ウケる前髪になる前に読むべき?!前髪は【厚くしない方がいい】理由

こんにちは!
相模原、座間エリア
くせ毛美容師 イシカワです!!

 

 

美容室でのよくあるオーダーの一つに
「前髪を厚くしたい」
というのがあります

・前髪が細くなってきた
・前髪が割れる
・スタイル的に厚めがいい

など理由はそれぞれだと思うんですけど
ものすごい多いオーダーなわけです

そして今日はこれについて書きたいと思うのですが

 

結論から言いますと
前髪は基本的に厚くすることは不可能です 苦笑

なぜなら
前髪の厚さの限界はひとそれぞれ
決まっているのだから。。。

 

前髪は厚くできない理由

 

前髪は基本的にこんな感じの三角に
取り分けて切られています

 

 

 

前髪を厚くするということは
前髪として使う髪を増やす
ということにあるなので
この三角を大きくとることになるわけです

(逆に最近流行のシースルーバングなるものは
この三角がちょー小さい)

 

 

すると前髪は、厚くはなりますが
実は同時に横に広くなります

”ワイドバング”って言ったりしますが
多くの人にとってはやりたくないであろう
お顔丸出しのヘアスタイルです 苦笑

 

三角を大きくすると、横幅が広くなるので
前髪も広くなるのは当然の話なのですが

では幅は変えずに
奥行だけを多くとったらどうだろう
(この方法を取ることが多い)

 

 

奥行きをとるということは
頭頂部付近の髪の毛を前髪に設定する
ってことになるわけなのですが

運よく頭頂部の髪の毛が
前に落ちてくる生え方をしているのなら
問題ないし厚くすることは可能ですが
ぶっちゃけそんな人、滅多にいないです 苦笑

 

だいたい頭頂部の髪の毛は
サイド(または後ろ)に落ちますから
結果前髪は厚くならないし
サイドに変な短い毛ができるだけ。。。

 

 

ドライヤー死ぬきで頑張って
前に持ってくることもできるかと思いますが
風にあおられたら1撃で終了です 笑

スプレーでガチガチに固めれば
キープできるかもしれないけど
そんな不自然な前髪にしたい人いないだろうし。。。

 

ってなわけで

前髪は厚くできない理由を
ご理解いただけたでしょうか

 

前髪として使える髪の毛の量は限界が
人それぞれあるわけですから
それ以上増やそうとすると、さっき書いたように

厚くもならないし、幅が広がるだけで
サイドにも変な短い毛ができちゃったりしちゃいます

 

なので
どうしても前髪を厚くしたいのであれば
”前髪が厚く見える髪型”
まぁショートになるのですが
そういったヘアスタイルにするか

”前髪にパーマをかける”

前髪がペタって
しちゃうと薄くみえやすいですが

パーマで少し前髪を
ふわっとさせれば多少の厚み感を
作ることはできます

 

多少だけど。。。 笑

 

シースルーバングで失敗。後悔しないために知るべき【イケてる前髪の前提条件】

誰も教えてくれない【本当の似合う前髪の見つけ方】はこれだ!!


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です