【アイロンなしの縮毛矯正はクソ?!】矯正のかけ方は髪質次第って話

こんにちは!
相模原、座間エリア
くせ毛美容師 イシカワです!!

 

 

ご存じかと思いますが
縮毛矯正ってお店によって推奨している
かけ方のようなものが様々です

 

ベーシックな縮毛矯正のお店もあれば
弱酸性や中性の薬剤を使う美容室もあるし
(ベーシックなのはアルカリ性)
または、アイロンを使わない縮毛矯正
推奨している美容室もあるわけですが

これって別にどれが優れているとかではなくて
お客さんの髪質や
求めるものによって臨機応変に対応するのが大切で

・まだアイロン使う矯正してるの??
・アルカリ使う矯正は危険!
・弱酸性なら痛まない

みたいなこと言っちゃってる美容室は
アホ以外のなにものでもありません 苦笑

 

他社の技術や薬剤と比較して
自社のものを優位に見せるのは
マーケティングのじょうとう手段かと思いますが

当然それぞれにメリット・デメリットがあって
それを理解して使いこなすのが
いいに決まってるわけです

 

美容の技術に正解なんてのはなくて
それぞれがいいと思うモノをいいと思うタイミングで
適切に選択すればいいだけの話で

アイロンやアルカリ = 悪

みたいに思ってる頭の固い美容師は

車はセダン以外ありえない!!
とか言っちゃってるのと同じで
そんな奴は子供が生まれてミニバンの
スライドドアの便利さを知って
後悔すればいいんですよ 苦笑

 

ケーススタディ

 

少し前にアイロンを使わない縮毛矯正
したようなのですが
まとまらない。。。とのこと

クセが伸びてるようなところもあるし
伸びてないところもあって
たしかにやりづらそうだし

まとまらないし、ボリュームも出て
とんでもないことになるようで
いつも帽子をかぶって過ごされているようです 苦笑
(来店時も帽子かぶってこられたので落ち着いて見える)

 

一般的なアイロンを使わない縮毛矯正の特徴は

・痛みが少ない
・自然な仕上がりになりやすい

なのですが、クセが強ければ
アイロン使わないとクセが伸びないので
もはやいい迷惑 w

あまり良い効果は得られないし
無理に効果を得ようとすれば
薬剤の力を強くする必要があり
アイロンではないけど、結果的に
薬剤によるダメージが強くなりますからね

そしたら普通にアイロン使った矯正の方が良くない?
って話だし
アイロン使わない矯正って
そんなに必要な場面が多くないのが現状だと思うのです

 

もちろん、アイロンを使わない矯正にしか
出せない質感のようなものもあるし
その手法でも十分まとまるようになる
クセ毛の方もいると思うのですが

今回のお客様の髪の毛には不向き

これは感覚になってしまうので伝わりにくいですが
髪質的にも普通の縮毛矯正の方が
絶対いいよなって感じです

カラーもしてないし、比較的丈夫な髪質だし
アイロン使わない矯正の方が
いい理由もメリットも特別見当たらないし。。。苦笑

 

ってことで普通の縮毛矯正です

 

 

毛先のバサバサ部分は切らせていただきました
乾かしてこんな感じなので
扱いやすいと思います

アイロン使う矯正は不自然になる
ってイメージを持たれてる方もいると思うのですが
かけ方次第ですよ

 

確かにアイロン使わない縮毛矯正の方が
ダメージのことで言えば
一般的に少ないかもしれません

とはいえ大事なのは
扱いやすくてキレイに見えることでしょう?

 

ということで僕は1つのやり方にこだわらず
その人の髪質や髪の状況に合わせて
臨機応変な対応が出来ればと思っております

アイロン使わない矯正を否定してるわけではなく
1つのやり方に固執する考えは
アホだなって思ってるだけ w

 

商売する上で、”差別化が大事”とか言ったりしますし
お店の売りを作って(例えばアイロンなしの矯正)
注目を集めることも
大切なことかもしれませんが

美容室で大事なのは
薬剤や手法などではなく
それを使いこなす美容師ですからね

 

多分この記事読んでる方は
”アイロンを使わない矯正”
気になってる方かと思いますが

そんな矯正の手法を気にするより
信頼できる美容師を探すことをオススメします

 

アイロン使わない矯正をすることではなく
美しくなることが最重要なわけでしょうからね

 

縮毛矯正の正しい頻度?デメリット?失敗しない方法が全てまるわかり【縮毛矯正解体新書】

【くせ毛必見】酸性とアルカリ性の縮毛矯正はどっちが痛まないのか?!

縮毛矯正で失敗して地獄をみないための【矯正をかけるべきサロンの3つの特徴】


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です