縮毛矯正はノーアイロン?酸性?どれがいいい?【かけるべきサロンのたった1つのポイント】

こんにちは!
相模原、座間エリア
くせ毛美容師 イシカワです!!

 

 

先日このブログを読んでくださった方に
こんなご質問を頂きました。

近所にノーアイロンの縮毛矯正を
しているところがあるのですが
痛まないと謳ってはなかったけれど
自然な仕上がりということでそれを検討中

しかし、髪質的には
量が多く太く硬い。うねりがあるとのことで
普通のアイロン使った矯正のほうが良いですか?

簡単に言うと
こんな感じのご質問でした

おそらくご質問者さまは
こちらの記事を読んでいただいたのかと

【アイロンなしの縮毛矯正はクソ?!】矯正のかけ方は髪質次第って話

 

アイロンを使わない縮毛矯正(ノーアイロン)は
”クソ”と罵っている記事 w

ではなく、髪質や髪の状況にあった
縮毛矯正のかけ方を考えましょうね
という話でございます

 

縮毛矯正のかけ方に正解なんてのはなく
大事なのはかけ方よりも結果なわけですからね

その結果が出るベストな手法を
選択するのがプロでしょう
というのが僕の考え

 

なので、アイロン使うとか使わないってのは
お客様にとっては
実はどーでもいいことなのかと。。。

 

とはいえ個人的にはノーアイロンの縮毛矯正は
あまりメリットを感じないので
ほとんどやることはございません 苦笑

なぜなら
”痛みが少なく自然な仕上がり”

これがノーアイロンの
最大のメリットかと思われますが
アイロン使ってもこれは可能だからです 苦笑

 

矯正による痛み具合なんてのは
薬剤選定やその量。熱の温度や入れ方
クセを伸ばす際のテンション(髪を引っ張る力)
により決まるわけで

アイロンを使うか使わないか?
で、きまることではありません

 

ノーアイロンであろうと、薬剤強くして
ブローの際にしっかりテンションかけて
ドライヤーも近くであてれば
フツーに100℃とかこえるし
下手したら140℃とかいきます

なので、痛ませることは十分可能なのです 苦笑

 

ノーアイロン推奨派の美容室は
アイロン使用することのデメリットを
いろいろ言ってくるわけですが

アイロンを使おうが
薬剤を弱めることは可能だし
アイロンの温度も低く調節できるし
スルーするときのテンション
プレス圧や速度でも
痛み具合は変わってくるわけですよ

ですから「ノーアイロンだから低ダメージ」
とか言っちゃうのは
「ブラジル人はみんなサッカー上手い」
って言ってるのと同じで
イヤイヤ人によるでしょって話です 苦笑

 

もちろんノーアイロンの矯正を
否定しているわけではなくて
(ちょー上手くて結果出す人もいるので)

むしろアイロン使った矯正だって
やり方次第ではやっぱり超ダメージするし
仕上がりも毛先パツパツの
変な頭になることもありえます

 

だから何が言いたいかというと

縮毛矯正の種類や手法で
美容室を選ぶのってナンセンスだと思うのです

(ノーアイロンだから行こうとか
酸性ストレートだから行こうとか)

結局のところ大事なのは
かけ方や種類ではなくてかける人なのですよ

なので、なにで美容室を選べば良いかといったら
当然『人』

 

ご質問者様には、普通のアイロン使った矯正を
おすすめさせていただいだけですが
(写真もいただいて
アイロン使った方がキレイになりそうだったから)
それは僕がそう思っただけ
かけ方に正解なんてないわけ

 

縮毛矯正で満足したかったら
信頼できる美容師を見つけて
その人に縮毛矯正の手法などは
任せるのが間違いないと思うのです

 

美容室も商売ですから
なんだかんだ自店の技術を注目してもらい
やってもらうのが目的ですから
少し誇大な表現になってしまうものが
多いのが事実であり(詐欺に近い表現も少なくないけど 苦笑)
規制は難しいところでしょう

 

なのであまり
お店の宣伝している技術を求めていくと
なんか違うってなりがちです

ぜひ美容室はお店ではなくて
美容師で選ぶようにしてください

特に縮毛矯正なんかは
人によって仕上がりが大きく違いますからね

 

【9割が間違ってる?!】縮毛矯正の種類の正しい選び方

【人生終わる?!】縮毛矯正をかける美容室のやってはいけない探し方!

縮毛矯正で失敗して地獄をみないための【矯正をかけるべきサロンの3つの特徴】


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。