【くせ毛必見】酸性とアルカリ性の縮毛矯正はどっちが痛まないのか?!

こんにちは!
相模原、座間エリア
くせ毛美容師 イシカワです!!

 

 

いきなりですが

あなたは”酸性の縮毛矯正”ってご存知でしょうか?

本来、縮毛矯正は
アルカリ性のものがほとんどなのですが
簡単にアルカリ性の縮毛矯正について解説すると

まず、1剤のアルカリによって
髪の毛表面のキューティクルを
無理やりこじ開けて
薬剤を浸透させ、髪内部のSS結合という結合を切り
アイロンによる熱作用でクセを真っ直ぐに形を整え
2剤で切断したSS結合を再結合させ形をキープする

ってのがアルカリ性の縮毛矯正の簡単な仕組みであり
だいたいの美容室が採用しているものになります

しかし、多くの美容室で扱ってる
アルカリ性も縮毛矯正の
アルカリってのはダメージの元凶であり
なるべく使用しないのが吉な訳です

 

しかし最近、少しずつ浸透してきた酸性の縮毛矯正
アルカリによってキューティクルを無理やり
こじ開けなくても
酸性領域でSS結合を切ることができるようになり

要はダメージを感じさせることなく
クセをストレートにできるようになってきたのです

またはダメージを負っていても
クセを伸ばせるようになってきたわけです

酸性の縮毛矯正は以前からありますが
薬剤の残臭問題や
扱いにくい点が多々あり中々浸透しなかったのですが
技術の進歩により、使い勝手の良くなった
酸性の縮毛矯正の薬剤が最近注目されてるわけです

 

酸性矯正ケーススタディ

 

 

例えばこちらの方は
最近の湿度により髪の毛が爆発するとのことで
縮毛矯正でご来店

髪の毛も明るめだし
そこそこダメージもしてますから
ここで最新の酸性縮毛矯正の出番です

 

 

いかがでしょうか?

乾かしただけでこのツヤとまとまり感

まじで乾かしただけですからね?

ダメージも感じるどころか
むしろ髪の状態は良くなってます

 

ということで
クセやダメージでお困りの方は
当店の酸性の縮毛矯正はいかがでしょうか?

どなたでも
ほぼダメージを感じることなく
クセをストレートにすることが可能ですよ

 

 

って美容室には行かないようにしましょうね

ってのが今回の記事です w

 

酸性は痛まないは嘘?!

 

実際に今回のお客様には
酸性の縮毛矯正で施術させていただいたわけですが
それは酸性が痛まないからではなく
ただそっちの方は髪質的にいいかなって
僕が判断しただけの話。。。 苦笑

 

言っときますけど
酸性だから痛まないとか言ってる美容室
まじでアホですからね? w

普通に痛むし
なんなら髪の毛をチリチリに終了させることも可能です

 

縮毛矯正において大事なのは
酸性だから痛まないみたいなアホ丸出しの
短絡的な考えではなくて

お客様の髪質や目指すものにあった
矯正のやり方や薬剤を選択することで
全員が酸性の矯正がいいってわけではないわけです

 

てか従来からあるのアルカリ性の矯正の方が
いい結果が出る方もいるし
アルカリ性、酸性ってどっちが痛まないとか
優れてるとかじゃなくて
どっちが髪質や髪の状態にあってるか?なわけですよ

他にもアイロンを使わない矯正とか
縮毛矯正の手法や薬剤は様々ですが
どれもメリット・デメリットがあるわけですから

それを考え適切な施術を行うのができる美容師

 

お店の方針や売りなんかもあるのかもしれないけど
1つのやり方に固執して

酸性だから痛まないんです
アイロンを使わないから自然なんです

とか言ってるのはアホであり
多分よーく見ると
アイロンしながら鼻垂らしてますよ w

 

間違いなく大事だと言えることは
どの手法がダメージレス・優れている
ってことではなく、どの手法がお客様に合っているかを
判断する美容師ですよ
(ダメージレスで何よりも優れてるならみんなそれ使ってるんですよ 苦笑)

 

ということで
変な美容師に髪の毛鼻水まみれにされないように
気をつけましょう w

 

そして僕も
鼻垂らさないように自戒の意味も込めて
美容室選びは慎重にしましょう
と、お伝えします

 

縮毛矯正で失敗して地獄をみないための【矯正をかけるべきサロンの3つの特徴】


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です