【縮毛矯正した髪の毛のパーマはちょー危険?!】コテで巻くことをオススメする理由

こんにちは!
相模原、座間エリア
くせ毛美容師 イシカワです!!

 

 

クセ毛にとっては
欠かせないメニューである”縮毛矯正”

昨今、少しクセ伸びまっせ。的なトリートメントが
コロナのごとく蔓延しているわけで
それを売りにしてるサロンも多く
別にそれはいいのですが

クセ毛が髪の毛のまとまりを良くしたかったり
広がりをおさえたかったり
朝楽な感じにしたいのであれば
そんなもんより僕は縮毛矯正をお勧めしております

 

なぜなら、僕も今まで色々検証したり
自分の頭(ちょークセ毛)で試してきたけど
やはりトリートメントはトリートメントであって
クセを伸ばそうとなると頼りないし
(てかクセ伸ばすもんじゃないし)

クセちょっと伸びまっせ。って言ってる
トリートメントなんかより
縮毛矯正の方が圧倒的に効果を感じるし
実際に満足いただけることが多いからです

 

クセがなくなると話題の酸熱トリートメントは縮毛矯正の代わりになるのか?!

 

すると「縮毛矯正って痛むのでは?」
って意見があるかと思いますが
痛んで何が悪いんですか? w

だってキレイになりたいんですよね?
楽な感じにしたいんですよね?

それなら多少の痛みを負っても
それらが手に入るならやるべきだと僕は思うのです

 

そもそも縮毛矯正って
基本的に1度かけたところは取れませんから
何度もかけることってあまりなくて
1度の縮毛矯正でやばいほど痛むことは
アホみたいなかけ方しない限りほぼないですよ
(アホみたいなかけ方させてる場合もなくはないけど 苦笑)

もちろん、なるべく痛んでない状態の方が
いいにきまってるわけですが
最も大事な目的はキレイに見えることですからね

その目的を叶えるために
縮毛矯正が必要ならするべきでしょう

 

 

そんな縮毛矯正ですが
さっき少し言ったように
基本的に1度かけたら取れないので
それがメリットのようなデメリット。。。

縮毛矯正をかけると
長さを変えようと、少し段差をつけようと
真っ直ぐのストレートスタイルですから
大きな変化は作りにくく
大体の方が飽きてくるわけですね 苦笑

 

すると多くの方がパーマを考えるわけです

変な頭への地獄の入り口とは知らずに。。。w

 

 

縮毛矯正した髪の毛へのパーマは危険?!

 

 

縮毛矯正がかかってるけど
いつも同じで飽きたのでパーマをご希望の方です

このブログでは過去にも
縮毛矯正してある髪の毛へのパーマの施術例も
たくさん載せてますから
それらを見てご来店いただいたわけで
ありがとうございますなのですが

基本的には
縮毛矯正がかかった髪の毛には
パーマするのではなく
ご自身でコテで巻くことをお勧めしています 苦笑

 

ってのは、単純にそっちの方がキレイだからです

インスタや雑誌のモデルの動きのある
イケてるスタイルはほとんどコテで巻いてるわけで
それはヘアスタイルのクオリティが
パーマなんかより高くなるからに他なりません
(ツヤも出るし形も自由自在)

 

しかも、縮毛矯正して髪の毛のクセをなくしたのに
今度はパーマでクセを作ろうってんですから
髪の毛からしたら意味不明で結構負担なわけですよ。。。

下手したらバサバサになることもありますから
そんなリスク追うなら
巻いた方が間違いはないわけです

 

失敗したらマジでこうですからね 苦笑

 

 

こんなん地獄でしかありませんから
無理してパーマするのは控えましょう

 

ということでお帰り下さい。。。

 

 

 

 

 

 

ってわけにはいかないでしょう w

そんな巻いてる時間ないんだよ!
うまく巻けないんだよ!
って気持ちもわかりますからね

そんな方は多少カールのクオリティは下がりますが
パーマがいいと思います
(基本的に矯正かけた髪にはデジタルパーマ)

 

とはいえ、髪の毛の痛みがあまりに強いところに
パーマすると、まじで上のような
チリチリになりかねないので
かけずにお帰りいただくこともあり得ますが。。。
(実際に年に数人いらっしゃいます)

 

 

 

 

お客様の場合
縮毛矯正により痛みがないわけでは
ありませんでしたが
パーマがかからないほどの痛みではなかったので
かけさせていただきました

 

ねじって乾かして
スタイリングオイルつけただけ

デジパーってスタイリング剤使わなくても
カールが再現できるのですが
やはりつけた方がきれいだし
矯正毛にパーマはパサつきが残っちゃう場合多いので
なんかつけることをオススメします

 

 

ってことでまとめると

縮毛矯正がかかった髪の毛に動きが欲しい場合は
コテで巻くことをオススメします

しかし、そんなんやってられねーよ。
って方は多少のクオリティダウンは
許容していただいて
パーマはいかがでしょうか?

痛みがあまりに強いと無理ですけどね

そんな時はやっぱ巻いてください

まずはご相談ください

ってことです

 

 


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です