【知らないとマズい?!】縮毛矯正とショートボブとの相性最悪は最悪?な件

こんにちは!
相模原、座間エリア
くせ毛美容師 イシカワです!!

 

 

「縮毛矯正かけてるけどショートボブにできますか?」
「ショートボブだけど縮毛矯正できますか?」

こういったお問い合わせは
少なくないのですが

結論から申し上げますと

普通にできます。余裕でできます。

 

ということになります

 

例えば

 

 

ボブっぽいのもありますが
これら全部縮毛矯正かけて
乾かしただけの状態です

インスタでブイブイいわせてる美容師と違って
神に誓ってヘアアイロンなどは使用しておりません w

嘘ついたら針10000000本
飲む覚悟で言いますが
元々直毛の方でもなく
クセ毛で広がってお困りだった方々です

でもご覧の通り
ショートボブでも縮毛矯正できるし
縮毛矯正かかっていても
ショートボブは可能なわけですよ

 

ケーススタディ

先日のお客様

 

 

定期的に縮毛矯正かけさせていただいてるのですが
例のごとく
今回は短くいっちゃいたいようで
「ショートボブとかにしちゃっても大丈夫ですか?」

とのことでした

で、まぁ問題ないわけですよ

 

 

クセも出てきたので縮毛矯正は必須ですが
ご要望通り、短くカット

これまた乾かしただけですが
何も問題なくショートボブを
作れたかと思います

 

ということで

縮毛矯正かかっているけどショートにしたい方や
ショートだけど縮毛矯正したい方は

全く問題なくできますので
やっちゃうましょう!

 

って美容師の言葉には惑わされるなよ?!

ってのが今回の記事になります 苦笑

 

縮毛矯正とショートは相性最悪?!

確かにショートでも縮毛矯正はできます

実際に上の写真の方々も
今回のお客様も
縮毛矯正かけさせていただいているわけだし

 

しかし縮毛矯正とショートの
相性が良いかといったら
首をかしげます。。。

そもそもショートの時点で
バランス崩れるのが早くなるわけだし
おまけに短い方が
クセの影響をうけやすいですから
ヘアスタイルのもちはあまり良くはない

なので”こまめなメンテナンス”
出来る人じゃないと難しいわけですよ
(または多少バランス崩れても
そんなに気にならない人)

 

縮毛矯正かけたショートを
美しく保つには

・1カ月半に1度のカット
・3カ月に1度の縮毛矯正

これらはマストでありましょう

 

さらにショートって
毛先に軽さを出すために
毛量調整を積極的に
やらなきゃいけない場合が多いのですが

毛先が軽くなればなるほど
縮毛矯正のデメリットである
不自然さがあらわになりやすい。。。苦笑

 

 

毛先にある程度の厚みがあって
尚且つ、ダメージの少ない髪の毛なのであれば
縮毛矯正で自然な丸みは作ることは
全然可能なのですが

その逆。

スカスカしていて痛みが強いと
カッパみたいな頭になりますよ?

なんで?って言われても物理的にそーなので。。。

ちなみに上の画像もそうだけど
メンズの縮毛矯正が
毛先ツンツンになりやすいのは

立たせたり動きをつけるために
ガッツリすくから(毛先がスカスカ)であります

 

なのでクセ毛が縮毛矯正をかけつつ
ショートボブをする場合

それぞれの髪質や毛量によっては
ちょっと重たいんだけど。。。
といった仕上がりかもしれません

 

でも無理にインスタに出てくるような
エアリーなショートボブを目指せば
ご愁傷様まですよ。。。?苦笑

 

 

あれは髪質良いのが前提だし
さらにゴリゴリにスタイリングしてるから
あんなに映えちゃってるわけで

クセ毛はクセ毛なりの
ショートボブをするべき

ということです

 

地毛で作るショートボブと
縮毛矯正かけて作るショートボブって
同じカットじゃないですからね

前提条件がまるで違うので

 

・小麦で作るパスタ
・米粉で作るパスタ
・大豆で作るパスタ

これってそれぞれ
作り方違うに決まっているでしょうよ

そして仕上がりも寄せることは
できるかと思いますが
完全に一致させることなんて不可能なわけ。。。

 

なんかひどいこと言ってるみたいですが
髪質無理して変な頭になっちゃってる人を
散々見てきたゆえに
僕は事実をお伝えするスタンスでやっておりますので
どーかご理解ください

それがあなたのためだと思うから

 

てか僕はクセ毛で悩んでいる”同士”でありますよ

僕もあなたと同じくらい
クセ毛のツラさを嘆いてございます 苦笑

 

 

 

これとか、クセ毛で毛量が少し多めの方が
縮毛矯正して無理やりエアリーな
ショートボブを目指した結末の典型例です

毛先不自然だしスカスカやん。。。 苦笑

 

僕ならこーゆークセ毛で毛量少し多めの方に
ショートボブを提供する際に
縮毛矯正は楽するなら必須かもしれませんが
こんなにすいたりすません

そこで多い。重い。って言われても
これがあなたの髪の毛でできる
ショートボブです

ってことでご理解いただきます

 

だってこうなるので 苦笑

 

 

ということで

「縮毛矯正かけてるけどショートにできますか?」
「ショートだけど縮毛矯正できますか?」

に対する答えは

できますよ

なのですが
デメリットもありますから
やる際にはそれを理解してからお願いいたします

ショートも縮毛矯正も
デメリットを理解せずにやると
後悔しかありませんからね。。。

 

とはいえクセ毛が
クセを伸ばす手法で効果的なのは
縮毛矯正でしかないのも事実ですから

かけることによるメリットが
(できなかったヘアスタイルができる。ボリューム落とせる。
まとまる。ツヤが出る。朝ちょー楽。など)
デメリットを上回るならかけるべきでしょう

 

縮毛矯正の正しい頻度?デメリット?失敗しない方法が全てまるわかり【縮毛矯正解体新書】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です