後悔する前に知っておきたい【縮毛矯正のデメリット】とは?!

こんにちは!
小田急相模原駅 徒歩2分
座間市の美容室
LUCK(ラック)相模原
くせ毛パーマ美容師 イシカワです!!

 

 

クセ毛の悩みを解決する技術といえば縮毛矯正

もちろん全てのクセ毛の悩みを解決できるわけではありませんが

クセ毛をストレートにできる唯一の技術であって
人によってはなくてはならないものです

 

このブログでも
縮毛矯正の記事をたくさん書かせていただいていますし
施術例なんかも多いです

実際にブログをみて
縮毛矯正をされに来る方もいらっしゃいます

てかブログ見てくる人
ほぼ縮毛矯正のお客様 苦笑

 

そんな縮毛矯正なのですが

今日は縮毛矯正のデメリットのついてのお話です 笑

 

せっかくブログをみて
縮毛矯正をするのにイシカワのもとに
来てくださっている方も多いというのに

縮毛矯正をしたくなくなるような内容になっております 笑

 

まさに自傷行為 苦笑

 

しかし
知っておくべきことですからね

 

知っておくべき縮毛矯正のデメリット

 

傷む

 

縮毛矯正は10000%傷みます

ダメージレスをうたっているサロンもありますが
普通に嘘です 笑

まぁどこの美容室もビジネスですから
多少盛った表現になるのは当然かもしれませんが
「ダメージしない」は詐欺レベルの嘘です

 

 

ヘアスタイルが限られる

 

縮毛矯正かけたら
基本的にスタイルチェンジは難しいです

なぜなら縮毛矯正をかけた髪の毛を短く切ると

毛先ツンツンの
カッパ 日本人形 スフィンクス
ジャイアントロボ こけし 金太郎などになるからです 苦笑

 

 

縮毛矯正ってかけたら基本ずっとまっすぐなんで
これがメリットのような最大のデメリットです

 

 

それらの頭にならない方法として

・縮毛矯正はゆるくかけておく
・切ってツンツンになったところにパーマ もしくは曲げるように縮毛矯正する

ってがあるのですが

ゆるくかけるということは
クセの伸びがいまいちになるわけですから
髪質を選ぶかけ方だし

ツンツンのところにパーマや縮毛矯正も
髪の毛があまり傷んでないってのが
条件になるので全員ができるわけじゃないです

 

髪の毛が細かったり傷みやすい方なんかはまず無理です

1度矯正した時点で髪の毛の体力はいっぱいいっぱいですからね

その状態に薬剤つけようもんなら
毛先ツンツンがチリチリになります

カッパとチ○毛のどちらかお選びください
ってことになってしまいます。。。 苦笑

 

 

定期的にかける必要がある

 

縮毛矯正をかけても
伸びてくる毛は当然クセ毛なので
定期的にその伸びてきた部分にまた矯正する必要があるわけです

かけないと
根元はクセ毛であとはストレートっていう
変な頭になるわけですから

長さにもよりますが4カ月くらいのペースで
かけていきたいところです めんどくさいだろうけど。。。

 

 

縮毛矯正辞める時が大変

 

縮毛矯正を辞めるということは
上記したような変な頭で1年~7年を
過ごさなきゃいけないですからね

アイロンなどを使ってスタイリングをすれば
なんとかヘアスタイルにはなりますが
大変は大変です。。。

 

 

担当者によってだいぶ違う

 

美容室なんてどこも一緒

みたいに感じる方も多いようなのですが
縮毛矯正に限ってはマジで違います

 

誤解を恐れずに言うと

カットなんかは論外でなければ
技術の良し悪しなんてあまりわからないかと思いますし

カラーについても
ご希望の色というか
何色に染めようが2週間後はいつもと同じ色になっているので
上手いも何もない。。。笑

 

しかし縮毛矯正は髪の毛を
終わらせることができる技術だし

担当者によってダメージ具合 仕上がりはまるで違います

 

下手したら
こうなるわけですからね

⇓ ⇓ ⇓

 

そしてこうなったら
切るしかないというおっかない技術。。。

 

と ここまで縮毛矯正のデメリットを
書かせていただきました

おそらく縮毛矯正なんて
やりたくなくなってしまったことでしょう 笑

 

しかし

それでもやっぱり
クセ毛をキレイなストレートや扱いやすい髪の毛にするためには
絶対に必要な技術なんですよね

事実 縮毛矯正によって
髪の毛のストレスから解放されている方も
たくさんいます

 

とはいえデメリットを理解していないと
安易な縮毛矯正により

毛先がツンツンになったりチリチリに
なってこんなはずじゃなかった。。。
ってのはあるあるです

 

しっかりとデメリットも理解し
無理のないヘアスタイルと
髪の毛の扱い方に気を付けてくださいね

 

 

 

 

 


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です