【後悔する前に知れ?!】縮毛矯正かけてる髪の毛を短くするときのデメリット

こんにちは!
相模原、座間エリア
くせ毛美容師 イシカワです!!

 

 

 

さて本日は
さっそくの施術例になるのですが

定期的に縮毛矯正を
かけさせていただいている方でございます

 

 

そろそろ矯正のかけどき。ということと
「短く切ってしまおうかな?」とのことでした

 

髪型に飽きるのもあるだろうし
髪が長いとドライヤーのストレスは
計り知れない

”長い”に加えて”毛量が多ければ”
完全に乾くまでに
映画一本観れちゃうんじゃない?レベルで
時間がかかることでしょうし

大変な気持ちはよ〜くわかりますから
バッサリいっちゃいましょう!

 

 

と、後先考えずに短くすると
だいたい膝から崩れ落ちて後悔するのが

ヒーローが1度死にかけた後に
大逆転勝利をおさめる映画のような
良くあるエンディングです 苦笑

 

あなたも経験ありますよね?

デメリットを理解せずに意思決定して
あとから後悔。。。
そんなの知らんやんってこと 苦笑

 

余談ですけど、僕もつい先日

自宅の子供のオムツを捨てるゴミ箱が
割れてしまっていて臭いが充満。。。

オムツ用のゴミ箱の役目、果たしてないやん

と思っていたところ
たまたま出先にて
ちょー割安で売っていた物があり即購入

しかしながら購入後に
そのゴミ箱対応の
ゴミ袋専用カートリッジ(ちょー割高)
必要だということを知り
そんなの知らんやん。。。

との思いを
させていただいたばかりでございます 苦笑

ということで
別に短く切るのは良いのですが
切る前にそのデメリットは
理解しておくべきでしょう

 

【後悔する前に知れ?!】
縮毛矯正かけてる髪の毛を短くするときのデメリット

・ヘアスタイル(縮毛矯正)のもちが悪い
・毛先が不自然になりがち

代表的なのがこの2つ

 

もちが悪い

極端な例を出しますが
縮毛矯正をかけて4ヶ月たったとして

・髪の毛60センチのうち根元の4センチくらいが
クセ毛の方

・髪の毛20センチのうち根元の4センチくらいが
クセ毛の方

このお2人とでは
どっちがクセの影響を受けやすいかは
想像にたやすいでしょう

 

言うまでもないのですが
一応言っておくと

20センチ(短い方が)の方が
クセの割合が大きくなりますから
その影響をうけて
“暴れやすい=もちが悪い”という事です

 

クセの割合に加えて
長いと髪の重みで落ち着くってことも
良くあることですから
クセによる影響をなるべく長い期間
受けたくないのであればロングの1択

 

そして、縮毛矯正がかかった髪の毛を短く切って
毛先がツンツンの恥ずかしい状態
なったことある人も多いでしょうけども
それは宿命であります

 

 

それを回避する策としては
ご自身でアイロンやコテで巻いてスタイリングするか
毛先にパーマか縮毛矯正を少し丸みがつくように
かける必要があるのですが
それには少し条件がございます

前者の場合は時間と多少の技術が必要で
後者の場合は痛んでいない健康な髪の毛
美容師の技術が必要となります

 

多くの方が望みがちですが

カットだけで不自然な毛先に丸みをつけるとか
どんな神技を使っても無理だし
痛んだ髪の毛に狙い通りのパーマも縮毛矯正も
物理的に不可能ですからね。。。

 

 

ということで
多少ヘアスタイルの持ちが悪くなっても構わない
そして、今言った条件をお持ちなのであれば
短くしてもよろしいかと思うわけです

 

または
長い髪の毛でいることのストレスが
これらのデメリットをも上回っている場合
切ることをお勧めいたします

 

乾かすのがツラすぎるのであれば
多少変な頭になっても
切っちゃった方が幸せになれることでしょう

(いじめがツラいのに無理して学校なんて行く必要ないでしょ)

 

そして、逆もまたしかりで
変な頭をしたきうないけど
上の条件を満たしていないのなら

多少飽きがこようが
ドライヤーが大変だろうが
短くなってしてはいけませんよ

 

という事でお客様の場合は
「多少もちが悪くなっても短くしたい」
とのことでしたので
切らせていただきました

とはいえ今回は短くはするけど
”毛先が不自然にならない程度”に
とどめておきました
(痛みもなくはないし
薬剤つけて毛先に丸みがつけれるか
微妙なところだったので)

 

 

乾かしただけ

ガッツリ短くしたわけではありませんが
ドライヤーはだいぶ楽に感じれるかと思います

 

それでも大変だと感じるのであれば
ダイソンのドライヤー買ってください w

 

縮毛矯正の正しい頻度?デメリット?失敗しない方法が全てまるわかり【縮毛矯正解体新書】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です