美容師が教えたがらない【縮毛矯正のデメリット】を徹底解説

こんにちは!
相模原、座間エリア
くせ毛美容師 イシカワです!!

 

 

クセ毛の悩みを解決する技術といえば
ご存知”縮毛矯正”

もちろん全てのクセ毛の方の悩みを
100%解決できるわけではありませんが

とりあえず、うねる。縮れる。広がる。
とったクセをストレートにして
症状を抑えることのできる唯一の技術であって
人によってはなくてはならないものでしょう

 

このブログでも縮毛矯正の記事を
たくさん書かせていただいていますし
施術例なんかも多いです

ありがたいことにこのブログをみて
実際に縮毛矯正をしにきてくださる方も
いらっしゃいます

てかこのブログ見てくる人
8割は縮毛矯正のお客様です 苦笑

 

そんな縮毛矯正なのですが
今日は”縮毛矯正のデメリット”のついてのお話です

 

せっかくブログをみて
はるばる神奈川のクソみたいな街にいる僕のもとへ
縮毛矯正をかけにこられる方も多いというのに

縮毛矯正をしたくなくなるような
内容になっております w

 

言ってしまえば自身の飯の種を放棄する
まさに常軌を逸した自傷行為。。。苦笑

 

しかし僕が提案したいのは縮毛矯正ではなく
髪の毛のストレスや煩わしさから解放され
人生が豊かになる方法や知識です

 

なので明日の晩ご飯のおかずが
一品減ろうとも、真実をお伝えしたいと思います

 

 

美容師が教えたがらない【縮毛矯正のデメリット】を徹底解説

 

痛む

縮毛矯正は10000%痛みます

ダメージレスをうたっているサロンもありますが
ふつうに嘘です。詐欺です。 笑

 

最近は”酸性ストレート”っていう
一般的なアルカリ性の薬剤を使った縮毛矯正でなく
酸性の薬剤なので髪を痛ませずに
クセを伸ばしますって言われがちな技術が
ブームなのですが

これもぶっちゃけ普通に痛みます w

 

もちろん薬剤の進化には目覚ましいものがあり
痛みが少なく
クセを伸ばしたり逆にクセを作ったり(パーマ)
できるようになってきてはいるのは事実ですが
薬剤使ってるんだから痛まないわけがないんですよ。。。

特に縮毛矯正においては、やろうと思えば
髪の毛を終わらせることができる
危険な技術であることには変わりありません

 

まぁどこの美容室もビジネスですから
多少盛った表現になるのは当然かもしれませんが
「ダメージしない」は詐欺レベルの嘘です

 

”ダメージしてない髪が美しい”ってわけではないし
矯正したほうが一般的に美しく見えるかたも
いらっしゃることも事実なので
それならダメージを負ってでもかけた方がいいじゃん
とは思いますが

ダメージを一切負いたくなければ
縮毛矯正なんてしてはいけません

 

 

ヘアスタイルが限られる

 

縮毛矯正かけたら
基本的にスタイルチェンジは難しいです

なぜなら縮毛矯正をかけた髪の毛を短く切ると
(スタイルチェンジ)
毛先ツンツンのカッパ。
日本人形。スフィンクス。
ジャイアントロボ。こけし。金太郎。
などになるからです 苦笑

 

 

縮毛矯正ってかけたら基本ずっとまっすぐなんで
これがメリットのような最大のデメリットです

 

それらの頭にならない方法として

・縮毛矯正はゆるくかけておく
・切ってツンツンになったところにパーマ
もしくは曲げるように縮毛矯正する

ってがあるのですが

ゆるくかけるということは
クセの伸びがいまいちになるわけですから
髪質を選ぶかけ方だし

ツンツンのところにパーマや縮毛矯正も
髪の毛があまり痛んでないってのが
条件になるので全員ができるわけではありません

髪の毛が細かったり痛みやすい方なんかは
まず無理です。。。

 

1度矯正した時点で
髪の毛の体力の余力はいっぱいいっぱいですからね

その状態に薬剤つけようもんなら
毛先ツンツンがチリチリになります

カッパとチ○毛のどちらかお選びください
って状況になってしまいます。。。 苦笑

 

なので基本はロングでいることが
美しさを保つためには無難な選択となります
(他のスタイルも出来ないことはないけど
人によっては難しいってこと)

 

ボリュームがなくなる

これも人によってはメリットですが
ある人によってはデメリットでしょう

クセで何もしないと
ボンバーヘッドになってしまう方にしたら
ボリュームダウンは願ってもないことでしょうけど

うねりや縮れでまとまらない
から縮毛矯正かけたいけど
軟毛の細毛でペタンコになりやすい
って方からしたらボリュームダウンは
死活問題。。。

クセが伸びたら
少なからずボリュームがなくなるのは当然だし
矯正してフワってするなんて
物理的に考えにくいことでございましょう。。。

もちろんなるべくペタンコにしない工夫は
いくつかあるのですが

ボリュームを一切落としたくないのであれば
縮毛矯正なんてしてはいけませんから
ご自身で頑張ってアイロン使って
クセを伸ばすことをお勧めします

 

楽にクセ毛から解放されたいのか?
ボリュームを落としたくないのか?

どちらを優先するかです

 

定期的にかける必要がある
(めんどくさい。お金がかかる)

 

縮毛矯正をかけても
伸びてくる毛は当然クセ毛なので
定期的にその伸びてきた部分は
また矯正する必要があるわけです

かけないと
根元はクセ毛であとはストレートっていう
変な頭になるわけですから
長さにもよりますが4カ月くらいのペースで
かけていきたいところです

めんどくさいしお金もかかるわけで
それが嫌ならかけてはいけません

 

 

縮毛矯正やめる時が大変

 

縮毛矯正を辞めるということは
かけたところがなくなるまでの数年間を
上記したような変な頭で
過ごさなきゃいけないですからね

アイロンなどを使って
頑張ってスタイリングをすれば
なんとかヘアスタイルにはなりますが
大変は大変です。。。

 

 

担当者によってだいぶ違う

 

美容室なんてどこも一緒

みたいに感じる方も多いようなのですが
縮毛矯正にかぎってはマジで違います

 

誤解を恐れずに言うと
カットなんかは論外なほど下手でなければ
技術の良し悪しなんて
素人の方にはあまりわからないかと思うのです
(馬鹿にしてるとかではないことをご理解ください)

これは美容師あるあるですが
上手い人が多くのお客様に
支持されるかっていったらそんな事はなくて

お客様を満足させられる美容師が
支持されるわけですよ

 

実際にカットが上手いベテランより
たいして経験のない若手美容師の方が
人気があるなんてよくある事です

大事なのは、実際にカットが上手いかより
上手いと感じるかなわけです

 

カットは普通だけど
接客も気持ちよく、話を聞いてくれる
美容師と

カットはちょー上手いけど
無愛想で、口が臭い美容師だったら
どっちが上手いと感じますか?
って話です w

 

カラーについても
ご希望の色というか
何色に染めようが2週間後は
いつもと同じ色になっているので
上手いも何もない。。。w
(特殊なデザインカラーは別ですが)

 

しかしながら縮毛矯正は
髪の毛を終わらせることができる技術だし
担当者によってダメージ具合や
仕上がりはまるで違います

 

下手したら
こんなんになるわけですからね

⇓ ⇓ ⇓

 

そしてこうなったら
切るしかないというリスクのある
技術なわけです

 

 

と、ここまで縮毛矯正のデメリットを
書かせていただきました

おそらく縮毛矯正なんて
やりたくなくなってしまったことでしょう w

 

しかし、それでもやっぱり
クセ毛をキレイなストレートや
扱いやすい髪の毛にするためには
絶対に必要な技術なんですよね

たいして効果のないトリートメントを
毎回5000円かけてやるより
矯正しちゃった方がよっぽど
仕上がりもコスパもいいでしょう

事実、縮毛矯正によって
髪の毛のストレスから解放され
人生変わっちゃう人もいますからね

 

とはいえデメリットを理解していないと
安易な縮毛矯正により
毛先がツンツンのカッパみたいな頭になったり
チリチリのどこの毛かわからない状態になって
こんなはずじゃなかった。。。

むしろストレス増したんですけど。。。

ってのはあるあるです 苦笑

 

ってことで
しっかりとデメリットも理解したうえで
縮毛矯正をかけるかを
検討していただければと思います

 

【守らなければ地獄行き?!】縮毛矯正している髪を美しく保つための必須条件

縮毛矯正の正しい頻度?デメリット?失敗しない方法が全てまるわかり【縮毛矯正解体新書】


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。