【美容室でカットの失敗されないための】素人が知るべきカットの基礎知識を伝授

こんにちは!
相模原、座間エリア
くせ毛美容師 イシカワです!!

 

 

このブログでは

・縮毛矯正するならすくな
・広がりたくなければすくな
・髪の毛のまとまりがほしければすくな
・ぱさつきたくなければすくな
・クセ毛はすくな

ということを
たくさん書かせていただいてるし
今もそう考えてるわけですが

勘違いしていただきたくないのは
『すく=悪』ということではなく

あくまで、すきすぎや
すく必要がないのにすいてしまったり
すくことのデメリットも考えずにすくことが
悪いわけで

カットにおいて「すく」
という行為は必要不可欠と考えております

 

てかすかないと
ヘアスタイルにならないですからね 苦笑

 

前から言っていることなのですが
すくってのは素人の方が思っているように
「髪の毛の量を減らすため」
にやっているのではなく

「そのやりたいヘアスタイルを作るのに
いらない髪の毛を削るため」
にすいているわけです

同じやん。。。
って思うかもしれませんが
目的が違うわけですから
これを理解することはチョー大切なのですよ

 

例えばこのヘアスタイルをしたい

⇓ ⇓ ⇓

のであれば
その時点ですく量は決まってくるし

このヘアスタイルをしたい

⇓ ⇓ ⇓

 

って場合も
当然このスタイルを作るために
いらない髪の毛の量は決まってくるので
それを、すくわけです

 

すかな過ぎてもダメだし
すき過ぎてもダメ

 

だから

・量が多いからいっぱいすいてくれ
・なかなか乾かないから内側をすいてくれ
・重ためが好きだからすかないでくれ
・はねるからすかないでくれ

ってのは、あり得ないオーダーなわけです

 

やりたいスタイルとあなたの髪質。(毛量も含め)
その2つの要素で
すく量は決まってくるので

「すいて。すかないで。」

ってのは
「違うヘアスタイルになっても
変な髪型になってもになっても構わないです」
って言ってるのと等しいのです 苦笑

 

ということで、くれぐれも
すく量を美容師に指定しない方がいいですよ

 

または、美容師の方から
「量はどうしますか?」のような
すく量に関する要望を求めてきたら
すぐにクロスを脱ぎ捨ててお店から
脱出することを強くおすすめします w

 

軽いスタイルが好きなのか
重いスタイルが好きなのか
聞くことはあるかと思いますが

すく量を聞く美容師は
カットの何もわかってません 苦笑

 

頭が多少濡れていても構いません

一目散に逃げてください

カット失敗で変な髪型のっけて
数カ月過ごすよりはマシでしょう 苦笑

 

【僕が上手いと言われる理由】失敗されないためのカットの極意を伝授


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。