キレイな髪の毛を保つために【あまり美容室に行かない方が良いw】理由とは?!

こんにちは!
相模原、座間エリア
くせ毛美容師 イシカワです!!

 

 

「美容院ってどんなところ?」

って聞かれたら

髪の毛キレイにするところ
ってのが一般的なところでしょうか?

 

 

 

「美容院」ってググってみても

パーマ・結髪・化粧その他の美容術を施し
主に女性の容貌を美しく整えることを業とする施設。

って書いてます

 

確かにその通りだし、なるべくお客様が
キレイになれる場所って思ってもらえるように
努力するのが美容師の仕事でしょう

しかし美しくなっていただくためには
以下のことも知っておくべきことでしょう
(というこじらせた思想を持ってるのが当店です w)

 

美容室ってのは
”キレイにする場所”の反面

”髪の毛を痛めつける場所”
でもあるのです 苦笑

カラーやパーマや縮毛矯正で
髪の毛をこれでもかというほどに
痛めつける場所なのです 笑
(カット以外のメニュー)

 

もちろん痛んでいてもキレイに見えるなら
問題ないのですが

痛まないパーマも
縮毛矯正もカラーもないですから
あまりに繰り返してしまうと
目に見えて痛んでくるわけです

 

その証拠に

実は美意識が高く
まめに美容室に行く人ほど髪の毛痛んでる
ってあるあるです。。。苦笑

 

繰り返しますが
痛んでいてもキレイに見えることが
大事なので
問題ないっていえば問題ないし

もちろんカットだけや
カラーなら伸びてきた根元だけってんなら
尚更問題ないです

それならダメージは最小限ですからね

 

 

しかし、その素晴らしい美意識ゆえに
月1美容室で毎回全体染めや
細かい周期でのパーマなどをしていると
髪の毛は気が付いたらバサバサです。。。

 

そのためのヘアケアだったり
トリートメントなんでしょうけど

トリートメントしても
ダメージがなかったことにはならないですし
ダメージは蓄積されますからね

 

するとそのうち
パーマもうまくかからなくなるし
カラーの色もちも悪くなりますし
キレイに見えにくくなる。。。

 

そうなんです

美容室なんて
あんまりしょっちゅう行くもんじゃないのです 笑

 

 

ケーススタディ

 

美容室は半年ぶりですけど
パーマも残ってるし、まだまだいい感じ

半年ぶりってことは
もちろんパーマやカラーでの
薬剤ダメージも少ない状態です

 

ダメージが少ないと
パーマのもちも良くなるし
ヘアスタイルとしても
キレイに見えやすいわけですね

 

しかし今回は
さすがにそろそろドライヤーも大変だし
少し短くしたいってことで
切らせていただきました

切ったらパーマがほとんど
なくなっちゃうんで

またパーマさせてもらってこんな感じ

 

 

薬剤ダメージは少ない髪の毛ですから
パーマもきれいにかかります

テキトーに乾かしてもプルンプルン!

 

のように

キレイなヘアスタイルを作るためには
こまめに美容室に行けばいい
ってものでもないですからね
(シュートならこまめに行きましょう)

薬剤を使うメニューの頻度を
見直すのも大事です

 

とはいっても
半年はやっぱあけすぎなので
もう少し早く来てください 笑

 

間に1度カットだけすると
セットもしやすくなりますからね

4カ月に1度はカットさせていただきたいところです

 


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。