【パーマ失敗の修正】パーマで失敗される前に読むことを祈ります。

こんにちは!
小田急相模原駅 徒歩2分
座間市の美容室
LUCK(ラック)相模原
くせ毛パーマ美容師 イシカワです!!

 

 

パーマの失敗でよくあるのが

・かけたら広がってしまった

・大きいカールが欲しかったのに
ただのジリジリの細かいウェーブになってしまった

 

ってのがあるのですが

 

それって
そもそもパーマかけてはいけない髪の毛に
パーマをかけるからそうなるわけです

 

ロッドや薬剤などの選定ミス
美容師の腕
パーマのかけ方うんぬん

っていうか
それ以前の判断の問題

 

例えば
広がる髪質にパーマしたら
当然広がるし

ダメージが強い髪の毛にパーマしたら
ジリジリの細かいウェーブになるのは当然

 

そんな

先日のお客様です

⇓ ⇓ ⇓

 

 

大きいゆるふわの動きがほしくて
パーマしたみたいなのですが

ジリジリのジコジコの
広がりまくりのスタイルに。。。苦笑

ゆるふわどころか
もはやヘアスタイルではありません

お風呂にあったら
バスマジックリンつけて
湯船をゴシゴシしてしまいそうなくらいです 笑

 

 

そもそもパーマをかけてはいけないような髪の毛に
パーマをするとこうなる

といういい例です

 

まず

お客様の髪の毛は
細かくうねるクセ毛だし(広がる髪質)
そこにパーマしてもいい結果は望めません。。。

 

広がる髪質 + パーマというボリュームが出る施術 = もっと広がる

ただの足し算です

 

 

次にヘアダメージ

ところどころブリーチを使った
ハイライトが入っています

ブリーチと言えば
髪の毛を手っ取り早く終わらせるにはもってこいの
強ダメージの薬剤

それだけ傷みがある髪の毛にパーマも
キレイにかかる理屈がありません

 

さらにこれ

 

 

スッカスカにすきすぎ。。。

こんな毛先ペラペラなところに
パーマしたら
ジリジリになるのは当たり前

 

扱いやすくなるように
どうにかしてくれ

とのことなのですが

正直どうにもならないです。。。

 

まずジリジリにパーマがかかっている部分と
すきすぎな部分は切るしかないし

細かいクセもあるので
扱いやすくするためには
縮毛矯正でクセを伸ばしたいのですが

 

やっかいなのが

ハイライト。。。

 

みなさん気軽にハイライトとか
いれちゃいますけど

さっきも書きましたが
強ダメージです

そしてそのダメージがムラムラ

 

全体的に傷んでいるより
実はこのムラの方がたちが悪い

 

全体的に傷んでいるなら
そのダメージに合わせた薬剤選定ができるのですが

ダメージがムラだと
それができない

 

ダメージが強い部分に薬剤を合わせれば
あまりダメージがないところは薬剤が反応しない

逆に
ダメージがないところに合わせると
ダメージが強い部分はチリチリです

 

なのでハイライトをいれると
完ぺきな縮毛矯正は無理

って思ってください

 

ってことで

扱いやすくするためには短く切る必要があるし
クセの伸びに関しては
完ぺきは難しいってことを了承いただき

 

仕上がりはこんな感じ

⇓ ⇓ ⇓

 

 

乾かしただけですけどね

やっぱクセの伸びはイマイチ。。。

しかし ハイライトを入れている場合
このくらいは妥協していただくほかないです

 

じゃなきゃ美容師なんてやってらんないのが
本音です 笑

 

ダメージがムラだと
キレイな縮毛矯正なんてそもそも無理だし

しっかりクセを伸ばすために
強めの薬剤使って
チリチリになっちゃうよりはマシかと。。。

 

とは言え

 

 

これよりは数段扱いやすいかと思います

 

 

 

ってことで

「髪質や髪の状態的に無理なこと」

「気軽なハイライト」

 

この2つには十分気を付けてください

 


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です