髪の毛のボリュームを出す簡単な方法!てか、これしかないです

こんにちは!
相模原、座間エリア
くせ毛美容師 イシカワです!!

 

 

パーマをかけたい理由の1つに

ふわっとしたい。

というものがあります

 

もともと猫っ毛であったり
加齢により毛量が減ってきたり、または細くなってきたり
髪質の変化によってボリュームがなくなってきた

 

なんて方がふわっとを求めるのかと思いますが
そんなあなたに今日は2つのお知らせがあります

 

もしかしたら泡をふいてしまうかも知れません 苦笑

しかし気を確かに最後まで読んでいただきたいです

 

・美しくなりたい
・本当のことが知りたい
・無駄なことはしたくない

そんな方は必見の記事です

 

ちなみにふわっと
ってどういう状況?ってことだし
人それぞれふわっとのイメージが違うと思うので
今回の記事では良くある悩みの
”トップのボリューム”に関した内容となっておりますことをご了承ください

 

 

 

髪の毛をふわっとさせる2つの方法

 

 

まず1つ目ですが
さっそく泡をふいていただきましょう

 

 

 

ふわっとしたければ。。。

 

 

 

 

 

 

 

ショートの1択です 苦笑

 

 

 

残念なお知らせかとは思いますが
長さがあってはどーやったってふわっとなんてしないです 苦笑

 

髪の毛は重力には逆らえないわけで
長さがあるほど重いというのは当然のことだし
パーマって髪の毛を軽くする技術じゃなくて
クセを作る技術なわけで
かけたところで、短くない限りふわっとなんてしないわけです

これはパーマじゃなくて
カーラーやコテで巻いたとしても
やった直後はいいですが、気がついたら結局ぺたってしてます。。。

 

なぜなら長いから!

 

ロングなんか言うまのでもないのですが
ボブなんかもふわっとするわけがありません。。。

もし、ふわっとしているなら
猫っ毛とは真逆のシンプルにふわっとしやすい髪質
ゴリゴリのスタイリングです
(気づいたら元通りだけど。。。)

 

”エアリーボブ”とか言って
雑誌に載ってる、ふわっとしたボブスタイルなんてのは
当然プロのスタイリングありきの静止画ですから
ふわっと見えますが
髪質が神に選ばれた方以外、現実的にはありえません。。。

 

てか ”エアリー””ボブ”ってもはや対義語です

そんなこと言っちゃう奴は
”キムチケーキ”って言って、売ってるようなもんですから
センスの無さが透けて見えます 笑

 

 

トップのボリュームが出ない方がふわっとしたければ
パーマの有無に関わらずショートの1択

これは覚えておいてください

 

 

 

 

そして2つ目のお知らせは
とくに、加齢による髪質の変化により
ボリュームが出にくくなってきた方なのですが

 

遠慮なく言えば、要は髪の毛が弱ってきているわけですから
そもそもパーマがキレイにかからない髪になっているかもしれませんよ

ということです

 

パーマってのは簡単にいうと
髪の毛内部のたんぱく質部分に薬剤が反応してかかるのですが
弱った髪ってのはそのたんぱく質が間違いなく少なくなっています

 

ということはパーマがかかる部分がないわけですから
キレイにかかる理屈がなく
ふわっとどころか、扱いにくい変なクセができるだけだったり
無駄に痛んでバサバサになるだけ。。。
ってことが良くあります

 

そして、それってのはパーマの薬剤が悪かった。
美容師が下手だった。ってことではなく
そもそもかけてはいけない髪の毛にかけた。
という場合がほとんどです。。。

結局はかけた美容師が悪いわけだし
もちろん、薬剤の選定やパーマの技術もなくはないのですが
美容の技術なんて素材で8割が決まります 苦笑

 

先日の記事でも書きましたが

例えば、後頭部が絶壁なのであれば(素材)
カリスマ美容師がどう切ったって後頭部にボリュームなんて出ないです 苦笑

 

 

 

ということで
ふわっとしたいのであれば

まずはショート

 

そしてその上でパーマをかけたいのであれば
美容師さんに
「私の髪の毛にパーマかけてキレイにかかりますか?」
「キレイにかかるならかけたいです」
と、聞いてみましょう

 

ぶっちゃけ『かけてください』って言われれば
よっぽどダメージしてなければ仕上がりのクオリティはどうあれ
美容師はパーマします 苦笑

売り上げになるわけだし、お客様がパーマを望んでいるわけで。。。

 

しかし『キレイにかかるなら』
って言われれば無理はしなくなります

やってキレイにかからなければクレームにつながるかもしれないし
お客様も”キレイなパーマ”を求めているわけですからね

 

とはいえ、”キレイなパーマ”の定義もそれぞれなので
何ともいえない部分ではありますが
チリチリバサバサの変な頭を避けることはできると思います

ふわっとしている状況よりも
変な頭じゃないことの方が重要ですからね 苦笑

 


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です