知らないではすまされない?!量が多い人が言ってはけない危険ワード【変な頭修正施術例】

こんにちは!
相模原、座間エリア
くせ毛美容師 イシカワです!!

 

 

毎日の暑さで髪がうっとしい
乾かすのが大変
汗で首に髪がまとわりついて天然のマフラーかよ

ってことで髪の毛を軽くしたい

という欲望にかられている方が
多い頃かと思いますが
そんな方は今日の記事は必見です

 

頭に熱がこもって半端ねーんだよ
って気持ちもわかりますし
ガッツリ軽くしちゃいたいお気持ちも
お察しするのですが

その前にまずはこちらをご覧いただきたいわけです

 

 

 

先日ご来店いただいたお客様

クセが気になるようで縮毛矯正をご希望なのですが

その前に
誰がどうみてもタコさんウインナー。
美味しそうですが
変な頭としか言いようがありません 苦笑

お客様も自覚があったようで
どうにかしてくれってことでご来店

 

タコさんウインナーを目指してカットしたのなら
見事なまでのクオリティ

お弁当に入っていても気づかないほどかと思いますが
誰が美容室で
おいしいウインナーにして♪なんて頼むねん?!
って話で
クセ毛でまとまらないってのはなくなありませんが
これは明らかにカット失敗であります。。。

 

要するに”すきすぎ”なわけですが
カットの失敗で最も多いやつ。。。 苦笑

 

特に今のような暑い時期は
「軽くして」ってオーダーが多発しますから
タコさんウインナーも量産されることかと思いまして
筆をとった次第です

 

すく量はヘアスタイルが決まった時点で決まる?!

もう101回目くらいかと思いますが
髪の毛の量は
暑いからとか、軽いのが好きとか
間違っても好みや涼しさを求めて
減らすものではないのです

 

髪の毛をすく量ってのは
あなたの頭で、この髪型をやった場合
このくらいの量を削れました
という結果論なんですよ

 

てか小難しく考える必要なくて
すく量には適量があってそれ以上すいたら
変な頭になることは当然ですよって話

美しいバランスの取れたヘアスタイルがしたいなら
暑いからとか知ったことではないのです 苦笑

 

もっと言うなら
こうなりたくなければ
軽くしてとか美容師に言わない方が賢明です 苦笑

 

 

 

というのは極論ですし
分かってる美容師に軽くしたいって言っても
こうはなりませんが

接客業ゆえに何が何でもお客様の要望は絶対だって
思ってる美容師もいますから
そしたら軽くしてなんて言ってしまったあかつきには
タコさんウインナーになるのでしょう。。。

なので自衛の意味でも
『あまり軽くするのは危険』ってのは
覚えておきましょう

 

そしてすき過ぎてしまった髪の毛は
伸びるまでどーしようもない。。。
というのがさらに厄介なところ

毛先がスカスカだから
おかしいわけでまとまらない

ということは変な頭のまま伸びるまで待つか
(場合によっては2年くらいかかる。地獄)
スカスカ部分ががなくなるまで短く切るしかありません
(短くしたくない場合は地獄)

hell or  hell

といったまさに地獄の選択をせざるを得ません

 

だから何度も言うけど
軽くして。もしくはすいて。は危険なんですよ

もちろんやった美容師が悪いわけですが
やっちゃったもんは文句言っても治りませんから
素人もある程度の髪の毛の正しい知識は
つけておくべきなのです

 

 

 

おかえりなさい

美味しそうなタコさんウインナーから
『人』へご帰還なされました

 

スカスカの変な頭はやはりストレスとのことで
短く切る選択をしていただきました

短くきって毛先に厚みもできたので
縮毛矯正も自然な雰囲気に仕上がったと思います

というか
スカスカ状態に矯正かけても
クセはとれるかもしれませんが
まとまりは悪いままだろうし
毛先が不自然になりがちですからね

もはや美しくありたいなら
短くするの1択でした 苦笑

 

ということで
暑いかから軽くしたい気持ちもわかるのですが
変な頭にならないように
無理に軽くすることには気をつけましょう

 


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です