【縮毛矯正のよくある勘違い?!】矯正かけるとツヤツヤになる理由

こんにちは!
相模原、座間エリア
くせ毛美容師 イシカワです!!

 

 

・トリートメントは髪を補修する(治す)
・パーマはセットが楽
・値段が高いカラーは痛まない
・たくさんすくと軽いヘアスタイルになる
・いいシャンプー使ったら髪質良くなる

などなど

いくらでもあるんですが
美容について多くの方が
常識だと思っていることって
実はだいたい勘違いです 笑

 

ひとつひとつ細かく書いていきたいのですが
簡単に答えだけ言うと

・トリートメントは髪を補修する(治す)⇒手触り良くなるだけ
・パーマはセットが楽⇒髪質とその人の性格による
・値段が高いカラーは痛まない⇒値段関係なく痛まないカラーはない
・たくさんすくと軽いヘアスタイルになる⇒段差を入れないと軽くはならない
・いいシャンプー使ったら髪質良くなる⇒何しても髪質は変わらない

 

まぁ勘違いが悪いわけでもないですけどね

同じ魚食べるにしたって
中国産って言われるより北海道産って
言われたらうまく感じるように

1万円のカラーと3千円のカラーだったら
1万円のカラーの方が
実際ダメージ少なく感じますから
それはそれで満足できるならいいことだと
思いますしね

 

ただ
危険な勘違いもありますから
気を付けましょう

というのが今回の記事

 

危険な勘違いケーススタディ?!

 

 

約2年ほど定期的に
縮毛矯正させていただいている方なのですが

縮毛矯正をしていなかった頃に比べると
「髪の毛のダメージをあまり感じなくなった」
とのことで
それはそれで良かったのですが
残念ながらものすごい勘違いです 苦笑

 

以前はカラーだけでしたが
今ではカラーと縮毛矯正を
定期的にしてるわけですから
当然薬剤でのダメージは増しているわけです

自宅での髪の毛の扱い方も
特別変わったわけではないみたいですし。。。

 

ではなぜそう感じるかと言うと
簡単な話なのですが
クセ毛がストレートになったからでしょう

 

クセ毛ってのはクセの種類にもよりますが
手触りも悪くツヤも出にくいので
ダメージあまりしていなくても
ダメージしてるように見えてしまうわけです

辛すぎるクセ毛あるある 苦笑

 

「毛先のダメージが気になるんです」って言うけど
髪質で手触りが悪いだけで
そんなに痛んでないですよってクセ毛の方多くいます

 

ということは
クセ毛で手触りが悪いのであれば
クセを伸ばせば手触り良くなりますからね

なので
縮毛矯正でクセを伸ばせば手触りが良くなるし
ツヤも出ちゃいますから
ダメージをあまり感じなくなる方も
少なからずいるわけですね

 

とはいえ実のところは
薬剤を使ってクセ毛を伸ばしているので
思いっきりダメージしております 笑

なので不必要に繰り返してかけたり
髪の扱い方が散漫になってしまっては
いつかバサバサになって
手触りも見た目も悪くなっちゃいますからね

ダメージを感じなくなったかもしれませんが
それは危険な勘違いですから油断は禁物ですよ
ということをお伝えしたい

 

ってことで
今回も当然リタッチです
伸びてきクセ毛部分の縮毛矯正

 

 

 

乾かすだけでこんな感じに
ツヤも出てキレイに見えますが
確実にダメージはしてます

 

まぁ見た目のキレイさと
ダメージ具合ってのは別ですから
多少痛んででも
縮毛矯正することにより
キレイに見えるんなら僕はけけることを
オススメするのですが

 

ただ

ダメージが強すぎると
キレイに見せる事もできなくなっちゃうので
ダメージの管理には
今後ともお気を付けください


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。