安い美容室のカラーや安いシャンプーで頭皮に異常がおこる原因を徹底解説?!

こんにちは!
相模原、座間エリア
くせ毛美容師 イシカワです!!

 

 

たまにお客様から伺うことで

・前回安いお店でカラーやパーマしたら
髪が痛んだ。頭皮がしみた。

・安いシャンプー使ったら
頭皮が荒れた。かゆくなった。

 

といったことがあるのですが
そう感じる方って結構いるんですかね?

 

”安いとなんだか体に良くない”
みたいなイメージがあるのでしょうか

 

まず初めに、これを言うと驚かれる方もいるのですが

美容室で使ってるカラー剤やパーマ液なんて
どこもだいたい一緒です
都内の高級店もその辺の安売りサロンも w

 

そして、色んなメーカーから
腐るほどの数の薬剤が販売されていますけど
どれも大きな違いなんてないですよ

 

確かに10年前と今とでは
毛髪理論なども確立されてきているので
多少の違いはあるでしょうけど
昨今のモノであればたいして違いはないです

 

例えば、今年発売された2つのメーカーの薬剤を
頭の右と左で分けてカラーしても
色以外に違いがわかる美容師なんて皆無です w

 

「安いお店は安い薬剤を使ってるのではないか?」
と思いがちですが
そんなことは全くないわけですよ

そもそもカラー剤でいうのなら1本の値段の違いなんて
200円くらいです

その程度の違いしかないわけだし
剤が安いから痛むし、しみるとういことも
ないですよ。。。

 

だってちゃんと国の基準を満たして
認められて売られてるんですから
変な使い方しない限り、危険なこともない
(しかも日本は基準が厳しい)

 

なので安いお店でカラーやパーマしたら
痛んだ。頭皮がしみた。って感じるのは
ただの勘違いや思い込みって場合が
ほとんどでありますよ 苦笑

 

 

あとこれも勘違いしていると思いますが
「安いから下手」ってこともないわけです

 

安いお店と高いお店の違いは
単純に「時間」です

お客様一人あたりにかける時間

 

なので安いお店は
安い薬剤を使ってるわけでもなく
下手なわけでもなく
髪の毛や頭皮に悪いことをしてることもないわけです

 

ただ

あまりに客数をこなそうとして
時間短縮のためにカラーを塗るのがちょー雑であったり
カットの工程を何か省いたり
美容師の手が空かず既定のカラーの放置時間を過ぎても
流してもらえなかった

そしたら
髪や頭皮や仕上がりにいいことはないですが
そんな美容室はまれでしょう たぶん。。。

ついていなかったとしか言いようがないです 苦笑

っていってもやはり時間に制限があると
何かを省いたり省略しないと
お店は回らないですけどね

 

 

安いシャンプー使ったら頭皮が荒れた かゆくなった

 

これも同じで
販売されている時点で基準を満たしているわけで
安全であり危険なものではないし
被害妄想もいいとこです 笑

 

その人がアレルギー反応を
起こすような成分がたまたま入っているのであれば
頭皮が荒れた、かゆくなった

ってことはあるでしょうから
理解できるのですが

そうでないのに
頭皮が荒れた、かゆくなったのであれば
ちゃんと洗えてないか流し残しているかです w

 

または「病は気から」って言いますけど
シャンプーもまさにそれで
「安いシャンプーは頭皮や髪の毛に良くない」

みたいな概念があると洗った結果
かゆさなんかを感じることはあると思います

 

所詮 気のもんなのですが。。。苦笑

 

もちろん髪質的に
合う合わないのシャンプーはあると思いますが

頭皮がかゆいとか荒れるとかの異常は
アレルギー以外に理論的によくわからないです 笑

やはり気のせい 気のもんです

 

 

 


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です