知らないとまずい!縮毛矯正で根元がザラつくとき【根折れ】の対処法

こんにちは!
小田急相模原駅 徒歩2分
座間市の美容室
LUCK(ラック)相模原
くせ毛パーマ美容師 イシカワです!!

 

 

縮毛矯正の失敗といえば

クセが伸びていない
あまりに不自然
カッパ などがありますが

 

そんな中でも大失敗といえば

「ビビり毛」

 

髪の毛の体力の限界を超え
チリチリになってしまう現象

 

こうなってしまっては切るしか
治す方法はないので
やってはいけない大失敗なのですが

さらにヤバイ失敗

 

 

 

「根折れ」

 

だいたい縮毛矯正の1剤を根元付近につけすぎてしまう
ことが原因で起こる大失敗なのですが

このように
カクって髪が折れちゃってる状態。。。

 

 

 

クセが強い人の場合
ストレートとの境目が折れたように見えることも
ありますが

あからさまにカクってなってしまっているのは
根折れって言う失敗です

触った感じ根元がザラつくことで
気づいたりするんですが
根折れして何がまずいかというと
折れた部分で髪が千切れちゃうちゃう可能性があるってことです

 

折れた部分で髪が千切れるってことは坊主ですからね 苦笑

 

治すのに年単位の時間がかかるし
坊主ってさすがにつらいです。。。

そんな根折れのご相談をいただくこともあるのですが
根折れしてしまったときの対処法は

 

 

伸びるのを待つ

残念ですがこれしかないです

 

根折れした部分は自然に治ることはまずないので
もう一度縮毛矯正をして
折れた部分を元に戻す必要があります

しかし
頭皮にかなり近い部分で折れてるわけですから
薬剤もつけられないし
アイロンも折れた部分をはさめないわけです

ということで
伸びるのを待って
薬剤がつけられアイロンもできる状態にする必要があり

それがだいたい
1ヶ月半から2ヶ月くらい

その期間は我慢するしかないということです。。。

 

さらに
根折れしてるってことは
基本的に強いダメージを負ってますから
もう1度縮毛矯正するって結構危険です

 

個人的に思うことですが
根折れしてしまった場合

そこの美容室に問い合わせて
治してもらうのって危険だと思います

なぜなら

根折れのほとんどの原因は
頭皮付近への薬剤の塗布なわけで

それが起きないように
縮毛矯正の薬剤の塗り方で
根元1センチ~1.5センチあけて塗るのなんて

初歩中の初歩

 

それをしないなんて
だいぶいい加減。。。もしくはアホです

 

ホームカラーの繰り返しや
脱色してたりで
元々ダメージが凄まじい状態での
縮毛矯正ならそのリスクは増えて当然なのですが

それはそれで考えてやるし
もしくはリスクを避けてお断りするのがプロってもんです
(リスクを承知の上それでもやりたいって言って失敗したら自己責任だけど)

 

なので根折れしてしまったら

 

・1ヶ月半から2ヶ月くらい伸びるのを待つ

・その際に千切れちゃったりしないように
丁寧に扱う

・よーく調べて信頼できる美容室、美容師に相談する

 

これしかないです

 

根元が折れているのは縮毛矯正の失敗です!


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です