【後悔しないために】縮毛矯正をかける前に確認したい5つのこと

こんにちは!
相模原、座間エリア
くせ毛美容師 イシカワです!!

 

 

・クセで髪の毛が広がりまくりでおろせない
・爆発しちゃって毎日大変

そういったお悩みを聞くと
縮毛矯正かければいいのに
って思うことが多々ある反面
(クセを効果的に伸ばすことができる唯一の方法なので)

かけちゃっていいの?
もう少し考えてからにしたら?
と思うことも正直少なくはありません 苦笑

 

というのも
縮毛矯正って基本的にかけたらとれないし
クセ毛の悩みを解決してくれる
素晴らしい技術ではあるのですが
かけて後悔。。。なんて方がいるのも事実ですからね

ということで今回は
『縮毛矯正をかける前に確認したい5つのこと』
ってのをお贈りしたいと思います

 

縮毛矯正ってクセをまっすぐにできるので
メリットもたくさんあるのですが
万能な技術ってわけでもないし
あまりに期待されても困りますからね 苦笑

 

後悔しないために縮毛矯正をかける前に確認したい5つのこと

 

髪がハネるのを治す技術ではない

「髪の毛がハネるから縮毛矯正」

そう短絡的に考える方もいらっしゃるのですが
さっきも書きましたが
縮毛矯正はクセをまっすぐにする技術であって
ハネるのを治す技術ではありません

たとえば「肩で当たってハネる」

これって肩に当たる長さだから
ハネているわけですから
縮毛矯正をかけようが肩に当たったら
まず間違いなくハネます

物理的に肩に当たったらはねるのは当然

 

生え方 分け目は変えられない

よくあるのが
「前髪が割れるので縮毛矯正でどうにかできないか?」

前髪の割れや分け目ってのは
生え方(毛根の向き)ですから
生えている髪の毛に作用する縮毛矯正では
どうにもできません。。。

 

ツヤを出す手触りを良くする技術ではない

縮毛矯正って
クセ毛がストレートになるので
結果的にツヤも出るし手触りもよくなりますけど
それを求めてやるもんではありません

たまにツヤが出るからと
トリートメント感覚で
矯正しようとする人がいらっしゃいますが
繰り返したらツヤどころかチリチリジコジコです

 

痛む

ダメージレスな縮毛矯正
をうたうサロンであったり
アイロンを使わない縮毛矯正だったり

最近では縮毛矯正ではないですが
「酸熱トリートメント」っていって
多少クセが伸びる施術もあるのですが
ダメージが全くないことはあり得ないですよ

酸熱トリートメントで
バサバサになったって話もでてますからね

担当の美容師や施術内容によって
誤差はありますけど
クセが伸びたら確実にダメージは負ってます

まぁダメージとキレイに見えるかは別ですど
全く痛ませたくなかったら
やってはいけない技術です

 

パーマがかけられなくなる

これは髪質やダメージ具合など
ほかの要素も関係あるのですが
1度縮毛矯正をするとパーマが難しくなります

このブログでも縮毛矯正がかかった
髪の毛へのパーマの施術例を
たくさん載せていただいてますけど

みんながみんなできるわけじゃなく
下手にパーマしたらチリチリジコジコですよ 苦笑

髪質によっては(痛みやすい人とか)
縮毛矯正を1度した時点で
髪の毛の余力がなくなっちゃいますから
パーマは不可能です

 

ってな感じで
縮毛矯正の特徴や性質を
このくらいは最低限確認しておきたいところです

 

髪の毛はねるから
縮毛矯正かけたのに
結局はねてんじゃねーかよ!

傷まないって聞いてやったのに
いつの間にか毛先バサバサ。。。

パーマかけれないいて聞いてない!

 

ってのはもはやあるあるです

 

縮毛矯正ってクセ毛にとってなくてはならない
技術ですが、それらを理解してないと
後悔することもありますからね

正直安易にかけるもんじゃないです。。。

 

とはいっても
縮毛矯正かけるとセットが楽になったり
悩みを解決するためには欠かせない技術ですから

後悔しないためにも正しい知識をもって
縮毛矯正かけましょう

 

縮毛矯正の正しい頻度?デメリット?失敗しない方法が全てまるわかり【縮毛矯正解体新書】


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です