自然な縮毛矯正を維持するたった一つの方法!

こんにちは!
相模原、座間エリア
くせ毛美容師 イシカワです!!

 

 

縮毛矯正した髪の毛を短く切るときの
注意点は常々お伝えしています

 

縮毛矯正をかけている方が短く切りたいときの切るべきタイミングとは?!読まなきゃ後悔必至です。。。

 

 

矯正した髪の毛を短く切ると、ほぼ間違いなく
毛先ツンツンの金太郎スタイルになるのですが
これを避ける術は正直ありません。。。

 

 

唯一”縮毛矯正自体をゆるめにかけておく”
という方法があるのですが
ゆるめということはクセの伸びがいまいちな状態なわけで
それに満足いただけない場合が多いし
クセをしっかり伸ばしてあげないと扱いにくい人がほとんどですから
髪質を選ぶかけ方なわけです

 

なので短く切ったときの金太郎スタイルは
縮毛矯正かけている人の宿命なのです

 

では金太郎スタイルで
まさかり担いで過ごすしかないのか?
って言ったらそんなことはありません

ご自身でツンツンの毛先をコテで巻いたりアイロンで多少動きを付けれさえすれば
普通にキレイなスタイル作れるわけです

 

って言っても大体の方がめんどくさがってやらないですからね 苦笑

そんな方のために
”ツンツンの毛先を曲げるように縮毛矯正する”
といった方法もあるわけです

 

 

 

縮毛矯正かけてる方ですが
短く切りたいとのことで、切ったら案の定金太郎 苦笑

写真ないのですが
こんな感じですよね

 

 

 

毛先がパツってした印象で丸みがなく不自然です

これが矯正してる方の宿命で
切る美容師がどんなカット技術を持ってようが
短く切ったらこうなります
例外はありません

 

で、そんな毛先に曲げるように矯正すると
(根元は普通に縮毛矯正)

 

 

乾かしただけですが
毛先に少し丸みを感じる自然な印象に

これなら自身でコテやアイロンを使わなくても大丈夫だと思います

 

しかしこれって、みんながみんな出来るわけではなく
髪質髪の状態次第なわけです

要するに
細かったり痛みやすい髪質の方や
現状痛みが強い方は無理です
(残念ですがめんどくさいかもだけど自身で巻いてください)

 

痛みが強い部分に縮毛矯正なんてもってのほかだし
無理にかければ曲がるどころかチリチリです。。。苦笑

 

なので縮毛矯正してる人
縮毛矯正が必要な人は
なるべく痛ませないような努力が必要なわけです

流行りだかなんだか知りませんが
ハイライトとか絶対禁止だし
そもそも明るいカラーやめた方がいいです
(なんだかんだ痛みが強いから)

 

理想を追いかけるのもいいと思うし
そのお手伝いは全力でやらせていただきたいですが

まずは現実をみましょうね

 

毛先に自然な動きができる縮毛矯正は
痛みが強ければ絶対に無理です

 


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です