縮毛矯正かけるなら【明るめのカラーは禁止】な理由!変な頭にならないための基礎知識

こんにちは!
小田急相模原駅 徒歩2分
座間市の美容室
LUCK(ラック)相模原
くせ毛パーマ美容師 イシカワです!!

 

 

縮毛矯正をかけている方
これからかけようと思っている方

そういった方は基本的に

明るめのカラー
ハイライトを入れたカラーは禁止です

 

まあ結局は個人の自由なので
好きにしたらいいと思うのですが
後で後悔しても知らないよ?という話です 苦笑

 

髪の毛はどうにかなってしまってからでは
もはや手遅れ

ダメージでバサバサ
短く切られすぎた
スカスカにすかれすぎた

など
これらすべてもう手遅れです

 

ダメージは何しても治ることはないし
髪の毛がいつも以上のスピードで伸びることもありません

なのでどうにかなる前に
知識を磨き
自分の髪の毛を自衛する必要があるわけです

 

「知らなかった」

なんてのは残念ですが免罪符にもなりません。。。

 

だって変な頭になっちゃったら
もう手遅れなんだから 苦笑

いくら変な頭にしやがった美容師を
恨んでも
髪の毛が元通りになるわけでもないですからね

 

たまに
美容師の失敗で
髪の毛がチリチリになってしまい

責任を取る意味で
トリートメントを無料で差し上げたり
サロントリートメントを髪が伸びるまで
無償サービス

なんてのを聞きますが
結局のところ泣き寝入りです

だって髪の毛はチリチリになったら
何しても治ったりしないですから。。。苦笑

 

なのでこんなブログを書いて
皆さんに変頭にならないための
知識を養ってもらいたいわけです

 

縮毛矯正したら明るめのカラーは禁止な理由

 

なぜ縮毛矯正をかけている方は
明るめのカラーや
ハイライトを使ったカラーが禁止なのかというと

単純な話で

髪の毛が痛むからです

 

クセが伸びればどんな頭でもいいなら別ですが
縮毛矯正をかけると
美しい状態を保つためには
ある程度ヘアスタイルは限られてくるのが事実ですが

やはり人間ですから
飽きてきますよね

 

憧れのつやつやのロングヘアーに
なったとしても

そのうち毛先にカールが欲しくなったり
ばっさり短くしたくなったりするわけですよ だいたい

 

そんなときに
髪の毛が痛んでいると叶わないわけです

 

髪の毛のダメージが強ければ
毛先のパーマなんてもってのほかだし

短くするにも
クセ毛の影響を受けやすくなるし
すでに縮毛矯正がかかった部分が毛先になるので
カッパみたいに毛先ツンツン

ということは再度縮毛矯正をかけなければならないのに
痛んでいては無理なわけです

 

カラーのダメージを皆さん軽視してますけど
見た目以上に痛んでいたりしますからね

確かに以前に比べれば
昨今のカラー剤は優れていますが
やはりダメージゼロではないし

パーマかけたらバサバサになちゃった

って声も多いですが

 

それパーマのせいというか
カラーによるダメージの蓄積ですよ

そもそもパーマかけてはいけない髪の状態に
パーマかけたんだからそりゃそうでしょ

ってことが多々あります

 

ダメージレスなカラーはない?!

 

そしてカラー剤が優れているおかげで
アホな美容師が増えたのも事実です 苦笑

 

最近のカラー剤は染めると
手触りよくなるので
(感触向上成分のおかげ)

マジでダメージゼロって思ってる奴もいるし
染めれば染めるほど髪の毛にいいって
本気で思ってる奴もいます

アホとしか言いようがありません

そいつの脳がアホで染まってます 笑

 

髪の毛が染まるってことは
同時に脱色もしているわけで
黒の色素破壊してるわけです

髪の毛の中破壊してるのに
ダメージゼロなことがあろうことか。。。

 

ということで
縮毛矯正をかけている方
これからかけたい方は

カラーの明るさには気を付けてくださいね

明るければ明るいほど
痛むのは変えられない事実

そしてあまり痛んだ髪の毛に
パーマも縮毛矯正もきれいにかからない

ってのも変えられない事実です

 

逆に言えば
髪の毛が痛んでなければ
いろいろできるわけですが

明日に続く。。。

 

 

 

 

 


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です