【自然乾燥とドライヤーどっちが痛みが強いのか?】の答え

こんにちは!
相模原、座間エリア
くせ毛美容師 イシカワです!!

 

 

「自然乾燥とドライヤー
どちらが痛むんですか?」

この質問はお客様から良くいただくものの一つであり
髪の毛を乾かすという概念が生まれてから今日まで
さまざまな議論がなされている問題でしょう
(知らないけどw)

しかし、これに関しては
僕的には明確な答えがあります

 

というのも
どっちが痛むのかってのは本質ではなく
大事なのは”どっちが美しいか”だと思うのですよ

だってなんで
髪の毛を痛ませたくないのか?といったら
美しく見えないからじゃないですか?

 

であれば、極論言ったら美しく見えるなら
どんだけ痛んでも良いと思うのですよ
(現実的にはあまり痛んだら美しく見えることはないけど)

もちろんわざわざ痛ませる必要はありませんが
どっちが痛むかってのはどーでも良くて
どちらが美しく見えるのか?
という視点で考えていただきたい

ということは
乾かさないとか論外でしょう 苦笑

 

遠慮なく言うと
ドライヤーが痛む。なんてのは
乾かすのが面倒な人の”やらない理由作り”でしかなく
廊下でたってなさい状態でありますよ 苦笑

またはドライヤー作ってるメーカーの

「普通のドライヤーはこんなに痛むんですよ
しかしこのドライヤーを使えば
痛ませずにむしろ髪質が改善されていきます」

といった商品販売のための不安煽り 笑

 

ちなみに、どちらが痛むのか?痛まないのか?
という視点でいうと
僕的には自然乾燥の方に軍配があがると思っております

 

まず一般的に良くいう”自然乾燥は痛む”は
少し言葉足らずで
自然乾燥だから痛むのではなく
髪が濡れている時の摩擦により髪の毛が痛むわけですよ

髪は濡れると膨潤しその状態に
摩擦が起こることで痛むと言われているわけで
摩擦がなければ別に痛むことはないわけです

 

なので、厳密に言ったら
髪の毛を乾かすうえで
自然乾燥で摩擦を起こさないことが
最も痛まないでしょう

 

しかし、そのためには
髪の毛が長いほど、早めに入浴を済ませ
お布団に入るまでに乾かしきる必要があります
(枕との摩擦を防ぐために)

ライフスタイルによっては
勤務中に上司の評価を無視して職場でシャンプーを済ませ
この寒い時期にビショビショ頭で
恥ずかしい想いと、コロナと疑われる風邪を覚悟して帰宅し
晩ご飯のコロッケの揚げ物臭を
髪にこびりつかせることとなります

 

そしてなにより、そのままでは美しくはありませんから
(だいたいバサバサのゴワゴワ)
髪の毛を美しく見せたかったら
多少痛んででもドライヤーをかけない
という選択肢はありえないわけです

 

もちろんドライヤーの熱により
少なからず髪の毛が痛むのは事実ではありますが
先ほどから言っているように
大事なのは痛む痛まないではなく
美しく見えるか見えないかでしょうという話

 

パーマスタイルや
クセ毛を出していくスタイルなら
スタイリング剤をつけて自然乾燥することを
推奨してますが
(それが最も美しくカールがでるから)
それ以外であればドライヤーは必須中の必須です

シャンプーやトリートメントに
こだわってる暇が合ったら
しっかりドライヤーで乾かしてください w

 

熱で痛むのが怖いのであれば
少し頭から離して風を当てるなどの工夫をするか

先程は少しふれた
不安を煽ってくるメーカーの
髪質が改善されるらしい?
よくわからない機能のついた
数万円する高級ドライヤーを使うのも手かもしれません

 

ということで

自然乾燥とドライヤーどっちが痛むとか
どーでもいいので
髪の毛を美しく見せたかったら
ドライヤーを使って正しく乾かしてくださいね

ドライヤーの選び方が
気になる方もいらっしゃると思うので
ぜひこちらもご覧ください

 

絶対に損しない?!髪の毛をキレイに育てるための正しいドライヤーの選び方!


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。