【不変の事実?!】なるべく低ダメージで縮毛矯正をかけもらう唯一の方法

こんにちは!
相模原、座間エリア
くせ毛美容師 イシカワです!!

 

 

我々クセ毛の民にとっては
必要不可欠な縮毛矯正。

 

 

クセを出しまくるスタイルも
なくはないわけでありますが
クセをコンプレックス
感じるのであれば縮毛矯正は
もはやなくてはならない技術でありましょう

 

そんな縮毛矯正なのですが
デメリットの一つに
”ダメージが強い”というのものがあり

下手したらクセ毛が可愛いと思えるほどに
ダメージでチリチリゴワゴワなんてこともも
あり得るわけです

 

 

残念ですけど
ダメージしない縮毛矯正なんてないわけですよ。。。
(あったらいいなとは思うけど)

中には”ダメージレス”みたいなことを
謳っているサロンもありますけど
フツーにウソです 苦笑

 

っていうのは大前提なんですけど
今回はその中でも
なるべく縮毛矯正でダメージしないでかけてもらう方法
というのを授けたいと思います

縮毛矯正かける前の
必読の内容になるでしょう

 

てか偉そうにお前は誰やねん?!と思った方は
まずはプロフィールをご覧ください

 

縮毛矯正の種類

縮毛矯正といっても
かかる理論的なものは同じなのですが
色んな方法(ネーミング)があります

・低温縮毛矯正
・アイロン使わない縮毛矯正
・酸性縮毛矯正
・超音波縮毛矯正

などなど
まだまだお店ごとに
色んなかけ方があるわけで

色々調べて
その○○縮毛矯正を求める方も
多くいると思います

 

実際に僕のところにも

「こんな縮毛矯正を見かけたのですが
どうなんですか?」

「〇〇矯正っていいんですか?」

といったお問い合わせをいただくことがございます

 

しかしですよ

そんな縮毛矯正のかけ方なんてのは
実はクソほどどーでもいい

というのが僕の主張 苦笑

 

どーゆことかというと
かけ方なんかより大事なのは
縮毛矯正をかける「人」ですよ

ということなのです

 

例えば、最近話題の酸性縮毛矯正
どんなにすばらしい技術であっても
結局は使い手次第。。。

包丁もアホが使えば凶器になるように
知識も経験もない美容師が使えば
普通の縮毛矯正をするより
かえって危険だったりもします。。。

 

 

アイロンを使わない縮毛矯正も
アイロンの代わりにだいたいブローして
伸ばしていくものになるのですが

これもやはり知識や経験が未熟だと
クセを伸ばすために薬剤の反応を
必要以上に強めてしまったり

ブローで無理やりクセを伸ばそうとしたりで
かえって強ダメージになるわけです

 

てか「これでやっとけば大丈夫」
みたいなかけ方はないし
「圧倒的に低ダメージ」な矯正のかけ方が
あったらどこの美容室でもやってますって 苦笑

 

ということは
なるべく低ダメージで縮毛矯正を
かけたいのであれば

縮毛矯正の種類や技法で選ぶのではなく
”信頼できる美容師を探す”

これしかないわけですよ

 

その信頼できる美容師さんが
結果的に酸性縮毛矯正や
アイロンを使わない矯正を
選択することもあるとは思いますが

”○○縮毛矯正”をいう技術や薬剤を
求めていくと大抵いい結果にならないです 苦笑

 

ということで
低ダメージに縮毛矯正をかけたければ

信頼できる「人」を探してください

 

それがめんどくさければ
都内のカット1万円以上
縮毛矯正3万円以上する
カリスマ美容師にやってもらってください

 

ちなみに
3万円だから低ダメージってわけではないですよ?

人気のあるカリスマ美容師っていう信頼感により
低ダメージに感じるだけです w

 

でもこれって嫌味でも何でもなくて
例えば、切ってもらった髪型や
やってもらった縮毛矯正のクオリティ

もし仕上がりが同じだとしても
やってもらったその後に

その人がすごいカリスマだったと知ったらなんか
仕上がり良く見えてくると思いませんか?w

人間ってそーゆーもんです

 

【9割が間違ってる?!】縮毛矯正の種類の正しい選び方

【皆が知らない】美容室で似合う髪型や満足が手に入るとっておきの秘訣を伝授

縮毛矯正で失敗して地獄をみないための【矯正をかけるべきサロンの3つの特徴】


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US
イシカワ マサキ
イシカワ マサキ
神奈川県小田急相模原駅エリアで活動中の「クセ毛美容師」 クセ毛に23年間悩み、葛藤した末に得た”目からウロコ”の解決策や 髪の毛の悩みやストレスから解放され、人生をたのしむために必須の 【美容師が教えたがらない】本当の知識を常時発信。