【残念なお知らせ】ロングのゆるふわパーマは難しい理由

こんにちは!
相模原、座間エリア
くせ毛美容師 イシカワです!!

 

 

さて今日の記事は
ロングのパーマで後悔、失敗したくない方
必見の内容になっております

パーマしてチリチリゴワゴワとかの
わかりやすい失敗もそりゃ辛いでしょうけども

”思ってたのと違う”

そんな失敗もあるかと思いますからね
そうならないためにも
今回の記事は読むことをお勧めします

 

【残念なお知らせ】ロングのゆるふわパーマは難しい理由

ということで結論から
お伝えしたいと思うのですが
(てかタイトルでネタバレしてるけど 苦笑)

多くの方が求める
『ロングのゆるふわパーマ』

 

こんなもんは基本的に
フィクションのような髪型ですから
あきらてください

あきらめれば失敗することもないのですから
これほど再現性のある解決策が
他にあるでしょうか? w

 

お客様のご希望のヘアスタイルを
提供するべき立場である人間にも関わらず
「諦めろ」というなんともひどい発言

しかし、その希望を叶えるために諦めろ
と僕はお伝えしたいわけで
もちろんただ意地悪を
言っているわけではございません

 

というのも
ネット検索やSNS検索で
「ロング ゆるふわパーマ」

みたいなワードで調べてみると
上の画像みたいなヘアスタイルを含め
魅力的なゆるふわヘアスタイルに
溢れているわけですが

まずその9割以上はパーマではない
ということは、すでに多くの方が
知っていることでしょう
(パーマって書いてあっても。。。詐欺やん 苦笑)

 

もちろん、パーマをかけてるものが
まるでないわけではありませんが
たくさんあるゆるふわヘアスタイルの中で
目に止まるのは
だいたいコテで巻いてるものです 苦笑

 

なぜならコテで巻いてるスタイルの方が
ヘアスタイルとしてのクオリティが高いし
何より映えるわけです w

そして映えるから目に止まって
それをやりたいと美容師に見せるわけですが
それはパーマでできたものではありませんから
だいたい不可能。ってことになるわけです

 

不可能なところに無理にかけても
当然、希望とはまるで違った髪型なるわけですから
後悔することをお約束します 苦笑

 

ではなぜロングはパーマでゆるふわパーマが
難しいかという話なのですが
それは髪が長いからです 苦笑

 

髪の毛は長いほど
重力の影響を受けること(重くなること)は
イメージできるかと思います

するといくら美しくパーマがかかっていたとしても
重たさでそのカールが引っ張られるわけですよ

コレは物理なので
どーにかしてって言われても
どーにもできません。。。

どーにかできる世界なのであれば
僕も10メートルくらいジャンプできると思います w

 

しかも”ゆるふわ”ですから
そもそものカールがゆるいわけで
そしたらちょっと重力に引っ張られるだけでも
カールは消えてなくなります 苦笑
(クセ毛が長いと広がり落ち着くのも同じ理由)

 

「ではカールを細くかければいいのでは?」

と、考える方が多いと思うのですが
パーマってそんな単純なものではなくて
細かいカールが重力に引っ張られたら
ゆるふわになるわけではないのです。。。

細かければ
そもそものカールの形状が変わるわけですから

 

ケーススタディ

 

 

こちらの方は例のごとく
ゆるふわパーマをご希望なわけですが
やはり、なかなかに難しい。。。

髪の毛にハリもコシもあり
過度なダメージもしていませんから
パーマに向いている髪質の方かと思うのですが

頑張ってもこの程度。。。

 

仕上がり

 

 

ゆるふわはしていますが
このように基本毛先中心の動きになるわけです

インスタによくあるような
頭の上の方から動くゆるふわパーマをかけても
結局、重力に引っ張られて
上の方の動きは消えますからね。。。

逆に言えば、今回の方のような
毛先中心の動きで良ければパーマがオススメ

1度毛先濡らして
なんかつけて自然乾燥ですからちょー楽です

 

ということで
ロングのパーマで映えちゃうような
ゆるふわは諦めてください

しかしそのヘアスタイルを諦めろと
言いたいわけではなく
パーマでのそのヘアスタイルを諦めろ
ということで
ヘアスタイル自体は諦める必要はないわけです

巻けばいいだけだから

 

 


ご予約について

予約をご希望の方はコチラをご覧ください。予約方法の詳細となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。