【髪の毛終わります】パーマや縮毛矯正で満足したいならハイライトはいれるな!?

こんにちは!
相模原、座間エリア
くせ毛美容師 イシカワです!!

 

 

流行だかお洒落だか知りませんが
昨今の美容室では
ハイライトを使ったデザインカラーのオーダーが
後を絶ちません

その流行を作ったのは美容業界だし
デザインカラーを売りにしてる美容室も
多いのでそりゃそうなのですが

後先考えない
ハイライトに僕は憤慨しております 苦笑

 

ハイライトってのは
こんな感じ

 

ところどころブリーチ(脱色)
して明るい部分を作って
ヘアスタイルに立体感を与えてくれる技術なのですが

言ってしまえば色ムラです 苦笑

さらに言うとダメージのムラです

 

それのなにが悪いのか
っていう話なのですが

結論から言うと
パーマがキレイにかからない
縮毛矯正もできない場合がある
ってことです

 

「ところどころ脱色=ところどころめっちゃ痛んでる」

そんな髪の毛の状態に
パーマも縮毛矯正も危険なわけなのですが
それを理解せずに
ハイライトをいれちゃう人が後を絶たないわけです。。。

 

 

別にハイライト入れてもいいと思うし
むしろ入れることで満足が手に入るなら
入れるべきでしょうから
僕だって頼まれればやるのですが

パーマ、縮毛矯正をしたい
もしくはパーマや縮毛矯正が必要な髪質
またはきれいに伸ばしたい

なんて方はもはや禁止です

 

「ダメージレスなカラーだから大丈夫」
「ケアブリーチを使うから大丈夫」

そんな美容師の
言葉に騙されてはいけません w

 

痛まないカラー剤も
痛まない染め方もありませんし

美容師がすすめてくるトリートメントをすれば
一定期間手触り良くなりますけど
痛んだ髪の毛が復活することは
切らない限り、あり得ないですからね? 苦笑

 

 

もちろん中には
ハイライトいれているのに
痛みそうなことたくさんしてるのに

それでもキレイな髪の毛を
キープできる方もいるのが事実ですが

身も蓋もないけど
それはそういう髪質なのです 苦笑

”痛みにくい髪質”

 

残酷な髪質格差

例えば、先日の初めてのお客様ですが
いつもホームカラーをしているわ
ハイライトの履歴もあるわで

髪のうかがった履歴と目視した感じ
キレイにかからなそうだったので
いったんパーマはお断りしたのですが

カットのために1度髪の毛を
濡らしてみるとどうでしょう。。。

 

本来ホームカラーやハイライトで
痛んだ髪の毛ってのは
濡らしてみるとハリやコシがなく「ふにゃ~」
ってしちゃうのですが

なんということか。。。
ハリもコシもしっかりあり、ダメージをあまり感じない

 

ってことで
パーマしてみました

 

 

 

デジタルパーマですが
めっちゃキレイにかかってしまいました 苦笑

これはひとえに
お客様の髪質のおかげでしょう

僕の技術以前に
ダメージを受けにくい髪質だからできるわけでね

 

普通の人はハイライトいれたら
ダメージが強くなるしムラができますから

こんなに美しいパーマは不可能です

 

運動もしないし
食生活もめちゃくちゃなのに
痩せてる人っていますけど
それはそういう体質だからで

普通の人は
そんなことしてたら
ブヨブヨになるわけです

それと同じ

 

ほとんどの方はハイライトをいれたら
縮毛矯正、パーマは無理だと思ってください

残酷だけど真実です 苦笑

 

もちろんお客様のように
キレイにいっちゃう場合もございますから
そんな時は全力で美しいパーマを目指します

そして髪質的に難しそうな場合は
はっきり「無理!」ともお伝えさせていただきます

バサバサゴワゴワの
変な頭にはなりたくないでしょうから

 

【ハイライトは不幸の始まり】縮毛矯正が必要ならハイライトは入れてはいけない理由

【危険喚起】ハイライトを入れた髪にパーマするとヤバイ?!

【絶望確定】ハイライトは髪質いい人以外入れてはいけない理由!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です