【守らなければ地獄行き?!】縮毛矯正している髪を美しく保つための必須条件

こんにちは!
相模原、座間エリア
くせ毛美容師 イシカワです!!

 

 

これは意外と知られていないことなのですが
縮毛矯正って
こんな感じに比喩されることがあります

 

悪魔との契約 w

 

 

というのも
縮毛矯正は1度かけてしまうと
かけたところはずっとストレートだし
基本的にロングで髪型は限られてくる。。。

長さにもよるけど
4カ月に1回はかけ直さなきゃいけない

そして極めつけに
矯正かけた髪を短く切ろうもんなら
毛先ツンツンの日本人形

 

 

金太郎

 

 

ジャイアントロボ

 

 

 

これらのようなシルエットになるという
十字架を背負わされるわけです 苦笑

まさに悪魔との契約。。。

クセがなくなり、扱いやすいストレートスタイルを
手に入れる代わりに

・ヘアスタイルは限られる
・短くできない
・定期的にかけなくてはならない

といった条件を飲まないといけないのです

 

逆に言えば、それらの条件が苦でなければ
縮毛矯正は悪魔との契約どころか”天使との抱擁”
メリットしかないわけですが
そーじゃない人が多いですよね。。。

なので正直
それらが嫌なら縮毛矯正なんてかけてはいけなくて
かけた後にどーにかしてくれって言われても
悪魔がそんなお人好しなわけなく
どーにもできないことが多々あるわけです

 

特に、短く切ったら
毛先が不自然でどーしてくれるんだ問題
(日本人形、金太郎、ジャイアントロボ化問題)

これは非常に深刻で
短くできないって契約にも関わらず
何も考えずに短くしちゃう方が非常に多く
僕の元へ、どーにかしてくれって
相談する方があとを絶ちません。。。
(昨日もLINEからあったばかり)

 

というのも
経験ある人も多いと思うのですが
縮毛矯正がかかっている髪を
かかってる部分で切ると
ほぼ例外なく毛先が不自然な感じになるわけです

 

 

こうなってしまうのはそーゆーもんだから
としか言えず
ならないようにカットとか不可能なわけです 苦笑

 

それを回避するには
不自然な部分にパーマをかける方法があるわけですが

髪の毛に余力がないと(すごく痛んででしまっていると)
パーマがかからないか
もしくはバサバサのどうしようもない状態に。。。
というリスクがあり

縮毛矯正をかけた時点で
大体の方がそれなり痛んでるわけです 苦笑

 

なのでやはり契約にそむく行為は
なるべくしないことをお勧めしたいわけです。。。

要するに矯正かけたら短くするな

ってことです

 

 

とはいえ人間ですから
ずっと長いのも飽きるし気持ちは非常にわかる 苦笑

なので縮毛矯正をかける人に
絶対に守って欲しいのが
なるべく髪の毛を痛ませないような努力をしてください
ってことです(このブログでずっと言ってきてることですが)

 

契約を破った上に
髪の毛のダメージが強いと
地獄へまじで一直線ですよ。。。苦笑

どーしようもできない

 

 

 

例えばこちらの方は、この約8か月前に
縮毛矯正かけさせていただいていますけど
今回は短くしたくなったようで
契約を破りたいとのこと w

まさに
毛先がツンツンの
日本人形になるパターン。。。 笑

 

 

実際に切ったら
案の定、日本人形になってたのですが

そのままではまずいですから
根元のくせ毛が伸びてきた部分は矯正して
毛先の不自然になった部分はデジタルパーマを
かけさせていただいてこんな感じ

 

 

 

なんとか日本人形化を回避できたわけですが
これができるのって
あまり痛んでないってのが必須条件

実際にお客様の場合はカラーとかしてないし
痛むような行為も控えており
縮毛矯正はさせていただいてますが
実際そこまでのダメージはない状態でしたから
やらせていただいたわけです

 

しかし、ご来店いただく方の中には
矯正した髪を短く切ってヤバイ頭になり
どーにかしてくれって助けを求められても
痛みが強い場合は、何もせずに
お帰りいただく方も年に数名はいらっしゃるわけです

不本意ですし、申し訳ないけど
どーしようもないので仕方がない。。。

 

ということで、あなたが
縮毛矯正をかけているのであれば
もしくはかけたいと思っているのであれば
なるべく痛ませないような努力をすることは
キレイでいるための、もはや義務です w

 

極端に明るいカラーやハイライトとか
もってのほか!(絶対痛みが強い)

疲れて乾かさないで寝ちゃうんです。。。とかも
どんだけ目を潤ませた上目遣いで言われても
全く可愛くないし乾かせの一言です w

それか悪魔との契約を遵守してください

 

それが縮毛矯正かけつつ美しくいるための必須条件


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です