パーマする際に温めたり温めなかったりする理由

こんにちは!
相模原、座間エリア
くせ毛美容師 イシカワです!!

 

 

パーマのお客様を
担当させていただくことも多いのですが
たまに聞かれることがあります

「温めないんですか??」

 

こんなやつですよね

↓ ↓ ↓ ↓

 

パーマだけじゃなくカラーなどの
薬剤を使った施術中に頭をあっためるやつです

僕はほとんど使わないのですが
決してめんどくさいとかではないです 笑

 

良く使う美容室もあるだろうし
僕もむかしは先輩に
「この薬の場合は機械であっためるんだよ」
「こんなときはあっためた方がいいよ」
なんて教わったりもしました

 

で、肝心の機械で頭をあっためる目的って
薬剤の浸透促進です

髪質によっては
薬剤が浸透しにくいとかありますから
そんなときに使うわけなのですが
これには弱点があります。。。

 

それは
場所によって温度が違う
ムラってやつです

だいたいこーゆーあっためる機械って
トップの部分(表面部分)ばっかあったかくなって

髪の内側やえりあし
ロングの方だったら毛先部分は
ほとんどあったまらないんですよね

ってことは
薬剤の浸透にムラができるわけです

薬剤の浸透がムラであれば
当然パーマのかかりや、カラーの染まりもムラになるし
ダメージもムラになります

 

そして”髪の毛のダメージのムラ”って
その後のカラーやパーマや縮毛矯正など
薬剤使う施術のさまたげにしかなんないですからね 苦笑

なので、僕はできるだけ
こーゆー機械使わないようにしているわけです

 

そもそも
薬剤の浸透が悪そうであれば
多少薬剤のパワーをコントロールすればいいだけだし。。。

弱い薬であっためるのと
強い薬であっためないのとでは
どちらがダメージするとかは正直わかりませんが

ダメージのムラになる

これは前者の場合考えられますからね

 

そんな理由で僕は
あまりあっためたりしないわけです

 

もちろんそれだけが正解じゃないと思いますし
それぞれの美容師に考えがあって
あっためたり、あっためなかったりすると思いますから

たまに聞くんですけど
あっためたから痛んだんだ。。とか
あっためなかったから、すぐに取れちゃったんだ。。。
なんてのは間違いで
(数ある要素の1つでしかない)

なんにせよ
美容師に技術のやり方に口出ししないことを
オススメします 苦笑

 

例えば
「すきバサミを使わないでください」

こー言った要望したことある方いると思うんですけど
すきバサミを使ったカットしか
できない美容師だったらどーするんですか? 苦笑

そんなこと言われたら
やったことないカット技法するわけですから
変な頭になるのは当然でしょう。。。

 

あっためるのも
あっためないのも
美容師の経験や知識があっての判断ですからね

 


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です