4カ月に1度はかけすぎ?!【縮毛矯正の正しい頻度とは?!】

こんにちは!
相模原、座間エリア
くせ毛美容師 イシカワです!!

 

 

さてこちらの方

縮毛矯正でご来店

 

前回の縮毛矯正は4ヶ月前らしく

「縮毛矯正しょっちゅうかけるのは
良くないって聞くけど、かけても大丈夫ですか?」

とのことでした

 

確かに縮毛矯正って少なからず痛む技術だし
(てか普通のカラーとかに比べたら大ダメージ)
なにも考えずにかけまくったら
チリチリヘアー行きは免れないわけですが

個人的には
4ヶ月もたてばかけちゃっても大丈夫。
てか、縮毛矯正をやめていくのでなければ
かけるべきでしょうという意見です

 

なぜなら縮毛矯正の基本は
リタッチ(伸びてきたところだけかける技術)
だからです

 

4カ月に1度はかけすぎ?!【縮毛矯正の正しい頻度とは?!】

 

4カ月おきに毎回毛先まで
ガッツリかけるのであれば
それは良くない。というか

さっきも言ったけどチリチリヘアーですから
危険極まりない行為なので
こちらから願い下げなわけですが 苦笑

リタッチなのであれば4カ月
むしろ髪質によっては3カ月に1度は
かけても問題ない。

というかかけるべきなのです

 

なぜなら

矯正かけてから3~4か月たったら
根元の髪の毛の4~5センチくらいはクセ毛
(伸びるの早い人は6センチくらい)
なのですから
それによりボリュームが出てしまったり
まとまらなくなるのは普通のことですからね

 

 

それはもう
「かけて大丈夫ですか?」
というか
『かけるべきタイミング』でしょう

 

そして縮毛矯正って
かけたら基本ストレートのままですから
(前回のかかりがあまい。とかない限り)
なにも毎回毛先までかける必要はないわけですよ

縮毛矯正ってかけたてはツヤツヤで
徐々に手触り悪くなってくると思うのですが
それってのはクセが伸びたのと
矯正の薬剤に入ってる質感向上成分のおかげ。

 

 

そしてその成分は
洗っていれば落ちていってしまいますから
徐々に手触りの良さを感じなくなるわけですが
縮毛矯正が落ちているわけではないのですよ

なので手触りは違えど
元通りのクセ毛になってる
なんてことはないはずです

 

そこで手触りが少し悪くなったからって
矯正がとれたわけじゃないんだから
毎回毛先までかけるのはあり得なくって
基本は伸びてきた根元だけでいいわけですよ
(やるなら毛先はトリートメント)

 

 

乾かしらだけ

例のごとく基本はリタッチ

(前回少しゆるかったようなので
ゆるかった部分はポイントで伸ばしてます)

 

ちなみにちなみに

お客様もそうだったのですが
量が多いからとあまり髪の毛を
軽くしてしまうと(すくと)
縮毛矯正のモチは悪くなります

 

矯正のモチというか
髪の毛が落ち行いている期間が短くなる。
ということ

 

矯正はさっき言った通りに
基本は取れないわけですが

”すく”ということは”短い毛をたくさん作る”
ということになり

短い毛というのは
新たに伸びてくるクセの影響を
うけやすいですから

そんなのがたくさんあったら
矯正がかかってようが
すぐに暴れたおしてしまう

というのはイメージ出来るでしょうか?

 

 

ということで

どうかむやみやたらに
軽くすることは止めていただきたい w

 

重たいのがクセでまとならないことよりも
ストレスなのであれば
すきまくることをおすすめしますが
美しくなりたい方は
知っておいていただきたい大事なコトです

 

9割が間違い?!縮毛矯正のもちを良くする方法【完全保存版】

【誰も知らない?!】かけた縮毛矯正のもちを良くする超意外な方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です