【髪が多い方必見】縮毛矯正で作る軽いヘアスタイルの正解はコレ?!

こんにちは!
相模原、座間エリア
くせ毛美容師 イシカワです!!

 

 

こうも毎日暑い日が続くと
当然頭に熱がこもってしまったりしますからね

そんな時「軽くしたい」

というオーダーが増えてくるのですが

 

軽いヘアスタイルってのを
勘違いしてる方がまだまだ多いですからね
今日も正しい知識を持ち帰ってください

 

 

先日のお客様

 

クセでまとまりにくいようで
縮毛矯正をご希望です

毛先にパーマをかけたような
いい感じのクセなので
動きのあるスタイルもいいのでは?
って思ったりもするんですけど
ご自身がセットしにくいようでは意味ないですからね

 

・縮毛矯正をしなければこんな感じ
・縮毛矯正したらこんな感じ

などの選択肢を与えるのが美容師の仕事ですが
決めるのはお客様ですからね

 

ってことで
縮毛矯正をさせていただくのですが
ヘアスタイルとしては

「軽くしたい」

とのこと。。。

 

 

これは危険ワード炸裂です 苦笑

 

「軽くしたい」の真意は
お客様によって違うかと思いますが
「量を減らしたい」のであれば注意が必要です

 

いつも言っていることなのですが
量を減らすということは
すいたりして短い髪の毛を作ることになるのですが

普通カットにおいて、その美容師がアホでない限り
量を減らすことを目的に
すいたりすることはありません

じゃあなんで、すいてんねん?って話なのですが

すくという行為は本来
量を減らしたいからすくのではなく
やりたいスタイルを作るために
いらない毛を削り取るためにすいているわけです

 

にもかかわらず多いからといって
量を減らすということは言ってしまえば
ヘアスタイルの破壊です

 

どんどんバランスは崩れていきますし
毛先がパサパサになっていきます

それでいいならいいのですが
後で文句言わないでくださいねって言いたいです 笑

 

特に、縮毛矯正をされるお客様にも
あまりすくことはおすすめしてません

というのも
縮毛矯正の施術のアイロンをする際に
短い毛がたくさんあると
均一な力で伸ばすことができず
キレイなストレートになりにくいわけで

また、短い毛がたくさんあるとモチも悪いし
毛先も不自然になりがちです

それでもすきたいのならいいのですが
後で文句言わないでくださいねって言いたいです 笑

 

ってことで
軽くしたいのであれば
むやみにすくのではなく

段をいれるのが正解です

段差をつけることによって
軽いヘアスタイルになるわけですね
(量は減らないけど)

 

仕上がりです

 

⇓ ⇓ ⇓

 

 

乾かしただけ
自然な感じに縮毛矯正できたと思います

量はこのヘアスタイルを作るために
必要な個所に必要な分だけ削っています

 

段が入っているのもあり
結果的に手触りも軽く感じることと思いますが
量をとるつもりですくことはないです

 

長さ 段の入り すき 縮毛矯正

すべて連動してるわけですから
多いからといって量を減らしたらすべて台無しです

 

たまに段はいれたくないけど
軽くしたいってことを
おっしゃる方もいらっしゃるのですが

そうなると、段をいれずに
ただすくことになるのですが
量は減るかもしれませんが
良くわからないヘアスタイルになります

甘口七味唐辛子
みたいなもんですから 笑

何がしたいのかわからないし
うまいわけがない

何につけたらいいのかもわからない


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です