縮毛矯正でチリチリ頭になりたくない方は必見『チリチリ頭回避策』

こんにちは!
相模原、座間エリア
くせ毛美容師 イシカワです!!

 

 

縮毛矯正は
クセ毛による日々のストレスから解放させてくれる
ちょーありがたい技術なのですが
一歩間違えると、むしろストレスを爆増させてくれる
ちょー迷惑な技術にもなり得る
危険なメニューでもあるのです。。。

 

例えば『縮毛矯正 チリチリ』
なんてワードで画像検索してみると
そこはもう地獄絵図。。。

この世のものとは思えない頭が
軒を連ねているのです 苦笑

 

ということで今回は
縮毛矯正でチリチリ頭にならないための秘訣
伝授したいと思います

 

縮毛矯正でチリチリ頭になりたくない方は必見『チリチリ頭回避策』

 

 

こちらの方は最近
神奈川県に引っ越されたようで
縮毛矯正をかける美容室をネットで探していたところ

このブログにたどり着き
近場にも美容室なんて腐るほどあるだろうに
電車を乗り継ぎはるばるご来店いただきました

話をうかがうと、以前に縮毛矯正で
チリッチリになり地獄を見たとのこと
(そりゃ美容室選びも慎重になるよな。。。)

特に前髪のチリチリがやばく
当然切ることを余儀なくされたようで
クレラップのような前髪になるはめに。。。

 

 

クレラップになりたくて切るなら
オシャレで可愛い前髪かと思うので別にいいのですが
やりたくもないクレラップは地獄でしかないでしょう

 

例えるなら、メンズのホットパンツ

 

 

こんなのは一部の人にとっては
オシャレになれるアイテムかもしれませんが
多くの方にとってはギャグに近い

僕もホットパンツ履けと言われたら地獄です 苦笑

ってのはどーでもいいのですが
とにかく縮毛矯正の失敗はマジで地獄です

 

正直、縮毛矯正ってヘアスタイルが限られたり
多少不自然な雰囲気が出てしまったり
その特性上、仕方のないこともありますが

チリチリは仕方なくありません 苦笑

なぜならほぼ99%美容師のただの失敗であり
回避することができるからです

 

矯正で髪の毛がチリチリになる理由と回避策

 

ではなぜチリチリになるのか?
ってことなのですが

これは単純な話で
ダメージが強い髪の毛に無理やりかけるからです

髪の毛が薬剤や熱に耐えられなくて崩壊してしまうわけ

 

実は先日も、縮毛矯正ではないのですが
「パーマかけたらチリチリになってしまったのですが
直せますか?」といった
お問い合わせをいただいたばかり。。。

そして、それもダメージが強い状態に
無理やりかけちゃってるからで
美容師の判断ミスなわけです

もしくは、リスクをしっかり説明されたにも関わらず
かけてくれと無理にたのんだのであれば
その人のせいかもだけど。。。
(99%は美容師の判断ミスで、残りの1%はそーいったこと)

 

そしてそのお問い合わせの方に伝えたのは

切る以外に直せません

という、これまた地獄の返答。。。

 

心苦しいし、どうにかしてさしあげたいのですが
それが現実であり
受け入れていただくしかありません

無理に直そうと薬剤つけようもんなら
チリチリが可愛く思えるほどに
下の毛と判別不可能な状態となりますし
(下品な例えしか思いつかないほどひどい状態になるという事をご理解ください w)

万が一、うまくいったとしても
やはりダメージ毛にさらにダメージさせる行為を
するわけですから
仕上がりは間違いなく満足いくものにはなりません

 

なので、そんなことになっちゃう前に
無謀なことをする美容師には
気をつけましょうってことをお伝えしたい

そのためには美容室、美容師選びは
慎重にしなければないのですが
そーいったことは変な頭になってからではないと
気が付かない。。。
というのが歯がゆいところ

そして
普段からあまり痛まないようにケアをしておき
そもそもダメージの強い髪の毛を作らない
ってことも大事ですね

とはいえこれも
髪の毛のダメージなどの悩みがなければ
そもそもGoogleで
髪の毛に関する悩みの検索なんてしないでしょうから
この記事見てる人はだいたいダメージ毛っていう
これまた歯がゆい話。。。 苦笑

 

 

 

このブログの著者である僕は
根っからのビビリであり
無謀なことは一切いたしませんからご安心ください

負けたくはないので
勝つと確信してから勝負するタイプ w

 

乾かしただけですが
クセも伸びてキレイになったかと

今回はリタッチなので、アホでないかぎり
チリチリにすることはないかと思いますが
なるべく低ダメージに。ってのは意識したいところ

リタッチとはいえ、その毛もいつかは
毛先になるわけですから
縮毛矯正は数年先のことも踏まえて
やる必要がありますからね

その日の仕上がりのみを考える美容師も
多くいますからお気をつけください

 

まとめ

ということで要点をまとめると
長々書いてはきましたが

縮毛矯正でチリチリになりたくなければ
美容師選びはまじで慎重に行いましょう
そして髪の毛はなるべく痛ませずに
良いコンディションに整えておきましょう

という当たり前のことです 苦笑

 

残念ながら、どんな髪でも
チリチリにならない魔法の方法とかないです

 

縮毛矯正で失敗して地獄をみないための【矯正をかけるべきサロンの3つの特徴】


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です