【悲報!?】ストカールは髪質次第!ストカールが不可能な髪質とは?!

こんにちは!
相模原、座間エリア
くせ毛美容師 イシカワです!!

 

 

 

ストカール

 

ネーミングは美容室によるのでなんでもいいのですが
要するに、クセ毛が気になるからストレートにしたい
でも毛先には動きが欲しい
といったわがままレディの要望を叶えるメニュー

根元から中間にかけて縮毛矯正
毛先はパーマ

といった技術

 

コレを求める方も少なくないのですが
それができるのって
”ぶっちゃけ髪質次第”
と言うのが今回のお話です

 

ストカールケーススタディ

 

先日のお客様

 

 

 

 

縛ってこられたので
クセだかなんだかよくわからない感じになってますが
実際にはクセ強めの広がりやすい髪の毛。
よって今現在ストカール(縮毛矯正と毛先パーマ)させていただいている状態

それがもう半年前なの根元のクセが気になるのと
少し切りたい=毛先のカールなくなる

ってことで
再度ストカールをさせていただいて
こんな感じです

 

 

 

何もつけずに乾かしだけですが、クセ毛も落ち着いて
毛先もネジって乾かすだけで動きがつくと思います

 

で、お客様も満足いただいたようで何よりなのですが
コレってぶっちゃけ髪質次第なわけです。。。

 

本来であれば、俺に実力のおかげだ!
と叫びたいところではありますが

今回のお客様の場合
どちらかと言うと”髪の毛が太く、芯のあるしっかりした髪質”
なわけです

 

すると
アホみたいなやり方でなければ(される場合も多いけど)
根元の矯正と、既に矯正したとこにパーマしたところで、
あまりダメージも感じさせないような質感に仕上がるわけですが

 

一方、髪が細く一般的に痛みやすい髪質の方

 

現実をお伝えすると
ストカールなんて不可能です

 

 

もちろん店舗やかける美容師によりダメージ具合は違いますが
縮毛矯正かけた時点で髪の毛は大ダメージ。。。

その状態にパーマなんてのは
小学生のサッカークラブチームが
スペインリーグのレアルマドリードと勝負するのと同じくらいの確率で
結果は決まってます。。。

 

チリチリばさばさの変な頭確定です 苦笑

 

残念ですが
パーマをするためには”髪の毛の体力の余力”
というものが必要で
縮毛矯正したらその余力はだいぶ削られるわけです。。。

 

その髪の体力ってのは
生まれ持った髪質によるわけです

例えば、今回のお客様のような太くしっかりしている方は
髪の体力が100だとすると

細く、痛みに弱い髪の毛は体力50くらい

そして縮毛矯正するのに体力を50削られるとしたら
後者の場合もう余力0。。。

 

そんな状態にパーマしたらチリチリはまぬがれないわけです

もちろんカラーの頻度や明るさ
普段の扱い方でその体力は徐々に削られていくわけなので
髪がしっかりしていても
そのへんがガサツだと髪質に限らずチリチリですが。。。。

 

ということで
髪質的に痛みやすいのであれば
残念ですがストカールは諦めてください

何もイジワルでこんなこと言っているわけではなく
とにかくへんな頭になって欲しくないわけです

 

髪の毛はどうにかなってしまってからでは
手遅れですからね

トリートメントも無意味だし
高級店に行ってもやりようがないです。。。

 

そうならないために
現実を知っておいた方があなたの為だと思うので

動きが欲しかったら
ご自身でコテなどで巻いてください

 

 

できない?

 

それはできるようになるまでやらないからです 笑

それか無理にパーマしてチリチリになってください

そしたら頑張ると思うので 苦笑

 

 

 

 

 


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です