縮毛矯正かけて後悔、絶望する理由とキレイな矯正スタイルを維持する方法?!

こんにちは!
相模原、座間エリア
くせ毛美容師 イシカワです!!

 

 

昨今の縮毛矯正事情ですが

以前に比べたら
いかにもかけました感や
頭に張り付くほどぺったりしてしまったりの
カッパのようなスタイルに
涙を呑む方も少なくなってきているのではないのでしょうか

 

薬剤の進化やそれぞれの美容師の工夫によって
このような縮毛矯正してないみたいな縮毛矯正
可能な時代なわけです

 

 

 

しかしながら今回お伝えしたいのは

 

その自然な縮毛矯正スタイルを短く切るときは
だいたい絶望します 

ということです 苦笑

 

 

 

矯正かけてる方を
短く切ったらこうなりました

毛先がツンツンのカッパスタイルであり
切った僕が言うのもなんですが、まじでイケてません 苦笑

絶望スタイル以外のなにものでもなく
僕自身がこれになったら泣いちゃいます
僕が切ったんだけど。。。苦笑

 

ぐらい変な頭なわけですが

言い訳するわけではないのですが
縮毛矯正した髪の毛を短く切ったら
間違いなくこうなるわけです。。。例外はありません

 

・短く切っても毛先が丸くなる縮毛矯正
・短く切ってもピンピンしないカット

 

これらは

・いくら食べても太らない天ぷら
・いくら食べても、むしろ食べるほどに体にいいカップラーメン

って言ってるのと同じで
そんなものあるわけがないのです

 

 

ではどうしたらいいの?
てかそれがわかっててなんで短く切ったの?

って話になると思うのですが

解決策は2つしかないし
当然それを行う前提で短く切らせていただいたわけですね

 

で、解決策は”毛先のパーマか
もう1度、毛先まで縮毛矯正”です

 

 

毛先に自然な丸みがつくように
縮毛矯正させていただきました

 

毛先の丸みが付くだけで
絶望スタイルから美しいショートボブになるわけですね

 

で、とりあえずこれで
カッパスタイルから逃れられたわけですが

 

これが出来る条件に”あまり痛んでない”ってのがあります

 

あまりに髪の毛が痛んでいると
毛先の丸みどころかただのチリチリになり

絶望スタイルが
大絶叫スタイルになるだけです 苦笑

 

 

ということで

縮毛矯正している人はぜひ
普段からなるべく痛ませないように心がけましょうね

一気に短く切るわけじゃない場合でも
毛先をちょこちょこ切っていれば、いつかはツンツンになるときがきますから。。。

 

縮毛矯正自体がそもそもダメージ強い施術ですから
なおさらそーいった意識が必要です

明るめのカラーやハイライトとか
まじで自殺行為ですよ。。。

 

縮毛矯正をかけつつキレイな髪の毛を保つための『鬼の鉄則』とは?!【重要記事】

縮毛矯正かけるなら【明るめのカラーは禁止】な理由!変な頭にならないための基礎知識


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です