カラー剤パーマ液は人体に悪影響をおよぼすのか?

こんにちは!
小田急相模原駅 徒歩2分
座間市の美容室
LUCK(ラック)相模原
くせ毛パーマ美容師 イシカワです!!

 

 

昨今では
カラーをしてる人の方が
多いくらいの時代なわけで
(実際多い)

それはファッションであったり
身だしなみであったりするからなのですが
それは多数派なだけで

もちろんカラーをされていない方もいらっしゃいます

僕自身も数年間してないし
(めんどくさいから 笑)

アレルギーなどの問題で
やりたいけどできない場合もあるのですが

中には身体に良くないからやりたくない

という方もいらっしゃるわけです

 

 

先日のお客様も
(去年だけど)
カラーを20年ほどしていないという事で
それが悪いわけではないのですが
理由をうかがってみると

何かの雑誌の特集で
カラーによる人体への悪影響
描かれていたようで怖くなってしまった

とのことです

 

具合的に言うと
カラー剤が頭皮から血管に流れ込み
あらゆる内臓に悪影響を及ぼす

みたいなことが書かれていたらしいのですが

それって実際ありえるんですかね?

 

カラー剤による人体への悪影響はあるのか?

 

個人的意見ですが

確かに僕は皮膚科学も医学も
勉強したわけではないので100%あり得ない

とは言い切れませんが
今までそういった人を見たことないし
聞いたこともありません

 

もしあったら
大きなニュースになってるだろうし
裁判もあるだろうし
そこら中でカラーできるのもあり得ないと思うし

自分でできるカラー剤まで
売ってるんですから
人体への悪影響なんかあり得ないと思ってます

 

てか一般の方はカラー剤が頭について
30分くらいで流しちゃうけど

僕ら美容師は毎日
カラー剤やパーマ液素手で触っちゃってますが
それで人体への影響なんて聞いたことないです

美容師は早死にするとか
あり得ないし

それなら場合によって転職を早めに考えたい 笑

 

当然 カラー剤が直接つく皮膚へ影響はあり得ますし
アレルギーもそうですし
実際美容師は薬剤により手荒れします

が、やはりそれが体内に入り内臓に悪影響って
現実的にありえるわけがないかと。。。

なので
お客様には申し訳ないのですが
おそらく
その雑誌の特集記事には

カラー剤ではない髪を染める何かの宣伝が
あったと思うのです

トリートメントカラーやヘナとかの。。

カラー剤はこんなに
人体に良くないんですよ

しかし 自社のこのカラートリートメントなら
人体に悪影響なく
しっかり染められるんです

みたいなマーケティングよくあるじゃないですか。。。

 

もちろん
何を信じるかはあなた次第なので
別に良いのですが

そういったオカルトを信じてしまって
カラーしたいのにカラーできない

という人はどうにか
してあげたいですから
こんな記事を書いてるわけです

ですから
どうか冷静になって考えてみてください

 

カラーによる人体への悪影響が
あるならもっとニュースになってますって。。。

販売が許されるはずないですって。。。

実際に周りにいますか?
カラー剤でどうにかなってまった人。。。

アレルギー意外
そんな人いないと思うんですよね
(てか実際いない 笑)

クソみたいな風説を信じて
出来ることが出来ないのはもったいない

ぜひ
風説よりも現実を見てください

この情報に溢れている世の中だからこそ

美しくなるためには本物の情報を見極められる力も必要ですよ

 

 


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です