【痛んでないのに痛んで見えるクセ毛】がやってはいけない禁止事項4選!?

こんにちは!
相模原、座間エリア
くせ毛美容師 イシカワです!!

 

 

これは以前の記事でもお伝えしている
残念な事実なのですが

クセ毛は痛んでないのに痛んでみえます 苦笑
(全てのクセ毛がとは限らない)

 

くせ毛のバサバサにトリートメントは意味なし!?な理由と正しい対処法

 

これは、”女子はみんなアボカドが好き♩”
のような偏見ではなく
物理的な事実なのです

 

僕は、よく言われる”ツヤ髪”こそ美しい髪とか思わないし
結局は自分が満足いっている状態が美しい髪の毛だと思うので
好きな髪型やればいいと思っているのですが

痛んで見えるクセ毛が一般的に美しいとされる髪の毛に
見せたいのであれば(ツヤ髪)
クセを伸ばす縮毛矯正であったり
アイロンなどでクセを伸ばすスタイリングが必須なわけです

 

とはいえ、そこまでは面倒だからしたくない
って方も多いでしょうし
なんとか矯正やアイロンなどでクセを伸ばさずに
キレイに見える方法はないのだろううか?
って思う方もいるかと思いますが

 

ぶっちゃけそんな方法ないわけです 苦笑

クセで痛んで見える、キレイに見えないのであれば
クセを伸ばすしかないわけです。。。

 

って言っても、毎日アイロンなんてダルいだろうし
矯正も定期的にかけなければいけないわけですし
さっきも言いましたが
ツヤ髪=美しい ってわけじゃないですからね

無理にクセを伸ばさなくても
痛んで見える髪質であってもその人が満足できる
ヘアスタイルならばそれは美しいと思うのです

 

しかし

痛んで見える髪質が余計に痛んで見える行為

ってのはあるわけで
その行為をしちゃう人は危険です

美しくなれるわけがありません。。。

 

なので今回は
痛んでないのに痛んで見えるクセ毛の方に
なるべく痛んで見えないための禁止事項4選

というのをお伝えしたいと思います

 

【痛んでないのに痛んで見えるクセ毛】がやってはいけない禁止事項4選!?

 

スタイリングしない

 

痛んで見えやすいのにスタイリングしない方に
お伝えします

 

ずっとバザバサヘアーでお過ごし下さい 笑

 

勘違いしてる方多いのですが
いくらケアしようとも髪質は変わりません

断言しますが
痛んで見えるクセ毛がいくら高級シャンプートリートメント使ったところで
髪質は変わんないんだから痛んでみえるのは変わりません

 

シャンプートリートメントのみで
痛んで見えるクセ毛がツヤツヤヘアーを手に入れることが出来たのなら
その証拠を提示してください

もしその証拠が本物であれば
下半身丸出しで相模原をかけまわり、そのまま交番へ行くことをお約束します

そんなことしたら周りに迷惑がかかるし
本当は僕がやりたいのかもしれないわけで
それでは何のリスクも背負ってないことになるし
てかやらないのですが

そこくらいの勢いで断言したいわけです 笑

 

シャンプートリートメントで髪質自体は変わりません

痛んで見える髪質なら
痛んで見えないようにスタイリングするしかありません

アイロンを絶対にしろ!
とか、そこまで言うつもりはありませんが
スタイリング剤を使ったり
痛んで見えないためにできることはあるはずです

 

 

パーマ

 

痛んで見えるクセ毛って
大きくうねるタイプのクセというか
基本的に広がりやすく髪の毛1本1本が細かくジリジリした髪質の方が多いのですが

そんな広がりやすい髪質にパーマしたら
余計に広がるし
余計に痛んで見えるに決まってます

 

残念ですがパーマってクセをかき消してくれたりしないですから
クセ+パーマの動き になるので
広がるクセ+動きを出す技術=広がりまくる です 苦笑

 

 

明るめのカラー

 

カラーの色とか何か関係あるの?
って思うかもしれませんが多ありです

まずは
明るければ明るいほど髪の毛のダメージは強くなる
ということです

美容師は〇〇だからあまりダメージしないです
といったセールストークをしてくるわけですが
明るいってことは、より元々持っている黒の色素を破壊してるわけですから
痛むに決まってるわけです

 

痛んで見える髪の毛に痛む行為をしたら
とんでもなく痛んで見えるに決まってます 苦笑

 

さらに、髪の毛は明るいほど痛んで見える
というのはご存知でしょうか?

カラー直後の髪って
色が入ってキレイに見えると思いますが
1ヶ月もしたら色が抜けて明るくなるわけですが
痛んで見えません??

 

カラー直後も、カラーして1ヶ月以後も
とんでもない髪の毛の扱い方しない限り
実際のダメージ具合なんて変わらないはずなのに
色が抜けて明るくなるとパサパサに痛んで見えるはずです

これは光の透過などが関係してくるわけですが
明るいほどパサついて見えるわけです

 

なので痛んで見えるクセをお持ちなのであれば
なるべく明るい色は避けたほうが賢明です

これももちろん好みなので
明るいのが好きなら明るくしたほうがいいのですが
一般的な美しい髪の毛を目指すのであれば
8レベルくらいの明るさがいいのではないのでしょうか?
(個人的に明るすぎず暗すぎない色)

実際にどのくらいの色かは
担当の美容師に聞いてください

 

 

なるべく痛ませない

 

先の明るめのカラーと少しかぶるのですが
痛んで見える髪の毛が痛む行為をしたら
さらに痛んで見えるわけです。。。

であれば
なるべく普段から痛ませないような習慣が必要です

しっかりドライヤーをかけるだとか
ホームカラーは禁止だし
カラーの頻度を考えるとか

なるべく痛ませない意識が
数年後の髪の毛の状態に関わってきます

 

 

以上が、痛んで見えるクセ毛が
より痛んで見えないようにするための基本となります

 

僕もクセ毛でカラーもパーマも最近してないのに
バサバサのダメージヘアのような頭をしているので
まさに痛んでないのに痛んで見える髪質 苦笑

なのでそーいった方の気持ちは痛いほどわかります。。。

 

痛んでないのに痛んで見える
ってひどい話ですよ 苦笑

 

クセがあって良いね〜なんて言ってくる
サラサラヘアーの奴らが妬ましく羨ましく感じることもありますが
そんなこと考えても仕方ないですからね

自分のクセを受け入れて
できることをしていきましょう

 

 

 

 

 


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です