縮毛矯正をかけている方が短く切りたいときの切るべきタイミングとは?!読まなきゃ後悔必至です。。。

こんにちは!
小田急相模原駅 徒歩2分
座間市の美容室
LUCK(ラック)相模原
くせ毛パーマ美容師 イシカワです!!

 

 

縮毛矯正をかけている方って
基本的にロングが多いですよね

ロングの方が
まとまりやすく扱いやすかったり
ストレートのもちが良かったり
不自然にストレートなカッパみたいな頭になりにくいですからね

しかしずっとロングなのは
飽きてくるだろうし
乾かすのが面倒になってくるだろうし
短くしたくなる時もあると思うのです

 

なのでそんな時は
短くしちゃえばいいじゃない

って思うのですが
なにも考えずに短くすると
後悔すること間違いなしなので注意が必要です

 

縮毛矯正かけてる方が短くするときの注意点

 

まず縮毛矯正をかけている髪の毛を短く切ると
クセの影響を強く受けるようになります

ロングによる髪の毛の重さで今までまとまってたわけで
短く切ったらその重さがなくなりボンバーヘッド

ってのは良くあることです

 

さらにだいたいこうなります

 

 

毛先がツンツンのラインが出てしまい
お世辞にも美しいとは言えない状態

 

短く切るとほぼ間違いなく

根元はクセの影響を強く受け広がって
毛先はツンツンのカッパスタイルになるわけです

 

こうなったら神業レベルのカット技術の持ち主でも
どうにかすることは不可能だし
自分でどうにかセットするのも至難の業です

 

ということで
縮毛矯正をかけている髪の毛を
短く切るときは

 

もう1度縮毛矯正をするタイミングをおすすめしています
(矯正をやめてクセを生かしたい場合以外)

おすすめというかそうしてください

それか変な頭になってください。。。 苦笑

 

 

例えば先日の客様

 

 

半年ちょっと前に縮毛矯正を
かけさせていただいてます

コチラの方

↓ ↓ ↓

ロングからバッサリ内巻きの縮毛矯正ボブ!?

 

 

今回も短く切ろうかなってことだったのですが
そうなると縮毛矯正が必須

上に書きましたが
矯正しないで短くすると
とんでもない頭になることがかなりの確率で予想されます

降水確率でいうと90%
絶対降るじゃんってやつです

 

なので
風邪予防の手洗い
真冬の便座ヒーター
唐揚げにビール

くらい縮毛矯正は必須なわけです

 

しかしながらお客様的には
梅雨時期に縮毛矯正をかけたいとのこと。。。

それには僕も賛成で あと2か月くらいしたらそんな時期
梅雨時にのクセ毛の広がり具合といったら
見れたものではありませんからね 苦笑

クセ毛の梅雨時期の縮毛矯正といったら

うんちの後の手洗い
うんちの後のウォシュレット
下痢止めの正露丸

くらい必須ですからね 笑

 

ということで今回は
縮毛矯正しなくても広がらない
毛先が不自然にならない程度の長さってことで

↓ ↓ ↓

 

 

 

乾かしてこんな感じ

そこまで長さ切れなかったのですが
変な頭にならないためにご理解ください。。。

とはいえ軽い雰囲気になったと思います

 

この記事見てるあなたも
短く切るときのタイミングには気を付けてくださいね

 

乾かすのが大変!短くしたい!って気持ちもわかるし
なんか違う!こんな髪型やってみたい!
って理想のスタイルもあるでしょうけど

 

変な頭になるストレスは
それらの悩みを上回るものですかからね。。。苦笑

 


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です