縮毛矯正した髪の毛はコテで巻いてもいいのか?の答え

こんにちは!
小田急相模原駅 徒歩2分
座間市の美容室
LUCK(ラック)相模原
くせ毛パーマ美容師 イシカワです!!

 

 

たまにいただく質問で

「縮毛矯正をした髪の毛をコテで巻いてもいいの?」

というものがあります

 

なぜこう言った質問が出るのかは
定かではないのですが

おそらく、変な美容師に洗脳されていらっしゃるか
かけた縮毛矯正がとれてしまうのではないか?
ということかと思うのですが
それに関しては全く気にしなくてよくて、全然巻いちゃってください。

というの僕の答え

 

てか、僕の答えというか
基本的に縮毛矯正は1度かけたらとれないし
巻いたからってとれないですよっていう物理的な事実
なわけです

 

ということで
ストレートスタイルに飽きることもあるだろうし
巻いてアレンジしたいときだってあると思うし
毛先がツンツンの不自然な縮毛矯正がかかってることもあるだろうし
そしたら毛先巻きたいですもんね

お好きに巻いちゃってください

 

 

しかし当然のことですが

巻けば巻くほど痛む

ということはご理解ください

 

 

たとえば毎日巻いていれば
それなりにダメージ蓄積されるだろうし
縮毛矯正自体はとれませんが、バサバサになってまとまらい。。。扱いにくい。。。
なんてことはあるかもしれません

のちのちパーマをお考えであれば
髪の毛の体力は残しておきたいところだし

キレイにもっと伸ばしていきたいのであれば
なるべく痛ませないようにした方が賢いわけです

 

そして痛まないコテもない

ということも、あせてご理解ください

 

”ヘアケアができるコテ”

みたいな宣伝されてる商品もありますが
髪の毛の高温当てたら
痛むに決まってますからね どー考えたって 笑

 

使えば使うほどキレイになるアイロンやドライヤーも
数年前から流行っていましたが最近聞かないですよね?

”そんなわけない”
ということにようやく気付いた方が多いのでしょう 苦笑

 

コテやアイロンで選ぶ基準は意味わかんない機能ではなく

・温度調節が出来るもの
・プレートの滑りがいいもの

この2点のみです

 

あと、使いやすさはそれぞれなので
色々試す必要はあるかもしれませんが
どちらにせよ変な機能は一切いりません

ちなみのオススメはコレ⇒クレイツ

これ以外を使う理由がないです 笑

 

ホームページ見ると色んな機能も書いてますが
そんなものはどうでもよくて(怒られちゃうかもしれないけど苦笑)
当然細かく温度調節もできるし、何よりプレートの滑りが良い

 

ということで
縮毛矯正がかかっていても全然巻いちゃってください
しかし、痛むってことは理解して後先は考えましょう

 

そして、ご自身が美しくなるための選択をしてください

痛んでも巻いていた方が美しいのであれば
巻いた方がいいだろうし

美しく伸ばしたいのであれば
ちょっと考えた方がいいですよね

 


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です