縮毛矯正で【頭皮がしみる美容室】には行ってはいけない理由と回避策

こんにちは!
相模原、座間エリア
くせ毛美容師 イシカワです!!

 

 

先日のお客様は
ブログ見てご来店いただきました

 

 

髪の毛がチリチリと広がりやすい。
雨の日はとくにヤバイ。ということで
縮毛矯正をかける美容室を
探していたようでこのブログのたどり着き
ご来店いただいたわけですが

非常に素晴らしい

 

というのは
僕を選んだことが素晴らしいわけでは全くなく
(僕なんか優れた美容師はたくさんいますしw)
ちゃんとリサーチをして美容室を選ぶところがです

多くの方がいまだに
ホットペッ○ーみたいなクーポンサイトを
参考にしているようですからね

だから変な頭になるんですよ
と強くお伝えしたい w

 

あんなもんはお金払った順に掲載されてるわけだし
その店のページ見ても、メニューやクーポン。
イケてるスタイル写真が載ってるだけで
店の理念や信念。売りやコンセプトを表現するには
あまりにも不十分な情報量だし

そもそもそーいった売りやコンセプトなどは
美容師という個人によりますから
箱(店舗)を見ても仕方ないわけですよ

例えば、なんかこのお店良さそうって思って
流行りのハイライトを使ったカラーを予約したら
担当してくれたのは
実はパーマが得意な美容師だったとかあるあるですよ

 

なので美容室をただ髪切る場所
って思ってる人なら
クーポン目当てに行けばいいと思うのですが

美しくなりたいのであれば
しっかりと時間をかけ
美容室というか”美容師個人の発信”をリサーチして
自分に合いそうなところに行くことをお勧めしますよ

 

ちなみにホットペッ〇ーを
否定しているわけではありません

掲載されてる素晴らしいお店は多いだろうし
てかうちの店もやってるし w

要するにあなたの合った美容師に担当してもらうために
クーポンサイト見るのもいいですが
よーくリサーチしてから行きましょうねって話です

 

 

という余談から始まってしまったのですが

お客様は以前に縮毛矯正をかけたときに
『頭皮がしみた』
とのことで、今回も少し心配だったようで
かけようか、かけまいかちょっと相談したい
とのことでした

 

縮毛矯正の薬剤がしみる理由?!

肌が弱い方やアトピーの方なんかは
心配されると思うし
実際にしみた。もしくは荒れた経験がある方も
いらっしゃるかもしれないので

絶対に!とは言い切れませんが
縮毛矯正の薬で
頭皮がしみることって基本的にはありません

 

なぜなら縮毛矯正の薬って
頭皮につけないですからね w

頭皮につかないようにぬるのに
なぜしみることがあろうか。。。

(直接地肌につかなくても、流すときに少しつくので
超絶に肌が弱い。薬剤に入ってる成分の

なんらかのアレルギーなのであれば0ではありませんが)

なのでもし、しみたのであれば
頭皮につくように
薬剤を塗られちゃった可能性があるわけで
そんな美容室はマジで行ってはいけませんよ。。

というのも、このブログでは
さいさん言っていることなのですが
縮毛矯正の薬剤って基本的に
頭皮から1~1.5センチくらい離して
ぬるものですからね

それをやらないって
料理人がトイレ行った後
手を洗わないレベルです 苦笑

 

今回、縮毛矯正の薬剤は頭皮からはなしてぬる理由は
下の記事を読んでもらうということで
割愛しますが

縮毛矯正の薬剤をぬられたさいに
頭皮が冷たく感じるようなのであれば
一目散に店から飛び出しましょう w

頭皮があれるか変な頭になること間違いなしなので

 

縮毛矯正の大失敗【根元付近が折れてる】のレスキュー施術例

縮毛矯正の失敗【根折れ】の修正と変な頭にならない為に必要なこと

 

 

そういった意味でも
やはりリサーチは必要ですよ

縮毛矯正の発信をメインにしている人や
美容室であれば、流石にそんなアホなコトするわけ
ないでしょうからね

 

ということで
ちゃんと頭皮にはつかないように(いっても基本だけど)
薬剤をつけさせていただいて
縮毛矯正させていただきました

 

 

乾かしただけ

切れ毛などもあり
ケバケバが少し残ってしまったのが
申し訳ないところなのですが
そこまで気にならないでしょう

乾かすだけでこのまとまりですからね

 

あと、以前に縮毛矯正したときは
毛先がぱっきーん
不自然な感じになってしまったようなので
自然な仕上がりにも満足いただけたのですが

これも多少工夫しないと
ぱっきーんってなりますからね

何度も言いますけど
美容室で満足するためには
はリサーチが大事ですよ

 

 

縮毛矯正で失敗して地獄をみないための【矯正をかけるべきサロンの3つの特徴】

縮毛矯正の正しい頻度?デメリット?失敗しない方法が全てまるわかり【縮毛矯正解体新書】


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です