【マジでこれしかない】広がりまくるクセ毛が美しいパーマをする方法

こんにちは!
相模原、座間エリア
くせ毛美容師 イシカワです!!

 

 

さて本日はタイトルにある通り

「広がりまくるクセ毛の人が
美しいパーマをする方法」

これを伝授したいと思います

 

 

ちなみに美しいってのは
あまりに抽象的

”美しさの定義”は人それぞれだし
一般的に美しいと言われるものであっても
好みの問題もありますからね

なので今回の美しいパーマは
”コテで巻いたようなリッジやツヤを感じる
大きいカールのあるスタイル”
ということでよろしくお願いいたします

 

こんな感じの

 

 

こーゆーの求める方多いですし
広がるクセ毛であれば
一度は憧れるヘアスタイルでありましょう

 

そしてまず、初めに言いたいのが
期待に胸を膨らませているところ
申し訳ないのですが
それなりに難易度高いですよ
ということ。。。

 

残念ですが
気軽に出来るものではありませんから
今日明日にでもパーマを予約している。
なんて方はまずはこの記事を読んでいただき

そして場合によってはキャンセルすることを
おすすめいたします 苦笑

 

 

【マジでこれしかない】広がりまくるクセ毛が美しいパーマをする方法

ということで、初めに
広がるクセ毛にパーマをかけるとどうなるか?
を考えていきたいわけですが

考えるも何も
余計に広がるに決まっているでしょう 苦笑

 

 

広がる髪の毛に
少なからずボリュームの出る技術
であるパーマをかけたら
余計に広がるのは当然の話。

1+1=2 苦笑

小学生でもわかる
シンプルな話でございます

 

もちろんクセ毛具合によっては
毛先のみなら広がりは最小限。
(根元からかけたらボンバーヘッド確定)

スタイリングはする必要はありますけど
おかしくはないパーマスタイルを
することも可能でありましょう

 

しかし今回目指すのは
コテで巻いたような大きいカール

 

 

そしてこれは知っておいていただきたいのですが

クセ毛の上にパーマをかけたら
クセをかき消して
巻いたまんまの動きができるわけじゃなく
クセ+パーマの動きになるわけです

 

なので
求めるツヤのある大きいカールとは
違った雰囲気になりますから
正直、理想とはほど遠いヘアスタイルが
完成することでしょう 苦笑

 

じゃあどうしたら
広がりまくるクセ毛が
美しいパーマスタイルを
手に入れることができるのかといったら

一度縮毛矯正をかけてクセをとり
その上からデジタルパーマ

これしかありません

 

今回、理由は割愛しますが
縮毛矯正がかかった髪に美しくパーマをかけるなら
デジタルパーマの1択

広がりがおさまるパーマなんてないわけだし
そもそも広がっている原因がクセ毛なのだから
そのクセをどうにかしないことには
始まらないわけですよ。。。

 

縮毛矯正かけた髪の毛にパーマって
かけられるの?

てかお前このブログで
矯正した髪にパーマは危険だからやめておけ
とか言ってるじゃねーかよ!?

 

 

とのリアクションをありがとうございます w

だから冒頭にて
”難易度が高い”
ということを言ったのですよ

 

確かに縮毛矯正がかかっている時点で
それなりに髪の毛はダメージしますから
そこにパーマなんて
下手したら毛先はご臨終であります。。。

 

そうならないためには
まずはなるべく痛まないように
縮毛矯正をしてもらい

そして実際にあまり痛んでいない
状態の良い髪の毛が必要なわけ
(やりがちだけどホームカラー、ハイライト
明るめのカラーとかしていたら基本無理)

さらに、昨今の世の中の流れとしては
コテやアイロンを使って
スタイリングするのが主流であり
パーマの需要は年々減っているのが現状です

 

 

ということは
パーマのお客さんが少ないんだから
美容師のパーマの経験値も
下がっているということです

 

最近の若い美容師なんて、流行りもあり
派手なカラーばっかりお客さんに
やっているでしょうから
パーマの巻き方もよくわからない。
なんてことも少なくありません 苦笑

 

そんな中
パーマの経験が豊富な美容師を
見つけ出す必要がありますから
これを”高難易度”と言わずに何というか。。。

 

ってことで

・低ダメージな縮毛矯正
・実際に痛みの少ない髪の毛
・パーマの経験が豊富な美容師

この3つが広がるクセ毛が
美しいパーマをかけれる条件であります

 

どれか1つでもかけていては
パーマして後悔する恐れがありますから
そんな方は、とりあえず予約のキャンセルを
お願いいたします。w

 

ケーススタディ

 

 

こちらの方は約5ヶ月前に
縮毛矯正をさせていただきました

 

クセ毛が広がり抑えたければ縮毛矯正一択なわけ

 

自分で言うのもなんだし
実際には触ってもらわないと
分かることではないのですが

極力低ダメージになるよう
縮毛矯正させていただいております

 

縮毛矯正ってちょー簡単に言うと
薬剤を強くすればクセはしっかり伸びるけど
弱くすれば伸びがあまくなる可能性が
高くなるのですが

ここで美容師の中で
クセの伸びがあまくなるのは嫌だから
強めの薬剤にしようか?
痛むのが怖いから弱めの薬剤でいこうか?の
葛藤があるわけです

(実際には薬剤の種類に強さ、放置時間、アイロン操作
アイロン前の水分の残し具合などなど
もっと複合的に考えるわけですが)

そんなとき僕は
クセの伸びがあまくなる可能性があったとしても
弱めの薬剤でやるように心がけております

 

なぜなら

髪の毛の痛みって
痛んだら何しても治ったりしないけど
クセの伸びがあまいなら
かけなおせば良いだけだからであります

”かけなおせば良い”など
語弊があるかもしれないし
お客様に手間をかけさせてしまうので

そうならないように最善は尽くしますし
もしクセの伸びがあまかったら
大変申し訳ございません。
喜んでお直しさせていただきます。
なのですが

どちらかといったら
そっちの方がマシでしょうってこと

 

無理したら、毛先とかこうなので 苦笑

 

 

それが、僕の縮毛矯正が低ダメージだ
という証拠になるわけではないのですが

少なくとも
「ウチの薬剤は〇〇なので痛まないんです〜」
みたいな、はぁ?なこと言ってる美容師よりは
薬剤の危険性を熟知していますから
信頼していただけるのではないでしょうか?苦笑

 

そして、お客様の場合
無茶なカラーをしているわけでもなく
定期的に白髪染めをしている程度で
実際触った感じは
そこまでのダメージを感じません

そんでもって
これまた自分で言うのもなんですが
普通の美容師や
カラーに特化している美容師に比べたら当然
縮毛矯正やパーマの経験が豊富と自負しております

であればこの通り

 

 

乾かしただけですが
広がるクセ毛でも
美しいパーマは再現可能なのです

 

もちろんコテで巻いたり
もともと直毛の人が
パーマかけた方が美しい
という残酷な真実はありますが 苦笑

普通にパーマをかけてら
ただ余計に広がっておしまいですので
一度縮毛矯正をかけてクセをとり
その上からデジタルパーマ

 

これを検討いただけますと
幸いでございます

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です