【必見】縮毛矯正がかかった髪の毛へのパーマで失敗しない唯一の方法

こんにちは!
相模原、座間エリア
くせ毛美容師 イシカワです!!

 

 

縮毛矯正ってクセ毛の方にとっては
とっても便利なメニュー

縮毛矯正により
スタイリングが圧倒的に楽になる人もいるし
ぶっちゃけかけないと
まともなヘアスタイルできない人も
いらっしゃいますからね

 

最近は自分でアイロンやコテを使ってセットする人も
多いみたいですけど

そのような超絶クセ毛の方や
セットが苦手、そんな時間がないって方には
やっぱり必要なメニューだと思うんです

 

しかし

矯正により、そんな楽なストレートヘアを
手に入れたとしても
人間というのは欲深い。。。

というか飽きがくるんでしょうね

毛先に動きが欲しくなるのが人のつね 苦笑

 

先日のお客様も
縮毛矯正している髪の毛にパーマをされたそうです

その結果がコレ

 

 

 

 

確かに少しパーマによる動きはあるのですが
どちらかというと
動きのあるスタイルというか
ボサボサヘアーではないでしょうか 苦笑
(サイドの毛は切れちゃってなくなってるし。。。)

 

これが可愛いスタイルだと思う方は問題ないのですが
まともな感覚を持っている方なら
こうなってしまっては切るしかないですよ。。。

 

美容師もアホでない限りボサボサにしたくて
パーマするわけではないのですが

パーマしてと頼まれたら断れない人が
多いですからね。。。
(それはそれでアホ 苦笑)

 

しかし、縮毛矯正がかかった髪の毛にパーマって
”色んな条件”がそろわないと難しいですわけですよ

 

このブログでも
縮毛矯正かけた髪の毛へのパーマの施術例は
たくさん載せてるし

低ダメージなパーマをうたうサロンもあるし
そういったふれこみの
薬剤や技法もあったりするんですけど

縮毛矯正かけた髪の毛へのパーマは難易度が高い上に
失敗したら今回の方のようなボサボサヘアーです

 

”かけて大丈夫な条件”てのは
あまり痛んでない髪の毛や
正しいカットがおこなわれていることになのですが

その条件を満たしていない状態で
縮毛矯正をかけた髪の毛へのパーマで失敗したくないのなら

 

かけないのが1番です w

 

かけなきゃ失敗も何もないですからね

どうしても動きが欲しいのであれば
パーマで楽に動きを求めるのではなく
コテで巻いてください

 

めんどくさい??

 

じゃあボサボサヘアーになってくださいって話です

 

残念ですが、その条件を満たしていないのに
美しくパーマをかける魔法の薬剤も手法も
ないんですよ。。。

 

このブログで紹介してる
縮毛矯正がかかった髪の毛へのパーマの施術例も
もれなくその条件を満たしているから
かけさせていただいてるわけで

そうじゃない方は断ってます 苦笑

 

ブログのいいとしか見てない方は
「こんな風に私にもパーマかけてくれ」って
いらっしゃってくれるのですが
実際何度もお断りさせていただいてますよ

せっかくいらっしゃってくれて申し訳ないのですが
無理なもんは無理だし
ボサボサヘアーになるとわかって
かけるわけにはいきませんからね。。。ご理解ください

 

ってことでお客様

実はボサボサヘアーになったのは
約1年前で、今ではこんな感じです

 

今回のご来店時

 

 

 

ボサボサ部分は切らせていただいているので
なんともお美しい

さっきのとは天と地ほどの差でしょう
(本当は長さは切りたくなかったので
お客様としては本意ではないのですが、いたしかたない。。。)

 

写真じゃパッと見わからないですけど
根元はクセ毛が出てきてますから
根元だけの縮毛矯正でこんな感じ

 

 

 

少しレイヤー(段)を入れて軽い印象に

 

パーマをかけたくなる気持ちも
わかるのですが
やはり無理してボサボサヘアーになっては
本末転倒ですからね

 

美容師は
失敗する可能性のある120点のヘアスタイルを
無理して目指すより
常に80点のヘアスタイルを目指す

こうあるべきだと僕は思います

 

変な頭ってまじでストレスですからね


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です