痛みでギシギシの髪の毛へのパーマで【失敗しない秘伝の方法】を伝授?!

こんにちは!
相模原、座間エリア
くせ毛美容師 イシカワです!!

 

 

さて、今日はさっそくの施術例

 

 

縮毛矯正と毛先にパーマ
ご希望のお客様

 

クセ毛で広がってしまうから縮毛矯正

しかしそれだと
人によっては動きのないおかっぱ頭に
なりがちですから
毛先に動きをつけるパーマを同時施術

お店によってはストカールとかストデジとか
言ったりしますが
スタイリングも楽になることが多いし
それなりに需要のある技術であります
(このブログでもその施術例は多く載せています)

ということで、お客様にも
その素晴らしい技術を
ほどこしていきたいところなのですが
1つ問題がございます

それは

 

毛先がご臨終されている
ということです。。。

 

実は他店で前回も
根元の縮毛矯正と毛先のパーマを
やられたようなのですが
うまくかからなかったとのこと。。。

しかし、大変失礼かもしれませんが
それは上手くかからなかったというか
髪の毛が痛みによりご臨終されたわけです

 

原因は”無理にパーマをかけたから”に他なりません

髪の毛がご臨終される理由って
美容師の技術の問題ではなく
やっていいかの判断を間違う場合がほとんどで

残念ですけど、前回は
その判断を美容師があやまってしまった
というわけです

 

で、さらに残念なお知らせですが

ご臨終した髪の毛にパーマなんてのは
もってのほかであり
そんなことを考えようもんなら
ケンシロウに言われちゃいますよ

お前はもう死んでいる。。。って

そしたら「あべし。」ですから
髪の毛もとんでもないことになるのは
目にみえています

 

ちなみに、お客様の髪の毛に対して
『ご臨終。死んでいる。』
こんな事を言うのなんて失礼だ!

と感じる方もいると思うのですが
事実を隠して無理にパーマをかけて
チリチリ頭にする方が失礼かと思うので

僕は事実はハッキリと
お伝えさせていただきたいと思っております
(ヤバい頭になって辛い思いしてる人たくさん見てきたので)

 

痛みでギシギシの髪の毛へのパーマで【失敗しない秘伝の方法】を伝授?!

なんてタイトルにつられて
読んでしまった方には大変申し上げないのですが
失敗しない方法は『かけない』でございます w

 

では、毛先がご臨終していて
パーマができないのなら
肩上くらいまで短く切ればいいのでないか?
という話になるのですが

その長さ(肩上)でのパーマなんて
広がりたい人以外やってはいけません 苦笑

 

広がるから縮毛矯正してるのに
ボリュームの出るパーマをかけるなんて
せっかくキンキンに冷やしたビールを
常温に戻してから飲むようなもので

要するに髪の毛からしたら
意味不明なわけです 苦笑

 

ですから縮毛矯正とパーマの両立は
ミディアム〜ロングが現実的でありますよ

長い状態の毛先にのみパーマをかけるのが
ストカールの基本

 

ということは、お客様の場合
おのずと”パーマは不可能”という
ツラい現実が導き出されます。。。

申し訳ありませんが
変な頭にならないためには
受け入れなくてはならない事実であります

 

という事で
パーマは諦めていただき
縮毛矯正だけさせていただきました

 

 

ご臨終した毛先には
無事に成仏していただき
手触りも回復いたしました

とはいえ縮毛矯正をかけているわけですから
痛んでないわけじゃないし(てか痛んだ)

これからの扱い方次第では
またまたジリジリになっゃうこともありますから
普段から髪の毛の扱い方には
気をつけましょうね

そしてパーマをかけたくなったら
その時の状態次第ではやはり難しいですから
冷静な判断ができる美容師
お願いするようにしましょう

 

 

【絶望的?!】パーマ失敗でバサバサボンバーヘッドの修正施術例

【量をすかないで】ってお願いして変な頭になった人の修正施術例

【修正施術例】不自然な縮毛矯正を自然にする4つの方法

【パーマ失敗の修正】パーマの失敗が確定する2つの大罪?!

縮毛矯正で根元ジョリジョリの失敗【根折れ】の修正施術例


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です