ショートに頼んでもショートにしてくれない本当の理由?!【変なパーマの修正施術例】

こんにちは!
東京都町田駅エリアで活動中の
くせ毛美容師 イシカワです!!

 

今回まず初めに言いたいのが
美容室の技術に対する料金というのは

”仕上がりについているわけではない”

ということです

 

例えば
1000円カットが1000円なのは
仕上がり(髪型)が1000円なのではなく

時間をかけたカウンセリングに
シャンプーやスタイリング。
手厚いホスピタリティを省いているから
1000円なわけです

または、銀座のサロンが
カットで10000円近くするのは
一等地の洗練された空間で
極上のサービスを提供してくれるから
10000円なわけで

これまた、仕上がりに10000円の値段が
ついているわけではないのです

要するに
あくまで美容室の料金というのは
入店から退店までのプロセスに対して
かかるわけです

だって値段で仕上がりが変わるなら
地方の人はみんな変な頭で
都心の人はみんな洗練されたヘアスタイルって
ことになっちゃうわけで
そんなわけないですよね?

もちろん都内の激戦区で戦う美容師さんの
技術レベルは高い傾向にあるとは
思うわけですが
それもあくまで傾向だし
(銀座や表参道でやばい頭になったので助けてくださいと
僕のところへ来られる方も実際にいらっしゃいます苦笑)

そもそも髪型のクオリティというのは
その人のお顔立ちや髪質。
スタイリング能力によるところが大きく

銀座のサロンに行って高い金を払えば
イケてる仕上がりのヘアスタイルが
手に入るとは限らないわけです
(可能性は上がるかもだけど)

 

”美容室は髪型に値段がついているわけではない”

ということを念頭に置いていただいて。。。

 

先日のお客様

カット、カラー、パーマ、トリートメントで
5万円近くした仕上がりだそうでございます
(僕が働く町田らへんの相場の倍ほど)

 

もう1度言いますが
美容室の料金というのは
仕上がったヘアスタイルに
ついているわけではなく
そのプロセスについているものなのです

とはいえですよ。。。

 

5万円近く払って
これって嫌じゃないですか? 苦笑

お客様も「正直に言ってくれ」って
おっしゃっていましたので
言わせていただきますが

美しくはないでしょうよ。。。

 

だって、ヘアスタイルをスマホで拡大して
ご覧いただければ確認できると思うのですが
ゴワゴワ質感のパーマでございます

 

ということで今回は
この髪型を5万円で提供してくれた美容師さんを
ディスっていくと同時に(自戒を込めて)

なぜだか知らんけど
「ショートにしてみたい」との
お客様の要望を聞き入れてくれなかったそうで

”ショートにしたいのに
ショートにしてくれない”

実はこれって
よくあることなんじゃないかと思いまして
その原因などを考察していこうと
思った次第

ちなみにいつも言っているのですが
僕はこう思うけどな。って個人的意見であり
ディスりというか、ただのぼやきです w

美容師にもそれぞれに
尊重されるべき考えがありますので
否定しているわけではない。ということは
ご承知おきくださいませ

 

ショートに頼んでもショートにしてくれない本当の理由?!
【変なパーマの修正施術例】

聞けばお客様

10年以上通っている美容室だったものの
上の写真の前回の仕上がり以外に
色々と不満があり
違う美容室を探してはいたそうですが

コロナだなんだあったし
探す作業も面倒だし
そんなめんどくさい思いして探しても

結局どこがいいのかわからないとの想いを抱え
なんだかんだずーっと通ってきたそうです

 

そんな中、このブログに辿り着き
どうしたら良いですか?と
ご来店いただいた経緯

で、まず現状なのですが
(何度も晒してすいません)

「第三者の意見が欲しい」とのことで
先ほど申した正直な意見

「美しくはない」
お伝えさせていただきました

 

もちろん髪型ってのは
本人が納得いくことが1番大事なので
現状に満足しているなら

僕目線で美しくないとか言われても
「うるせー黙ってろ、ひじき頭ヤロー!
お前の頭の方がよっぽどきたねーよ?!」
でありましょう

なので、美しいの基準も人それぞれだし
”似合う髪型”ってのも主観でありますので
絶対的な正解はなく、結局は好みの問題。

ゆえに、「好きなのをやったらええがな。」と
ぶっちゃけ僕は思っております

 

しかし
「第三者が思う似合う髪型や意見を知りたい」
そしてそれに「身を委ねたい」

って価値観もあるでしょうから
そんな方には
僕主観の髪型に対する感想をお伝えしたり
似合う髪型を提案させていただきます

で、前述した通りお客様的には
ショートにしてみたいとの
ご希望があるそうなのですが

「似合うかどうか不安」

そしてこの間までの美容師さんは
「ショートにしたい」と言っても
聞く耳を持ってくれず
切ってくれなかったとのこと。。。

 

まず似合うかどうかに関しては
先ほども申しましたが
最終的には主観の問題

”似合うかどうかはお客様がどう感じるか?”
なのですが

僕という第三者の意見としては
「全然似合うのでは?」と思ったわけです

お顔の形や体型やファッションなどを加味しても
バランスがおかしいことはありませんので

しかし、これまでの美容室では
ショートに切ってはくれなかったわけで

ショートを求めても
ショートにしてくれない理由として
考えられることは

・髪質的に難しい
・ライフスタイル的に難しい
・自信がない
・美容師の価値観の押し付け
・不都合な理由がある

このあたりでしょうか

 

髪質的に難しい

髪質的に難しいというのは
ショートに切ったら爆発してしまうとか
厄介な生えクセにより
襟足に長さがないとどうにもおさまらない。。。
などでございます

残念ですが、カットで髪質自体は
変えられないので
ショートに向かない髪質の方がいらっしゃるのは
事実でしょう

 

ライフスタイル的に難しい

これはお客様がスタイリングできない
などといったこと

ぶっちゃけ朝起きたら
髪型が完成してるなんてあり得ませんので
少なからずスタイリングを
施す必要はございます

 

そしてショートの場合は”特に”
寝癖がつきやすかったりしますから
朝ちょっと濡らしてドライヤー

または、ヘアアイロンを使って
形作る必要もございましょう

それが一切できない。やりたくない。
のであれば、ライフスタイル的に難しいですから
「ショートは却下」なんてこともあるのかと

それと、一般的にもちが悪いヘアスタイルなので
諸事情により美容室は半年に1度って方も
美しいショートをキープすることは難しい。。。
(それを理解しているなら別に良い)

 

自信がない

実のところ、美容師なら
なんでもできるかといったら大間違いで
やはり得意不得意はございます

 

例えば僕に
流行りの韓国風のスタイリングお願いしても
ただの良くある普通の巻き髪になると思います w

またはイシカワさんのセンスで
誰もやってないような奇抜な髪型にしてください
とか言われても

クリエイティブな作品づくりなどに
たいして興味ありませんから
普通の髪型、または
ある意味奇抜なウケる頭の完成でございます

といったことのように、もしかしたら
ショートカットが苦手な美容師さん
いるかもしれないわけで

そしたら、何かと理由をつけて
ショートではない髪型に誘導するのは
失客しないためにはある意味正解 w

 

美容師の価値観の押し付け

今回のお客様の場合
いつもの美容師さんがショートにしてくれない
その理由は、これではないかと
僕は睨んでおります w

何度も言っておりますが
似合うかどうかは主観なので
美容師が決めつけることじゃない
僕は思っているのですが

「あなたにはショートは似合わない!」
「ロングの方が良い!」

といった、あんたの好みや価値観、正義を
押し付けてくれる美容師さんも
稀に存在いたします

 

僕の周りにはあまりいなかったので
稀と表現しましたが

こうやってブログを書いて
読者の方に問い合わせいただいていると
この手の美容師の話はよく聞きますので
実は稀ではないかもしれない。。。

 

というのも
ショートにしたいと言っても
あまり話を聞いてくれていなかったそうですし
否応無しにパーマをかけてくるそうで。。。w

そこには
お客様には似合わない!とか
スタイリングできるわけがない!といった

美容師の価値観や思い込みが
あったのではないか?と思うのです

だって髪質的にはショートだって
全く問題なさそうだし

髪質的に問題ないということは
スタイリングもそこまで苦労するものでも
ないだろうし
ショートにしてはいけない要素が
僕には思い浮かばないのですよ

 

歴20年以上のオーナー美容師ということですから
さすがにショートが苦手とかはないだろうし
ショートに切ってくれない理由は
やっぱりそれしか考えられない。。。

 

でもこれって僕も気をつけなきゃなと
考えらされる事象なのかと。。。

やっぱ美容師も長くやっていると
自分の価値観が凝り固まってしまったり
思い込んでしまうこともあるわけです

例えば、僕も思い返してみると
ずっとボブに切っているお客様がいて
ボブが好きなんだな。やりやすいんだな。
勝手の思い込んでいたわけですが

実は好きなわけではなく
”縮毛矯正をかけてるとボブしかできない”
思っていたようで
ずっとボブで頼んでいたとのこと

 

でも実際は
ボブじゃなくても全然可能なわけですから
(もちろん条件はあるけど)
僕の思い込みにより
お客様に他の髪型を提供する
機会を損失していた。。。

そんなこともございました

 

なので、お客様の意見を尊重し
そして真意を汲めるよう
よーく話を聞くべきだよなと思った次第

 

不都合な理由がある

これは本来あってはならない
美容室の都合により
お客様の希望を受け入れないといったこと 苦笑

わかりやすいことでいうと
毎月カラーとカットでご来店のお客様が

「傷むからもうカラーするのやめようかな」
言い出された時に
店側の儲けの観点で言わせていただくと
カラーをやめてもらっちゃ非常に困る w

 

そこですかさず
「こっちのカラーにすれば傷まない」
「カラーはしていた方が絶対似合うよ」

などと言い出して
カラーをどうにか継続してもらえるような
必死な誘導。。。

こういったことが
美容室では0ではないわけでございます 苦笑

 

もちろん本当にお客様のことを思っての
提案の場合がほとんどなわけですが

売上を上げることが第一優先
それに必死な美容師がいることも
見逃せない事実でありましょう

 

もちろん誰だって生きるのに必死なのですから
売上を上げるための施策は
当然なわけですが

お客様の要望よりも
利益が優先されてしまってはけしからん

もちろんないとは思いますが
今回のお客様の場合、ショートにして
パーマをかけてもらえなくなっちゃったら
単価というものが下がりますから

ゆえに長さをキープしていただく

なんてことがあったりなかったり?w

 

ということで
ショートに切ってくれない理由として

・髪質的に難しい
・ライフスタイル的に難しい
・自信がない
・美容師の価値観の押し付け
・不都合な理由がある

これらを紹介させていただいたわけですが
僕的にはお客様の髪の毛をショートにすることに
全くダメな理由が思いつきませんでしたので
切らせていただきました

 

乾かしただけ

短く切っても
変なパーマが残ってしまったので
パーマは落とさせていただきました

 

頼んでも短く切ったくれない理由として
もしかしてもしかしたら
短く切ると超絶強いクセが顔を出す
特殊な髪質なのかな。。。

2%くらいの確率に
ビビりながら切ったのですが
やっぱりなんの問題もなく仕上がりました

しつこいけど
美容室の料金は仕上がりにかかるわけではなく
そのプロセスです

 

とはいえ

カット+パーマ+カラー+トリートメントで

5万円

カット+パーマ落とし(本来必要ない)
+カラー+トリートメント
+使うべきスタイリング剤で

2万5千円

どちらが良いでしょう w

【縮毛矯正失敗の修正施術例】不誠実な対応の美容室に僕ブチギレ?!

カモられる前に知りたい?!【美容室での金ドブメニュー6選】

【表参道で大失敗?!】縮毛矯正の辛すぎる失敗の修正施術例

【被害多数?!】ストレートパーマ詐欺の実態はこれだ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です