【気をつけろ?!】縮毛矯正でチリチリになりやすい人の特徴はこれ

こんにちは!
相模原、座間エリア
くせ毛美容師 イシカワです!!

 

 

縮毛矯正の失敗で良くあるのが
ダメージでチリチリ頭になることでしょう

1度チリチリになってしまうと
正直もうどうしようもなく
切るまでチリチリの恥ずかしい頭で
過ごすハメになります 苦笑

そんな頭にトリートメントも
まるで意味ありません

何しても元に戻すことは不可能です

 

そんな、この手の失敗はもちろん美容師のせい
ではありますが、そうならないために
事前に素人でもある程度の知識は知っておくべき
その手助けになるようにと
こんなブログを毎日チリチリ書いてるわけですね

 

ちなみに僕自身も経験ありますが
チリチリ頭ってマジでツラいです 苦笑

美容師の失敗でチリチリになってしまっても
美容師はやっちゃったもんはどーにもできないので
責任の取りようがありません

耐え凌ぐしかないということ w

 

そして、あなたがいくら涙ながらに訴えを起こそうと
女優やアイドル、クラブのお姉さんみたく
見た目が仕事を大きく左右するような
職業でない限り、慰謝料なんてまずないし

施術料金の返金
治りもしないトリートメントのお詫び
くらいでカタがつくことがほとんどです

 

なのでチリチリになってからでは遅いですから
そんな人を少しでも減らすべく知識
”矯正でチリチリになりやすい人”ってのを
今回は紹介したいと思います

 

当てはまる人は
美容室、美容師選びはマジで慎重に行いましょう

何度も言いますがチリチリしたら手遅れですからね

 

たまに、痛んだらトリートメントすればいいや
って考えで髪の毛あれこれしちゃう人いますけど

トリートメントってのは、やっちゃったもんを
リセットしてくれるもんではない。ということを
肝に銘じておきましょう

ダメージを誤魔化すものであり、治すものではない。
そしてチリチリは誤魔化すことすらできません 苦笑

 

ということでさっそく
矯正でチリチリしやすい人ってのを
ご紹介すると

白髪染めをしている髪の毛が細い人です

 

髪が細い白髪染めしてる人は矯正の危険度MAX?!

 

まず、髪の毛が細い人は痛みやすい
ってのはご存知の方が多いと思いますし
実際その通り。。。
髪が太い人に比べるとまるで髪の毛の耐久力が違います

いなくはないのですが
髪が太い人でチリチリしちゃう人ってほぼいなく
被害者はほとんどが細い人ですね
美容師10年以上やった経験上。。。

 

そして、白髪染めも見落とされがちな
チリチリ要因の1つです

ブリーチなどのちょーダメージするカラーなら
誰もがそこに縮毛矯正したらヤバイってのは
イメージできるかと思いますが
白髪染めも、決してなめてはいけません

 

白髪染めが危険なわけ

 

僕はこのブログでいつも
美しい縮毛矯正を保つためには
なるべく明るい色は避けましょう
と、お伝えしてるのですが

それは”カラーは明るいほど痛みが強い”
という原理原則があるからです

 

美容室のマーケティングに騙されている方が
少なくありませんが
カラーのダメージ具合はその薬剤で決まるのではなく
明るさですよどー考えたって 苦笑

明るいほどに髪の毛の黒色の色素を
破壊してんだから当たり前の話なのです

 

そしてカラーによるダメージの要因は
明るさともう一つ

それが”カラーの頻度”です

 

『カラーのダメージ=明るさ×頻度』

これでダメージ具合が決まります

 

染める回数が多ければ
痛みが強くなるのも当然の話なのですが

〜染めるたびに潤う髪へ♩~のような
これまた美容室のマーケティングにより
騙されてしまう方がいるのでしょう

しかし
クスリ塗っといてそんなわけねーんですよ

染めれば染めるたびに髪の毛は痛み
潤うのは美容室のふところです w

 

で、話を白髪染めに戻すのですが
白髪染めをしてる人って
頻度が多くなりがちですよね?

どうしても生えてきた奴らが気になる。
または身だしなみといった意味でも
最低でも月1で染めちゃうたいって方も
少なくないでしょう

なのであまり明るく染めていなくても
しょっちゅう染めてたら痛みが強くなるのは
当たり前で、縮毛矯正する際に
チリチリの可能性は増していくばかり、。。。

 

ちなみにあまりに気になるからって
合間に1度自分で染めちゃいますって人は
ぶっちゃけチリチリになって当然です

ホームカラーは痛み強くなるし
ムラになるしで
チリチリになりたい人以外
絶対に手を出してはいけない危険ドラッグです

やる場合は自己責任で。。。

その後のヘアスタイルや
カラーの色、パーマのクオリティなどが
どーであっても
なにも文句言えないですよ?

 

そして申し訳ないのですが
白髪が気になる年代の方ってのは
髪の毛が細く、変化してくる時期でもありますから
そーいった意味でも、そもそも痛みやすくなるのに
頻度の多い白髪染めをしていては
危険なわけですよ。。。

 

ということで
チリチリになるリスクを散々あおってきたわけですが
大げさかも知れないけど、嘘ではありません

なんせそーゆー人が多いので。。。苦笑

 

ぜひ髪の毛が細く、白髪染めをしてる人が
縮毛矯正をお考えの際には。

もしくは現在の矯正がかかった状態を
美しくキープしたいのであれば
カラーの明るさや頻度には気をつけていただきたい

 

そして何より
美容室、美容師選びには気をつけていただきたい

もしあなたの髪が細く、白髪染めを繰り返していて
危険な状態であっても、まともな美容師なら
危険をおかしてまで矯正しないですからね 苦笑

そしたらチリチリにはなりませんので。。。

 

 

そしてこの記事では白髪染めをするな

ってことを言いたいわけでは全くなく
白髪は気になるだろうし
染めないわけにはいかないですから

そんな方々はリタッチ
(伸びてきた部分のみ染める)が基本ですよ

ってことをお伝えしたいわけです

 

毎回毛先まで染めるから
どんどん痛んでいくわけですからね

・こんな色があなたの肌には合いますよ
・染めた方がツヤが出ますよ

などと美容師に言われるわけですが
”染めた方がダメージしない”
ってのはあり得ないってのは覚えておきましょう

 

縮毛矯正で失敗して地獄をみないための【矯正をかけるべきサロンの3つの特徴】


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です