後悔必至!【湿度で広がるクセ毛がパーマをかけてはいけない理由】

こんにちは!
相模原、座間エリア
くせ毛美容師 イシカワです!!

 

 

現在梅雨真っ只中

湿度により髪の毛に不具合を感じ
楽にスタイリングができるスタイルが求められる季節です

 

特にクセ毛の方々

僕もクリクリのクセ毛なので
気持ちは痛いほどわかるのですが

 

「パーマしたら楽になるかな?」

こー考える人も多いかと思います

 

このブログでも
スタイリングを楽したければパーマしろとか
セットが下手ならパーマしろとか
お伝えしてはいるのですが

 

湿度で不具合を感じるクセ毛は
この時期のパーマは超危険!!

ということをこの記事ではお伝えしたいと思います

 

 

湿度で広がるクセ毛がパーマをかけてはいけない理由

 

とっても単純な話なのですが
クセ毛は湿度により広がるってのは、みんなわかってると思うし

その広がりから逃れるために
パーマしたら楽になるかな?ってことだと思うのですが

パーマって少なからずボリュームの出る施術なわけで
広がるクセ毛にパーマしたら
もっと広がるのは当然のことでしょう。。。苦笑

 

 

超絶グリグリのパーマや
超絶テクニックでゴリゴリにスタイリングしたパーマじゃない限り
”パーマしたら湿度の影響を受けない。”
なんてことはないわけで、余計に広がって後悔するのがオチなわけ。。。

 

もちろんクセの種類や強さにもよりますから
クセ毛がパーマをかけてはいけないわけではないし
楽になる方も実際いますが
雨の日にもわ〜って広がっちゃうタイプは後悔必至

 

 

 

 

クセ毛&湿度で、広がってうまくセットできない
長いのが大変だから肩よりも短くしたい

そして例ごとく『パーマしたらセット楽かな?』
ってことだったのですが

申し訳ないけど、論外です 苦笑

 

写真では伝わりにくいかと思いますが
結構クセは強め。。。
ロングによる重さで今はなんとか落ち着いている状態なわけですが

肩上に切ったら広がるのは容易に想像できます。。。

正直言うと、実際に切ってみないと
どのくらい広がるかは完全にわかるわけではないのですが
ボンバーヘッドの香りがプンプンするわけです 苦笑

 

さらにお客様の真意としても

パーマで動きが欲しい。というより
短くして楽にセットできるようにしたい。

とのことでしたので
ストレート(縮毛矯正)にさせていただきました

 

 

 

 

乾かすだけなので
こっちの方が圧倒的に楽かと思います

実際に切ったら
広がりまくっていらっしゃったので
お客様的にもパーマはヤバそう。。。とのことでした 苦笑

 

どうしても動きが欲しい時は
ご自身で毛先を巻いていただくことをオススメします

”縮毛矯正したら巻いちゃだめ”

みたいな勘違いされている方も多いのですが
全くそんなことはないですからね

 

縮毛矯正した髪の毛はコテで巻いてもいいのか?の答え


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です