縮毛矯正をかけつつキレイな髪の毛を保つための『鬼の鉄則』とは?!【重要記事】

こんにちは!
小田急相模原駅 徒歩2分
座間市の美容室
LUCK(ラック)相模原
くせ毛パーマ美容師 イシカワです!!

 

 

あなたは
縮毛矯正をかけつつキレイな髪の毛を保つための
「鬼の鉄則」というのをご存じでしょうか?

もしご存じでないなら
今日の記事はプリントアウトして
トイレや職場のロッカーにでも貼っておいてください

そのくらいの重要度になります

 

もしあなたがご存じの方でも
再度復習しておいてください

変な頭にならないための基礎知識になります

 

基礎ってのは基本中の基本

バッティングの基本は下半身の強さです(知らないけど 笑)

下半身がゆるゆるでは
ホームランを量産することなんて不可能なように

髪の毛の基本を知らないで
美しい髪の毛なんて作れるわけがないのです

 

また
バッティングの素振りを繰り返すことにより
体に染み込むのと同じで

知識というのも何度も復習することにより
身になるわけです

ということで
縮毛矯正かけつつキレイな髪の毛を保つため
縮毛矯正かけて後悔しないため
美しくなるために

ぜひ学んでください

 

縮毛矯正かけつつキレイな髪の毛を保つための鬼の鉄則!

 

・ホームカラー禁止
・あまり明るいカラーは禁止
・ハイライト禁止
・頻度の高いカラーは禁止
(月1で毎回毛先まで染めるとか)
・普段の生活で髪の毛の痛みが出る行為は禁止
(夜乾かさないで寝るとか 乱暴にとかすとか)
・物理的にむちゃなカットのオーダー禁止
(量が多いのでできるだけすいてくださいとか)

この鉄則が守れない方は
縮毛矯正でキレイなヘアスタイルを保つことは不可能です

守れないで変な頭になっても
美容師にせいにしないでください 苦笑
そう言いたいくらい守らなければならない鉄則です

嫌なら縮毛矯正なんてするものではないのです

 

確かに縮毛矯正はクセ毛にとっては
かかせないメニューだし
クセ毛のストレスから解放されるわけですから
生活や人生を豊かにしてくれることのできる技術だと思ってます

 

しかしながら

縮毛矯正して後悔。。。

そんな方も少なくないわけで
それはこの鉄則の本質を理解していなかったから
と言っても過言ではないのです

 

それでは
1つずつ見ていきましょう

 

1つずつと言いつつ

・ホームカラー禁止
・あまり明るいカラーは禁止
・ハイライト禁止
・頻度の高いカラーは禁止
(月1で毎回毛先まで染めるとか)
・普段の生活で髪の毛の痛みが出る行為は禁止
(夜乾かさないで寝るとか 乱暴にとかすとか 毎日アイロンとか)

 

鉄則の6つのうち5つ。。。

もはやほとんどなのですが
これってようは
なるべく痛ませるなってことです 苦笑

 

しかしこれらのダメージの原因をナメていると
キレイな状態もキープできないし後悔すること間違いなしです

 

というのも縮毛矯正でキレイな状態を
キープするためには
当然縮毛矯正をかけ続けていかなければならないのですが
根元はいいんですよね

根元である伸びてきたクセ毛部分は
ダメージが少ない状態なことがほとんどなので
極端にクセが強いなどの例外でなければ
キレイにストレートに出来ると思うのです

 

問題なのは毛先部分

縮毛矯正ってご存じかと思いますが
下手にやると毛先がツンツンの不自然な感じになり
見た目もイケてないし美しくないし扱いにくいです

なので毛先は自然になるように
ゆるくかけたり
かけなかったりと工夫をしてくれる美容師さんが
ほとんどかと思います

 

 

 

例えばコチラの方も
毛先はかけずに縮毛矯正したので
とても自然に見えると思います

しかし髪の毛は伸びるものだし
ずっと切らないわけにもいかないし
短く切りたくなる時もあるかもしれない。。。

 

すると縮毛矯正をかけなかった毛先部分が
いつかはなくなり
普通に縮毛矯正をかけた部分が毛先になるので

すると結局毛先がツンツンの
イケてない感じになるわけです

 

 

これって誰がやってもこうなります

最初から全体をゆるくかけておく方法もありますが
そうするとクセの伸びがいまいちになるので
それでは悩みが解決できない場合も多いので
髪質を選ぶかけ方なので今回は省きます

 

そして毛先ツンツンになったら
カットではどうしようもないです。。。

 

縮毛矯正で毛先が不自然な髪をカットで治せるのか?!

 

カットでどうしようもないということは
ツンツンの毛先部分に
パーマか自然になるように縮毛矯正を曲げるように
かける必要があるのですが

 

痛んでいるとそれができない

というわけです

 

「鬼の鉄則」の6つのうち5つが
なるべくダメージさせないための鉄則であるゆえんです

 

6つ目の
物理的にむちゃなカットのオーダー禁止

これは色々あるのですが
無理なもんは無理なのでご理解くださいってことです 苦笑

例えば美しく縮毛矯正をかけるためには
あまりスカスカにすけないわけです
(理由は他記事で)

それを理解していただけなのであれば
縮毛矯正をかけつつキレイな髪の毛を保つこともできないし
変な頭になります ということです

 

 

 

 

縮毛矯正かけてるお客様ですが
ショートにしたいということ

で 普通にカットだけでは
前記したとおりに毛先がツンツンのイケてない感じ
になるわけですが(やってみればわかるし 実際なってた 笑)

「鬼の鉄則」を守っていただけていれば
この通り

 

 

なんとも自然なショートヘアーではありませんか。。。

痛みが少ないので
曲げるように矯正できるわけです

これって極端に髪の毛が痛みやすく
1度の矯正でも髪の余力がなくなってしまうような髪質の方でなければ
大体の方が可能です

 

もし万が一 鉄則を守れずに
痛みが強い状態になってしまった。。

でも毛先がツンツンの不自然な感じをどうにかしたいってことで
パーマや縮毛矯正をすると
どうなるかということなのですが

 

ツンツンがチリチリになるだけです 苦笑

そんな時は
ご自身でアイロンやコテなどで
いい感じにスタイリングすることをおすすめします

てかそれしかないです。。。

 

 

さて もう3月
新生活も間近にせまってきているわけですし
暖かくなってきたしなんか雰囲気変えたいな。。。
そう思うのも無理もありませんが

そんなときの美容師からの
春っぽく明るいカラーにしましょう
心機一転 雰囲気を変えるためにハイライトをいれましょう

などの
提案に目をくらませている場合ではありません 苦笑

 

縮毛矯正をかけてキレイな状態を保ちたい
美しくいたい

そんな方は
「鬼の鉄則」をお守りください

 

※髪質にもよるので絶対に守らなければならない
ってわけではありませんが
変な頭になるリスクは限りなく増えていきます
そしてそうなっても知りません。。。 苦笑

 


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です