絶対不変の【美容室で失敗しないためのメソッド】~技術よりも大事なこと~

こんにちは!
相模原、座間エリア
くせ毛美容師 イシカワです!!

 

 

本日はまずこちらの記事を
読んでいただきたい

 

「重ためが好きなのですかないでください」って言うと【芋くさヘアー】になる理由

 

。。。。

どーせ読んでいないと思うのでw
簡単に説明すると

このブログでは
いつも言っていることなのですが

あなたの髪の毛でやりたい髪型が決まったら
髪をすく量は自動的に決まりますから

「すいてくれ」
「すかないでくれ」

といった毛量を指定するようなオーダーは
基本的にしない方がいいですよ?!

といった内容になっております

 

記事読んでいただければわかるのですが
お客様のご要望は
動きのあるパーマスタイル

しかし「すかれたくない」
とのことでした

 

でも動きのあるスタイルをするためには
髪の毛同士の間に動くための空間が必要ですから

すいたり、何らかの空間をつくる作業が
必要だったので、ご理解いただき
適量をすかせていただいたわけですね

 

 

で、つい先日この記事の内容に

いやいやすかないで良いってオーダーされてんだからすくなよw自我出すなよwww

といったコメントをいただきました w

 

確かに
お客様の要望は「すかないで」
なわけですから
すく行為は迷惑でしかない。。。 苦笑

 

ラーメン屋で「硬め」ってお願いしたのに
「この人は消化が良くなさそうだから」
という店員の勝手な判断で
ブヨブヨの伸びきったラーメン出される
ようなもんです w

 

 

コメントの「自我出すなよ」ってのはおそらく
お前の価値観、意見を押し付けるなよ
要望通りやれよ
といったことかと思いますが確かに一理ある。。。

てか場合によってはその通りでございましょう

 

とはいえ、上の記事に関しては
お客様のやりたい髪型を作るためには
すかなくては(空間を作らなくては)
それにならないですよ?!

といった僕の価値観とか意見、感想じゃなくて
”物理ベースの事実”をお伝えして
ご納得いただいた経緯

 

要望通り、すかないでその髪型になるなら
僕もそうして差し上げたいわけですが
無理なもんは無理なわけ

カレーを使わないで
カレーパンを作ってくださいって言われても
無理でしょって話です 苦笑

 

そんでもって、今回の
”すかなくてはそれにはならない”
というのはただの物理の話ですが

それが100000歩譲って
僕の自我(価値観や意見)だった場合

それのいったい何が悪いのでしょう?

と、僕は思うのです

 

 

例えば、あるお客様が
すでに毛先がスカスカ
髪型をされていたとして

それでもオーダーが「すきまくってくれ」
だったといたしましょう

 

そんな時にコメントくださった方が
おっしゃるように
要望通りすきまくることは
果たして美容師のやることなのでしょうか?

 

 

僕としてはまずは
これ以上すきまくると一般的に
変な頭の認定を受けることになりますよ?
という気づきを与えることも美容師の仕事と
考えます

 

それでもなお
すきまくりたいのであれば

それはもう、好みや価値観の話になってくるので
ご要望通りすきまくって差し上げるのが
正解なのかと思うわけですが
(最終的には髪型なんて好みなので)
そうじゃない場合が往々にしてあるわけです

 

もちろんその好みや価値観に対して
それはあり得ない!
と、ねじ伏せているのであれば
自我出すなよ!とのご意見はごもっともですが。。。

 

また
”お客様の求める未来”がお客様の要望で
叶えられるかは別の話だよね
ということもございます

 

 

申し訳ありませんが
お客様の中には
髪の毛について勘違いされている方も
いらっしゃるわけですよ
(どんな業種でも感じることあるでしょ)

 

例えば
”段差を入れるとトップがフワッとする”
お客様が勘違いしている場合

当然、「段差を入れてください。」と
美容師にオーダーすると思うのですが
この場合のお客様の叶えたい未来は
段差が入ってる状態というか
トップがフワッとした状態

 

しかし実際のところ段差を入れて
トップがフワッとするかどうかは
髪質とスタイリング次第ですから

トップがフワってする髪質と
スタイリング能力を持ち合わせていない
お客様に段差をつけたところで
欲しい未来は叶いません

 

 

であれば、一応プロとして
その勘違いを正すのが仕事かと
思うわけです(お客様の欲する理想の未来のために)

 

これも僕の自我というか
物理ベースの事実をお伝えしているだけであり
お客様の叶えたい未来を実現するために
真剣に考えた結果の提案なわけですよ

 

これらを余計なお世話とか
自我出すなよ?!とか言われてしまっては

美容師って
ただ言われた通りの長さを切るだけの
ロボットになるしかありませんから
いつか機械に代替され職を失う。。。

そんな未来が予想されます 苦笑

 

 

で、何が言いたいねん?!
なのですが

美容室で失敗しないためには(満足するためには)
美容室の場所とか、上手い下手なんかより

共感できる美容師に
やってもらうことが大事だよな
と、ちょー思ったわけです

 

だって、コメントくださった方は
要望通りにやって欲しいのにも関わらず

僕みたいなのに「それは無理です。
変な頭になってもいいんですか?」

なんて、言われたら腹立つと思うのですよ

うるせー!
いいから言われたとおりにやれよ?!
でしかないですもんね 苦笑

 

しかし、こちらとしては
一応プロとして
変な頭を作ることは避けたいですし
現実的でより良い解決策を提示したい

そのためには
無理なもんは無理とはっきり言いたいし
お客様の要望をときには
断る必要もあると考えているわけです

 

 

接客のプロとして
お客様のタイプ(価値観)に合わせて
柔軟な対応をしろよ?!
という意見もわかりますが

これは僕のゆずれない信念ですし
”柔軟な対応”って言い換えると
お客様に媚びへつらう
ご機嫌とり美容師ですから
美容のプロとしてなんてペラペラなのでしょう

と僕は思う w

 

要するにコメントくださった方と僕は
まるで考え方が違うので

ないだろうけど
もしいらっしゃった暁(あかつき)には
不満足をあたえてしまう自信しかない
ということです 苦笑

 

これは僕とただ考え方や価値観
(美容室に求める価値)が違うだけであって
コメントくださった方が間違ってる!
なんていう気は全くありません
(思ってもないし、むしろコメントありがとうございます)

当然僕が正しいわけでもない

 

そして逆に僕の発信している内容に
万が一共感してくれた方は

無理なもんは無理って言ってくれることや
変な頭にならないための提案
価値を感じてくれると思うのです

 

もちろん、さっきも言ったけど
僕の価値感(提案)を押し付けたり
好みであるヘアスタイルについて
それは変だの否定するのは
自我出すなよ?!だと思いますが

このブログで僕がしているのは
あくまで提案であり
もっとも尊重するべきなのは
あなたの好みや価値観だと思っておりますので
ご安心くださいませ

 

ということで、何を言いたいのか
よくわからなくなってきたので
まとめますと

美容室で満足するためには
考え方や価値観の一致する人に
やってもらうことが何よりも先決です

上手い下手。その人が作るスタイルが好きとか
そんなもんは二の次です

ましてや
使ってる薬剤とかはクソほどどーでも良い

ってことです

 

だいぶ遠回りした結論 苦笑

 

【皆が知らない】美容室で似合う髪型や満足が手に入るとっておきの秘訣を伝授

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です