伸びてきたくせ毛部分との【境目が気にならない】縮毛矯正のかけ方

こんにちは!
相模原、座間エリア
くせ毛美容師 イシカワです!!

 

 

縮毛矯正という技術は
クセ毛を伸ばすメニューなのですが

ご存知でしたでしょうか?

 

実はクセ毛を

しっかり伸ばせば伸ばすほど
ヘアスタイルのもちは悪くなります 苦笑

 

 

美容師が親切にも
クセをしっかりと伸ばしてくれたおかげで
持ちが悪くなる
というよくわからない状況。。。 苦笑

 

というのは

しっかりクセを伸ばすと
新たに生えてきたクセ毛部分と
かけたストレート部分との
境目がはっきりでちゃうからでありますよ

 

 

根元はうねうねしてるのに
かけたところから急に
ストレートになるわけですから
少し不自然なスタイルになっちゃうわけです

要はヘアスタイルとしての
もちは悪いということ

 

まぁそうなったら縮毛矯正の”かけ時”
ってやつなんですが
なるべくもちをよくしたい。
ということもあるでしょう

 

なのでそんな方に
伸びてきたクセ毛部分との
境目をなじませる方法として
オススメしているのが

クセを伸ばしすぎない
(ゆるくかける)

といった方法です

 

 

当たり前なんだけど
もともとのクセ毛と
あまりギャップをつけちゃうから
伸びてきたときに気になるわけで

あまりギャップをつけなければ
なじんじゃうよね。ということです

 

ケーススタディ

 

 

例のごとく、クセのせいで
広がってしまうので縮毛矯正したいけど
伸びてきたときの境目が気になる
というお客様です

 

縮毛矯正をかけたら
楽になるってのはわかってるようですが
やっぱり伸びてきたときの境目が気になる。。。

 

ってことで
ゆるめのストレートをご提案

やはり、クセがしっかり伸びるわけでは
ないのですが
現状よりは、かなり広がり抑えられるし
扱いやすくなるのは間違いないし

ゆるめならダメージも比較的おさえられます

 

そして、そもそもクセ毛の方って
「髪の毛ストレートにしたい」っていうより
「セットを楽にしたい」って方も
けっこう多いですからね

 

もちろん
ツヤツヤのサラサラストレートにしたい人や
クセをしっかり伸ばさなければ
スタイルにならないクセ毛の方も
いらっしゃいますので

そんな方々に”ゆるめの提案”
迷惑でしかありませんから
全員に当てはまるわけではないのですが

縮毛矯正の1つのかけ方として
覚えておいていただくと良いのではと

 

 

 

8割矯正といったところでしょうか

ご覧の通り、クセがしっかり
伸びてるわけではないのですが
広がりもおさまったし扱いやすいと思います

 

境目の気になる方はぜひ参考に

 

縮毛矯正の正しい頻度?デメリット?失敗しない方法が全てまるわかり【縮毛矯正解体新書】


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です