トリートメントでクセが伸びるのか?!言ってはいけない美容業界の真実!!

こんにちは!
小田急相模原駅 徒歩2分
座間市の美容室
LUCK(ラック)相模原
くせ毛パーマ美容師 イシカワです!!

 

 

昨今の美容業界では髪質改善をはじめ、
髪の毛のクセをどうにかしようって趣旨の技術
数多くはびこっているわけですが

消費者側からしたらどれがいいのかわからない

といったところではないのでしょうか?

 

しかしながら、さらに分かりにくいことに
髪質改善もそうなのですが
その施術内容は美容室ごとに様々だし
メニュー名はそれぞれお店の好きに決めていいことになっているので
ぶっちゃけ何でもありなわけです 苦笑

 

 

先日のお客様

 

ぱっと見、そんなにくせ毛に思えないのですが
広がりが気になるようで
中をめくってみると

 

 

それなりのくせ毛で
このくせの重なりで広がってしまうご様子

 

前回は他店ですが
”トリートメントストレート”なる技術をされたらしいのですが

触った質感を確認したり、お話うかがって思ったのですが
それってどう考えても”ただの縮毛矯正”です 苦笑

 

これが”なんでもあり”な ゆえん

縮毛矯正って言ってないけど縮毛矯正してるわけ
(1番結果が出るから)

 

お客様いわく
97%がトリートメント成分で出来た薬剤だったらしいのですが
そういった低刺激みたいな謳い文句の
宣伝って美容室によく見かけますよね

ダメージ90%カット とか。。。

 

まず言いたいのが
トリートメント成分の定義ってそもそもが曖昧ですからね

定義が曖昧なものが97%入っていたところで
なんの説得力もないし
ただの言葉のイメージですよそんなの。。。

さらに
97%が髪にチョーいい何かであったとしても
もし残りの3%の薬剤がとんでもない劇薬だったら
そいつは低刺激の薬剤かは怪しいとこだし

実際やばい劇薬が入っているのは販売できるわけがないので、
そんなことはないのですが
残りの3%が何だかわからないものが低刺激って根拠ないですよね?

 

なのでこういった薬剤の根拠のない数字みたいのは
あんまりあてにしない方がいいですよ ただのイメージなので

 

実際に
97%がトリートメント成分で出来た薬剤で
トリートメントストレートなる施術をされたお客様の髪の毛は
フツーの縮毛矯正をされた後の状態になっています 苦笑

 

ちなみにフツーの縮毛矯正が悪いと言っているわけではなく
お客様のようなくせ毛に最も効果的なのは
僕も縮毛矯正だと思うし、それをすすめると思います

が、

”トリートメントストレート”とか
”97%がトリートメント成分”とかの
イメージを利用した
もはや詐欺とたいして変わらない宣伝ってどうかと思うんですよね

実際にお客様も
縮毛矯正をしたって意識ないですからね 苦笑

それってショックじゃないですか?

トリートメントでクセが伸びると思ってやってみて、ふたを開けたら
強ダメージで有名な縮毛矯正なんだもの。。。苦笑

 

いや、何度も言いますが
お客様の悩みを解決する策が縮毛矯正ならした方がいいわけですよ

縮毛矯正もやり方、薬剤色々あるし
お客様の髪に合った方法薬剤で低ダメージを目指せばいいだけ

 

しかし
他店との差別化かだかなんだか知りませんが
都合のいいネーミングや薬剤の説明で勘違いさせちゃうのって
どうかと思うんですよね。。。その後の本人の髪の毛の扱い方変わってくるわけですから

そんなこと言ってもどうにもなんないんだけど 苦笑

 

ということで僕は
フツーの薬剤でフツーの縮毛矯正をします

 

 

トリートメントではなく
縮毛矯正ですからね

キレイになりましたが
ダメージもある程度しているので
このキレイを保つためにも
今後もなるべく痛まないように扱ってください

ってことが本来は言えるわけですが

 

お客様がトリートメントだと思ってたら
その後気軽にハイライト入れちゃったり
パーマしちゃったりで
気が付いたらボロボロですよ。。。

 

これからは
誇大な宣伝には気を付けてまいりましょう


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です