【美容業界の闇を大暴露?!】ウケる頭が誕生する理由とは?

こんにちは!
相模原、座間エリア
くせ毛美容師 イシカワです!!

 

 

こんなたいしたことないブログなのですが
それでも一定数
読んでくださっている方もいるようで

コチラの記事は
意外と人気記事となっております

 

ステップボーンカットをオススメしない理由!?

 

ステップボーンカットていうカット技法を
あくまで個人的意見で
ディスってる記事になるのですが 苦笑
どうやら「ステップボーンカット 失敗」なんて
キーワードで上のブログにたどり着く方が多いようです

ってことは
実際にステップボーンカットして
なんか変。。。
これって失敗??って感じる方が多い証拠ではないでしょうか

 

ということで先日も
ステップボーンカットによる被害者の方が
上のブログ見てご来店いただきました

 

 

 

 

大変申し訳なのですが
正直ウケる頭です 苦笑

 

確かにステップボーンカットらしき?カットがされているのですが
(ステップボーンの具体的な手法は上の記事にて)
これはもはやプロの美容師のカットではなく
幼稚園児のお絵かきレベルです

これならまだ、ザリガニにカットしてもらった方がいいのではないか?
と思ったしまうほど。。。

 

 

極端に襟足の毛が残っており
その上の毛が全くなくて
その上の表面部分は梳きまくってありパッサパサ。。。

これを”デザイン”
というのであればそれまでなのですが

僕の感性でいうと
これはステップボーンカットというより
テキトーに切ったジャンボカットです 笑
(襟足だけ残すカット)

 

 

さらに
すき過ぎてパサパサしているところに
ハイライトが入っており
ダメージで余計にパサパサに見えてしまっている状態

 

ちなみに、「髪の毛をパサつかせてください」
って言われたら
僕ならすきまくってハイライトを入れます 笑

そのくらいすき過ぎとハイライトはパサつきの原因になるからです

 

 

そーいったことを
美容師に相談するとだいたいトリートメントを
してくれるわけですが、いいのは最初だけで
気が付いたらいつも通りパッサパサ。。。

これってよくあることだと思うのです

 

・特殊なカットでウケる頭(すきすぎ)
・ハイライトでパッサパサ
・トリートメントしてもいいのは最初だけ

 

これらが今回のお客様の問題なわけですが
この問題を解決するためには
美容業界に関する真実というか
闇について話していく必要があります 笑

もしかしたらコレを公開したら
僕は消されてしまうかもしれません。。。

 

というのはないと思いますが
そーいったっ覚悟をもって真実を書いていきたいと思うので
どうか最後までお付き合いください

 

 

ウケる頭が誕生する理由と業界の真実(闇)

業界の真実 1

特殊なカットの正体とは?!

 

まずステップボーンカットをはじめ
特殊な○○カットって色々あります

・ストラクチュアカット
・ニューヨークドライカット
・エフュラージュカット

などなど、僕が少しかじったものでも
このくらいあるのですが
これらを含め

 

例えば
”日本で10人しか出来ない〇〇カット”
って言われたらなんか凄そうな気がしてきますけど
どれもやってることはただのカットです 苦笑

 

というのも
”〇〇カットでしか出来ないスタイル”
とかないわけです

 

ぶっちゃけカットなんて
その人の髪質なりのカットしかできないですから
〇〇カットをすれば
ハネる髪質もハネなくなる!とか
くせ毛の広がりが落ち着く!とかないんですよ 苦笑

目指すスタイルを作る過程のことを
〇〇カットって言ってるだけ

いちおう美容師歴10年以上の僕が出来上がりの違いを
たいして感じないわけですから
間違っても素人が判別できるほどの違いはありません

 

そして今回の方の頭のように
慣れてる人がやればステップボーンカットでも
まともな髪型になるのでしょうけど
慣れてない人が切れば、余計に変な頭になるだけです 苦笑
(ステップボーンカットは特に特殊)

 

コレは僕が〇〇カットを少しかじった結果
個人的に思ってることですが、カットはシンプルに切るのが
最も効率が良く精度も高く切れます

身も蓋もありませんが。。。苦笑

 

例えば”エフュラージュカット”

コレってハサミをシャシャシャってやるんですが
なんかカッコ良いんですよ 笑

カリスマに切ってもらってる感があります

が、それだけです

 

特別エフュラージュじゃなきゃいけない理由は
かっこいい意外にありません 苦笑

シンプルなカットで十分です

 

ということで
○○カットっていう特殊な技術は
ただのマーケティングや美容師の自己満足であり
あなたの髪型や髪の悩み解決には一切関係のないことです

 

 

あ、別にそれらのカットを否定してるわけではありません

上手い人がやれば
キレイなスタイルになるんだろうし
道具なんかもそうですよね

レザーやすきばさみってなんか嫌われがちですけど
間違った使い方しなければ変になることはないし
変になったのであれば、たまたまその人の使い方が変だっただけです

カリスマ美容師や巨匠って言われる人たちも
レザーもすきばさみも使いまくりですからね 苦笑

包丁も料理人が使えばなくてはならない調理用具ですが
殺人鬼が使えば人を刺す刃物です

要するに、カット技法も道具も使い手次第ってのは前提です

ゆえに
変な美容師が特殊なカットをすると
特殊なら、なおさら仕上がりが変な頭になるのは明白です

 

普通の美容師が普通に切ったら
こうはなりませんから

 

 

 

 

業界の真実 2

地獄の入り口ハイライト

 

数年前から流行りに流行ってるハイライト

ハイライトの危険性に関しては
コレまでもたくさん書いてきました

 

要するにお洒落かもしれませんが

  1. ダメージによりパサパサになる(脱色するので)
  2. すぐに色が落ちてキンキンのヤンキーみたくなる
  3. 色落ちしてキレイではないのでカラーの頻度が多くなる
  4. 1に戻る

 

といった負のループに陥ることになるわけです

 

お客様の場合も
伸びてきた白髪をぼかせるから
ってことでハイライトをすすめられてやっていたみたいなのですが

それって上のリスクをおってまで
やるべきことなのか?って思うわけです

 

てか白髪染めをしょっちゅうするのが大変だから
ハイライトで伸びてきても気にならないように、ぼかそうってのに
色落ちが早くなってカラーの頻度が多くなるって
本末転倒もいいとこだし

ハイライトを入れることにより
白髪意外にダメージ色が抜けてキンキン
っていう2つの悩みを抱えることになります 苦笑
なんなのそれ

 

にも関わらず
多くの美容師がハイライトをすすめるのには
以下の理由(業界の真実3)があるかもしれません。。。

 

あ、これもハイライトを否定しているわけではありません
ハイライトに満足されてる方が多くいるのも知ってますから
ただ美容師が言わないリスクはあるよってことは知っておいてくださいね

 

業界の真実 3

トリートメントしてもいいのは数日だけな理由

 

コレは真実というか闇です

業界の仕組みは冷静に考えるとこーなります

美容業界はヘアケアとか謳いつつ
消費者の髪が痛んだり
なにか問題が起こるほど儲かる。。。

 

怖い話なのですが
これって事実だと思うのです

 

例えば

ヘアケアの代表トリートメント

ダメージ補修を求めて使ってる方が
ほとんどかと思いますが
本当の意味でダメージが補修されてしまったら
もうトリートメントなんて必要ないのです 苦笑
(トリートメントが売れなくなる)

美容室でのダメージレスカラー

カラーリングにより本当にダメージを負わないのであれば
もう美容室でトリートメントする必要なくないですか?
だって痛まないんだから。。。
(トリートメントする人が減る)

 

といった感じで業界的には
消費者の方には多少髪の毛傷んでもらわないと困るわけです 笑

 

余談ですが

一部の方を除き時期ではないかと思うのですが
花粉症ビジネスってすごい儲かると思うのです

薬に注射にマスクに鼻に塗るなんかだったり
顔にかけるスプレーだったり食品だったり
花粉症対策のモノってたくさん出てるし
そしてちょー売れてると思いますよね。きっと

 

僕も花粉症なので
この苦しみから少しでも解消されるのであれば。と思うと
大した効果ねーだろって思うものでも
試しに買ってしまったりします
(そしてやっぱりあんまり効果ないけど 苦笑)

こんなもんは
砂漠で水を売るのと同じで
ビジネスしやすいわけですよね

 

で、個人的に思うのが
花粉症を治す方法を本気で考えてねーだろ?!
ってことです 笑

アレルギーの治療ってのは難しいのはわかるのですが
実際に、治療方法が確立されたら助かる人も多くいますが
花粉症がこの世からなくなってしまったら困る人も
たくさんいるのではないでしょうか?苦笑

 

コレが美容業界における
ヘアダメージとトリートメントの関係です

 

トリートメントも
髪の毛のダメージが本当に治ってしまっては
もう使いどころがありませんから
業界としては非常に大きな損失です

 

今回のお客様とみなさんが思ってる

トリートメントしてもいいのは数日だけってのは
そもそもトリートメントは
髪の毛を治す目的で作られてないからなわけです

 

だって治っちゃったら
もうやってくれないですからね 苦笑

 

当然ですが、これもトリートメントを否定してるわけではありません
事実トリートメントするとツルツルになるし
その状態に価値を感じる人も多いわけで
てかウチのお店にもメニューにあるし 笑

しかし、内部補修だ栄養だ言いますけど
結局は表面コーティングですから
髪の毛を根本的に治す目的でやるものではありません

 

コレは僕がおもしろおかしく極論を書いてるだけで
もちろん、ヘアダメージも花粉症も
本気で治すことに注力している研究者の方、メーカーもあるかと思います

多分。。。笑

 

ということで美容師がハイライトを
オススメするメリットとして

 

お洒落、トレンド、立体感、白髪ぼかし(個人的にはビミョー)
もちろんコレはあるでしょう

 

そしてハイライトを入れることにより
技術的手間が増えるので
+4000円

ハイライトを入れると
結果的にブリーチをすることになるのがほとんどなので
当然痛みが出るわけで
その補修ということでサロントリートメントをすすめられ
+3000〜6000円

さらに
このトリートメントを持続させるためには
シャンプーにこだわった方がいいですよ

ハイライトの部分の色持ちのためにも
洗浄力の弱いシャンプーがオススメです
(美容室専売のシャンプー)
ってことで+3000円

なんとハイライトを入れることにより
10000円〜も追加です 苦笑

さらにさらに
色落ちが早くなるので来店頻度の向上という特典付き

まじで美容師(ビジネス的観点)からすると
いいことづくしです

だから美容師はハイライトをオススメするのです
ってのは冗談です 笑(半分本当です 苦笑)

 

ウケる頭の解決策

 

長くなってしまったのですが
ここからはウケる頭の解決策です

 

 

残念ですが
テキトーなジャンボカットでスカスカの部分と
僕にはわからない感性で極端に残してある襟足は
僕なりの美しさを表現するなら切るしかありません

そして毛先のパサつき具合も気にされていましたので
どうにかする方法をお伝えすると
コレもパサついてるとこ切るってのと

どー考えたって
ハイライトをやめることです

 

これまで書いてきたように
ハイライトってのはお洒落かもしれませんが
ダメージ伴うし、パサつく原因になるわけです

そして
頼りのトリートメントも
痛みが治るわけではないのですから
ハイライトを入れ続けてる限り
パサつき地獄からはのがれられません。。。

 

髪の毛の問題の原因と解決策

これがズレてる人ってすごく多いのですが
ズレていては当然解決はされません

頭痛がしてるのに頭に絆創膏はっても仕方ないわけで
バファリンを飲むべきなのです 笑

 

ハイライトでパサパサなのであれば
ハイライトをやめることが解決策です

 

 

仕上がり

 

 

 

ハイライトはしばらくやめてもらうことに
今回はシンプルなワンカラー

カットもよくわかんなかった襟足と
パサパサ部分切らせていただきました

 

ウケる要素のない
普通のショートになりましたが

そもそもですが
ハイライトとか奇抜なスタイルは(今回の方はやりたくてやってたわけじゃないけど)
髪質が恵まれている方やモデル並に超絶オシャレで
毎日のスタイリングに命かけられる人じゃなければやってはいけません

頭に突飛なことをすると
当然デメリットも生まれますから
(ダメージや扱いにくさ)
一般人は(9割以上の方は)大体ストレスに感じます。。。

 

ということで、簡単にまとめると

 

・〇〇カットなどの特殊なカットは意味ないです
(切る人次第だけど、むしろ変になる確率の方が高い)

・ハイライトを入れると髪の毛終わります
(人によりますが、大体の方が終わる)

・トリートメントしても根本的な解決はありません
(根本的解決をするように作られてないので)

ということです

 

 


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です