情報にあふれているわけで
これはイケない
ということで今回は僕がヘアマスクとトリートメントの違いを
再定義してくれようと思います 笑

 

デマ情報は国民を混乱させるだけのただの悪ですからね

マジでティッシュ売ってないんですもん
花粉症にはきついですよね。。。

ということで悪に正義の刃を!

 

ヘアマスクの本当の意味とは?

 

それら多くのデマサイトにより一般的に言われている
ヘアマスクとトリートメントの違いは

補修能力の違いです

ヘアマスクの方がより補修能力が高い。という位置づけで
トリートメントよりダメージを受けた髪の改善効果が高いとのこと

ヘアマスクの使い方と言えば週に1度の集中ケア
というものが多いですね

 

ということでさっそく
ヘアマスクとトリートメントの違い
というか ヘアマスクという商品を再定義をするとこうなります

 

 

 

必要のない ただ高いだけの
トリートメントのダウングレード商品 笑

 

 

まず
これはもはや言うのも恥ずかしいくらいの常識なのですが
トリートメントやヘアマスクに
髪の毛を補修する(治す)力はありません。。。

それらをつけることによって
手触りを良くして補修してるかのように感じるだけです

 

手触りが良くなる ということは
見た目もきっとキレイになるだろうし
髪の毛の滑りがよくなり摩擦によるダメージの予防になるので
当然必要なものなのですが

皆さんが 期待 妄信している
ダメージが治るなんてことはまずないのです

これはいじわるで言ってるわけでもなく
事実なので仕方ありません

 

何使っても髪の毛の痛みが改善されない!って方
多いと思いますが
それもそのはずで そんなもの(痛みを治すもの)ないからです 苦笑

 

ということは
補修能力がそもそもないのに
トリートメントとヘアマスクの
補修能力の違いってなんなん??

ってことになります 苦笑

 

さらに

髪の毛が良くなるなら
毎日使ったらいいのになぜ週1?

「週に1度の集中ケア」

これって逆に言えば
毎日使うと何か弊害が起こるってことです 苦笑

 

ちなみに実際にヘアマスクを毎日使うと
髪の毛ベッタベタになります(弊害)

 

という風に考えると
ヘアマスクって何の意味があるのかよくわかりません 苦笑

意味があるとすれば
メーカーと美容師の売り上げの貢献です。。。
というかそのために作られているものです 笑

ヘアマスクで潤うのは
あなたの髪の毛ではなく
メーカーや美容室の懐です 苦笑

 

自宅でするトリートメントなどを使用することは
必要なことかと思いますが
週に1度の集中ケアとか意味ないですからね

そんなことより
毎日の扱い方の方がよっぽど大切です

 

ティッシュもそうですが
ぜひ冷静な判断をしたもらいたいものです。。。

 


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です